2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
国際  投稿日:2015/12/27

[渋谷真紀子]【ミュージカルで移民問題に警鐘】~“アリージェンス”俳優ジョージ・タケイの想い~

151227shibuyatop01
Pocket

渋谷真紀子(ボストン大学院・演劇教育専攻)

執筆記事プロフィール

約一か月前のパリ同時多発テロ事件以来、世界の大都市同様、ニューヨークの繁華街ではテロ対策への厳戒態勢が続いています。そんな中、12月7日に米大統領選共和党候補者のドナルド・J・トランプ氏が、何が起こっているのかをわが国の指導者らが把握できるまで、イスラム教徒の入国を全面的かつ完全に禁止することを呼び掛けると発言しその後も話題になりました。

奇しくも日系人収容のきっかけとなった真珠湾攻撃の日に行われたこの発言に対し、日系人スターのジョージ・タケイさんは、自らの日系人収容所経験を題材に創られたブロードウェイミュージカル「Allegiance(アリージェンス:忠誠)」で、正しいアメリカの移民の歴史を知るようニュース番組や自身のFacebookページ(動画再生回数900万回以上)で観劇に招待し、劇場には彼の招待席へのカウントダウンの紙が貼られています。

Washington Postは、今こそ観るべきミュージカルだと取りあげ、日本でも、先日NHKのニュース7にて、彼がこの作品に込めた想いや今このミュージカルがアメリカにとって重要な理由について報道されました。私は唯一の日本人のクリエイティブチーム員(全米演出家組合より派遣)として、演出部にて制作過程に携わりました。

151227shibuya01

151227shibuya02

このミュージカルは、ジョージ・タケイさんが長年行ってきた人権運動の延長線上にあります。ブロードウェイという影響力のあるメディアだからこそ、全く日系人と接点がなかった人達にもこの語られてこなかったアメリカの歴史を認識してもらえる影響力があります。始まりは7年前に、ミュージカル“In the Heights”(ヒスパニック系移民の話)観劇後に、本作品の作詞・作曲・脚本家の中国系アメリカ人ジェイ・クオさんと脚本家・プロデューサーのイタリア系アメリカ人ロレンツォ・ティオーネさんに、移民の苦境として自身の収容所経験を話したところから。これまで様々なキャラクター設定やストーリー展開の改変を繰り返し、今の形に辿りついています。

アメリカではマイノリティの日系人の葛藤の史実をマス向けに伝える為の工夫の一つとして、「家族」という普遍的なテーマを軸にしています。「日系人収容」という事象に対して、米国政府に対して異なる立場を取った為に引き裂かれた家族を中心に、6人のメインキャラクターがいます。主人公はアメリカ人として戦った第442連隊戦闘団の英雄です。忠誠登録によって、アメリカ政府に忠誠を誓わずより条件の悪いトゥーリーレイク収容所監獄に送られた父(ノー・ノーボーイズ)、日系人の自由確保を求めて徴兵拒否をして政府と戦った姉のフィアンセ、家族や全てを奪われ政府に抵抗する姉と引き裂かれた家族、そして日系アメリカ人市民同盟代表としてワシントンD.C.に赴任した実在人物マイク正岡を描くことによって多角的に史実を表現しています。

「アメリカに忠誠を誓うか?」「日系人の自由の為にアメリカ政府と戦うか?」「アメリカ政府の日系人への対応に抵抗し、日本への忠誠を表明するか?」「政府に奪われていく家族の勇姿を発信するリスクを取るか?」「アメリカへの忠誠を証明するため、日系アメリカ兵を積極的に送り出すか?」スタンスが異なる為に家族が離れ離れになり、戦後50年の月日を経て辛い記憶を修復するという展開です。観客は多角的に日系人収容の歴史を疑似体験することができるのです。これが、わかりにくい・中途半端とならないよう、「家族への忠誠」というテーマに常に帰るようにしました。

また、史実の正確性とエンターテイメント性のバランスをとるもの、ジョージ・タケイさんの実体験とこの作品を繋ぐ工夫として、演出家スタフォード・アリマさんは「記憶」という表現方法を使いました。子供だったジョージ・タケイさんの記憶を訪ねるというストーリー展開で、事実の描写よりも彼の感情的な記憶の描写としてドラマタイズしている部分もあります。代表的な出来事をフィクションとして繋いでいるので、史実の正確性に欠けているという指摘もありました。ただ、それは史実から伝えたいエッセンスを抽出し、それを伝える為にキャラクター設定やストーリー展開を練り込んだためです。

ロスアンゼルスにあるJapanese American National Museum(日系人博物館)に展示されている歴史文書の引用や収容所暮らしの写真のイメージが綺麗に2時間のミュージカルに凝縮されていると言って下さる方もいました。また、ジョージ・タケイさんの強い記憶も作品の心として埋め込まれています。作品を通してキーワードとなる「GAMAN」は、日本人が思う我慢とは少しニュアンスが異なり、代表曲の一つとしても歌われる為、日本人として違和感を指摘したこともありました。お話したところ、ジョージさんがご両親から教わった記憶では、プライドを持って耐え抜こうというポジティブな意味がありました。「GAMAN」という言葉はジョージさんが幼少期からおまじないのように使ってきた苦境を乗り越える合言葉ということもあり、この作品のテーマになっています。

もう一つ大きな特徴として、明確な敵役が存在しません。日系人の葛藤が主軸となり、声明発表や文書等で表現される「政府」によって日系人は翻弄されていきますが、特定の人物を敵として描くことはしていません。これは、観客の多くが非日系のアメリカ人であり、その人達を見せしめにする為に上演したいのではなく、あくまで日系人の苦労と希望への強さを描きたいからです。終戦を表す日本への原爆投下のシーンも複雑な心境の日系人の想いが抽象的に描かれ、その直後の戦争勝利のVictory Swingという曲も、政府に雇われた勝利ダンスを踊る白人パフォーマーと25ドルしか渡されず解放された日系人の対比を描いています。

151227shibuya03
151227shibuya04

いま再び、アメリカ政府が自国民に対して同じ過ちを犯すリスクがあることに、ジョージさんは警鐘を鳴らしています。イスラム教徒への無神経な発言後もドナルド・J・トランプ共和党候補者のトップに居座ることができるアメリカ。より多くのアメリカ国民が過去の歴史から学ぶべきでしょう。将来の移民受け入れ問題を議論している日本人にとっても同様です。

ニューヨークタイムズは歴史の授業を受けたようだったと批評しましたが、クリエイティブチームが目指した、「観劇後に深い理解と新しい視点を持ってもらいたい」という理念は、間違いなく評価されていると感じます。

151227shibuya05

◆公演公式サイト
http://allegiancemusical.com/
◇Facebookページ
https://www.facebook.com/allegiancemusical/?fref=ts

◇Instagram
https://www.instagram.com/allegiancebway/

◇制作ドキュメンタリービデオシリーズ
https://www.facebook.com/georgehtakei/videos/vl.1229516840407094/1423268057702643/?type=1&theater

◆代表的な忠誠登録の質問
第二十七問:
「あなたは合衆国軍隊に入隊し、命ぜられたいかなる戦闘地にも赴き任務を遂行する意思がありますか
(Loyalty questionnaire: Question #27:Are you willing to serve in the armed forces of the United States on combat duty, wherever orders? YES NO) 」

第二十八問:
「あなたはアメリカ合衆国に対し、無条件の忠誠を誓い、内外のいかな
る武力による攻撃からも合衆国を忠実に守り、日本国天皇、あるいは他の国の政府や権力組織に対し、あらゆる形の忠誠や服従を拒否しますか
(Loyalty questionnaire #28: Will you swear unqualified allegiance to the United States of America and faithfully defend the United States from any and all attack by foreign or domestic forces, and forswear any form of allegiance or obedience to the Japanese Emperor or any other foreign government, power, or organization? YES/NO)」

◆ジョージ・タケイ氏によるドナルド・J・トランプ氏への言及
◇ジョージ・タケイ氏のFBページに掲載されたドナルド・J・トランプ氏への招待動画(再生回数900万回以上)
http://www.people.com/article/george-takei-donald-trump-allegiance-broadway-video

◇MSNBC出演時のインタビュー動画
http://www.huffingtonpost.com/entry/george-takei-donald-trump_566875b4e4b080eddf568a74?ir=Entertainment&ncid=fcbklnkushpmg00000024

 

※トップ画像:“Allegiance” ⓒMatthew Murphy

※文中画像一番上:劇場に確保されているドナルド・J・トランプ氏の招待席
二番目:クリエイティブチーム(脚本・作詞作曲・演出・振付・音楽編曲・音楽監督)のメンバーとプロデューサー
三番目:収容所に到着したシーン “Allegiance” igou ⓒ Matthew Murphy
下から二番目:イタリア・ピサでの戦闘シーン テリー・リアング“Allegiance” ⓒMatthew Murphy
最後:忠誠登録後に孫を慰めるシーン 主人公の姉役レア・サロンガとおじいちゃん役ジョージ・タケイ “Allegiance” ⓒMatthew Murphy

Pocket

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."