.国際  投稿日:2018/5/5

骨肉の師弟対決 見所満載マレーシア総選挙

JB180505otsukatop
Pocket

大塚智彦(Pan Asia News 記者)

「大塚智彦の東南アジア万華鏡」

【まとめ】

・マレーシアの連邦下院選挙が5月9日に投開票。

・野党連合候補はマハティール元首相。ナジブ現首相との師弟対決。

・マハティール氏が勝てば、マレーシア初の政権交代、世界初の92歳の国家指導者就任に。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真の説明と出典のみ記載されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=39837で記事をお読みください。】 

 

マレーシアの連邦下院選挙5月9日に投開票される。下院222議席を巡ってナジブ首相が率いる統一マレー国民組織(UMNOを中軸とする与党連合・国民戦線に対し、野党連合・希望連盟が政権奪取を目指し、激しい選挙戦を現在展開中だ。

JB180505otsuka01

▲写真 ナジブ首相 出典 Malaysian government

 

 野党首相候補はマハティール元首相

このマレーシアの総選挙、いくつかの興味深い側面がある。まずはその顔ぶれだ。野党連合が担ぎだしたのはマハティール元首相。マハティール元首相といえば「日本に見習え」のルック・イースト政策で1981年から2003年まで22年間首相を務めた東南アジア屈指の政治指導者である。

JB180505otsuka02

▲写真 マハティール元首相 出典 Syrenn

政界を引退しながらもご意見番の長老として活躍していたが、現在のナジブ首相の汚職体質を指摘するも効果がなく、2016年にUMNOを離党、「首相、政権を倒す」ために新政党を作って政界復帰をしたのだ。

その敵役のナジブ首相は、かつてマハティール政権で国防相などの重要閣僚を務めたいわば「元身内」であり、今回の総選挙は師弟対決でもあるのだ。

さらに言えば、マハティール元首相を担いだ野党連合の主軸となる人民正義党(PKRの設立者はアンワル・イブラヒム氏である。アンワル氏といえばマハティール政権の副首相兼財務相を務めた有力後継者の一人だった。しかしマハティール元首相を批判したことを契機に同性愛と汚職の容疑に問われて政界を追われ、骨肉の関係になった。「敵の敵は味方」ではないが、政権批判を強めてナジブ政権から敵視されていたアンワル氏とマハティール元首相は20169月、歴史的和解を果たしたのだった。ナジブ政権打倒という共通目的のために。

JB180505otsuka03

▲写真 アンワル・イブラヒム氏 出典 アンワル・イブラヒム氏HP

与党連合のナジブ首相、野党連合のマハティール元首相、アンワル元副首相、さらに野党連合の首相候補にはマハティール元首相が指名され、ペアを組む副首相候補にはアンワル氏の夫人で服役中の同氏を支えてきたワン・アジザさんが指名されるなど、「揃った役者は昔の仲間」といいう総選挙なのだ。

JB180505otsuka04

▲写真 ワン・アジザ国民正義党党首(左) Twitter: @ drwanazizah

 

 あの手この手の政権側の対応策

そのような手の内を知り尽くした「役者同士」による総選挙だけに、現政権、与党という立場をフルに生かしてナジブ首相側はマハティール元首相、野党側の躍進を恐れるあまり、あの手この手の奇手奇策、変化球を繰り出し、選挙戦を有利に運ぼうとしている。

4月7日の下院解散の直前に与党は駆け込みで「小選挙区の区割り変更法案」と「フェイクニュース対策法」を可決させた。選挙区の区割りは与党候補が有利なように変更され、野党側の首相、政権、与党批判のニュースを「フェイクニュース(偽ニュース)」だとして取り締まることを可能にする対策手段を持たせた。

マハティール元首相の新党「マレーシア統一プリブミ党(PPBM)」に対してマレーシア当局は4月5日、「必要な文書が未提出だ」との理由で30日間の活動停止を命じたのだった。これによりPPBMからマハティール元首相が出馬することが不可能になった。マハティール元首相は「無所属ででも出馬する」と怒り心頭だったが、不服を訴えたマレーシア高裁が活動を認めたため、何とか選挙戦に間に合ったという経緯もある。

JB180505otsuka05

▲写真 マハティール氏(中央) 出典 PPBMのHP

極めつけは投票日が5月9日水曜日という平日に設定されたことである。平日だけに都市部で働く人は投票する出身地に戻っている時間的余裕がなくなるのだ。これは前回総選挙で都市部の若年層が野党を支持、野党が得票を伸ばした「実績」を考慮した政府・与党による「荒業」だった。

しかしあまりに露骨で、与党支持者を含む国民の多数から批判が出たためナジブ首相は59日を休日とせざる得なくなった。

「敵の失策」に乗じる形で、マハティール元首相側はすかさず「野党が勝利すれば続く10日、11日も休日とする」とアピール。野党勝利の時は12日、13日の土日も加わり、9日の投票日から5連休が実現する。

 

 実現なるか初の政権交代

マハティール元首相は92歳と高齢だが、選挙期間中は精力的に演説会や集会に顔を出しており、まだまだ政治家としてのエネルギーを失っていない。もし総選挙で野党連合が勝利した場合、マハティール元首相が首相に「返り咲く」ことが予想されているが、そうなると世界で最も高齢で国家指導者に就任することになるという。

そしてなによりマレーシアにとって野党の勝利は1957年の独立以来、UMNOなどの与党連合が維持してきた政権を野党が奪うという、マレーシア初の政権交代が実現することにもなるのだ。

マレーシア初の政権交代、世界初の92歳の国家指導者就任が実現するのかどうか。さらにかつての子弟、首相と閣僚といういわば身内が敵となっての選挙戦とマレーシアの総選挙は見どころ満載、目が離せない状況となっている。

トップ画像:マハティール元首相 出典 マハティール氏Facebook

Pocket

この記事を書いた人
大塚智彦Pan Asia News 記者

1957年東京都生まれ、国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞入社、長野支局、防衛庁担当、ジャカルタ支局長を歴任。2000年から産経新聞でシンガポール支局長、防衛省担当などを経て2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをテーマに取材活動中。東洋経済新報社「アジアの中の自衛隊」、小学館学術文庫「民主国家への道−−ジャカルタ報道2000日」など。

 

大塚智彦

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."