スポーツ  投稿日:2018/11/25

「私は私」アスリートの国籍について スポーツの秋雑感 その5


林信吾(作家・ジャーナリスト)

林信吾の「西方見聞録」

【まとめ】

・スポーツ界で近年、ハーフのアスリートの活躍が目立つ。

・問題は彼らを同胞と認める人、認めようとしない人がいること。

・人種国籍問わず「私は私」と言える社会に向け、ハーフ選手に期待。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=42961でお読みください。】

 

サッカーの新生日本代表、なかなか頑張っている。なんと言っても、堂安律中島翔哉という、私がかねてから「早くA代表に呼べ」と言っていた若手が、期待以上のパフォーマンスを見せてくれている。

▲写真 堂安律選手 出典:@FCGroningen JP

守備面でも、20歳の富安健洋が台頭して、11月16日の対ベネズエラ戦では、ベテランの吉田麻也とコンビを組んで最終ラインを守り、なかなかよい仕事をしていた。彼は中学生時代から注目された選手で、高校時代すでにアビスパ福岡とプロ契約。19歳でベルギーのシント=トロイデンに移籍と、輝かしいキャリアを持っている。

そして、この試合で代表デビューしたゴールキーパーがいた。その名をシュミット・ダニエル(本名・矢吹ダニエル勇二)。米国イリノイ州の生まれだが、日本人の母を持ち、2歳の時から仙台で育っている。前述の富安選手とは少し違い、高校卒業時点で地元のベガルタ仙台から誘われたものの、「プロで活躍するには、まだ力不足」と考え、中央大学に進学した。大学選抜にも名を連ねたが、レギュラーの座を掴んだのは、ようやく4年生になってからであった。

▲写真 シュミット・ダニエル 出典:ベガルタ仙台

卒業後あらためてベガルタに入団してからも、正キーパーに定着するまでは時間がかかり、代表デビューも26歳という「遅咲き」だが、197センチという長身に加えてキックの精度にも定評があり、今後が楽しみな選手である。

近年こうした、ハーフの選手の活躍が目立つ。たとえばテニス界では、日本女子として初めて全米オープンを制した大坂なおみ選手。彼女はすでに有名だが、ハイチ系米国人を父に持ち、また大阪市生まれながら(大坂姓は母方のもので、地名とは関係ない)、4歳で米国に移住したため、日本語は片言である。

陸上界でも、リオデジャネイロ五輪で男子400メートル・リレーのアンカーとして銀メダルを獲得したケンブリッジ飛鳥選手がいる。彼の父親はジャマイカ人で、本人はジャマイカ生まれの大阪育ち。「母国」ジャマイカの英雄で、世界最速と称されるウサイン・ボルト選手と並んで走る夢(本人の弁)を、五輪の決勝という最高の舞台でかなえることができた。さすがにボルト選手にはぶっちぎられたが、米国とカナダの選手を後ろに引き連れてゴールに飛び込んだ姿は、今も鮮明に覚えている。

私はこれでも、中学時代は陸上競技部のキャプテンだったので、日本の陸上界にこんな日が来るとは、と感慨深かった。長生きはしてみるものだ。同じく陸上界にはサニブラウン・アブデル・ハキーム選手がいるし、プロ野球の広島カープにはアドゥワ誠選手、武道界にも柔道のベイカー・茉秋(マシュー)選手がいる。

問題は、彼らを同胞と認める人と、認めようとしない人がいることだ。

とりわけ大坂選手など、アフリカ系のルーツが一目で分かる褐色の肌であることから、本当に「日本人初」と言えるのか、といった声も漏れ聞こえてきた。

たしかに大坂選手は、この原稿を書いている2018年11月時点では日米の二重国籍で、日本の国籍法の定めるところにより、満22歳の誕生日(彼女の場合2019年10月16日)以降は、米国籍を放棄する手続きなくして「純粋の日本人」にはなれない。

よく知られる通り、日本は二重国籍を認めていないが、国籍法自体は少しずつ変化してきている。具体的には、かつては「父系主義」で、両親の国籍が異なる子供の場合、自動的に父親の国籍を持つこととされていた。別の言い方をすれば、日本人の父を持つ子だけが日本国籍を取得できたのである。このため、女優の松坂慶子さんは、生来の国籍が韓国であったし、参議院議員の蓮舫さんは、台湾(中華民国)との「二重国籍問題」を国会で追及された。

また、こちらはよく誤解している人が多いのだが、米国は二重国籍を認めてはいるものの、租税回避やテロへの対策上、障壁になりやすく「好ましいことではない」と、国務省が公式見解を出している。他に、二重国籍を認めている国でも、国会議員や軍人・警察官には制限を課している例が多い。

日本も今では、両親いずれかの国籍を選ぶことができるし、前述の通り満22歳まで選択を猶予されている。つまり、前出の3人は、いずれも法的に「純粋の日本人」なのである。

大坂選手に話を戻すと、純粋の日本人ではない、と言う人がいる一方で、表彰式で彼女が見せた謙虚な態度に対して、「さすが、心は大和撫子」などという声も聞かれた。誉め言葉なのであろうが、なんともピントがぼけている、と言わざるを得ない。なぜ私がそう思うのか……という話をするより、彼女自身の言葉を紹介した方がよいだろう。

いや、すでにメディアを通じて有名になっているが、日本・米国・ハイチの3カ国のうち、どこに帰属意識を強く持つのか、と問われた彼女は、

自分のアイデンティティについて、実はあまり深く考えたことはない。私は私」と答えたのである。人種国籍に関わる発言としては、今まで私が聞いた中で、一番すてきな言葉だ。心からそう思った。そうなのだ。彼女は彼女なのであって、どこの国の人であろうと、他人がとやかく言う筋合いのものではない。

スポーツに国境はない、などと言いつつ、オリンピックにせよサッカーのワールドカップにせよ、国と国との戦いという構図でしか見られない人が、まだまだ多い。それがある意味、今の世界の限界なので、両親の国籍が異なる人が葛藤を抱えなければならないのは、日本だけの問題ではない。

古代ギリシャで開かれていたオリンピア競技会とは、一切の戦争行為を中断して開かれる「平和の祭典」であった。祖国の名誉のために戦う、というのも、アスリートの考え方として、決して間違ってはいないと思うけれども、人種国籍を問わず、誰もが「私は私」と言い切れる世の中が早く来る方が、もっとよい。ハーフのアスリートたちには、その先駆けとして頑張ってもらいたいと、切に願う。

トップ画像:大坂なおみ選手(2018年4月13日に自身のフェイスブックにアップ)出典:大坂なおみfacebook


この記事を書いた人
林信吾作家・ジャーナリスト

1958年東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国ロンドン在住。現地発行週刊日本語新聞の編集・発行に携わる。また『地球の歩き方・ロンドン編』の企画・執筆の中心となる。帰国後はフリーで活躍を続け、著書50冊以上。ヨーロッパ事情から政治・軍事・歴史・サッカーまで、引き出しの多さで知られる。少林寺拳法5段。

林信吾

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."