無料会員募集中
.国際  投稿日:2014/3/19

[現役女子大生・留学リポート]増田理紗の“ワシントンDC留学レポート”(2)パブリックスピーキング(演説)の授業ってすごい!


留学_増田

増田理紗(慶應義塾大学・アメリカ留学中)|執筆記事

 

前回、私が留学しているワシントンDCにあるジョージタウン大学では、「毎年、多くの政治家、著名人が何人も訪れ、大学での講演会(パブリックスピーキング)が開催される」ということを、ご紹介しました。今回はパブリックスピーキングについてお伝えしようと思います。

私が聴講したのは、2014 Hillary Rodham Clinton Award におけるヒラリー・クリントン氏のスピーチ。大変印象に残るものでした。

印象深いスピーチをする講演者からは、メッセージがしっかりと伝わってきます。また、話し方、間のとり方、表情の作り方、言葉の選び方など、本当に多くのことを学び取ることができます。豊富な経験があり、伝えたいメッセージを持っていても、人に伝える術がなければうまく伝わらない。聞く人を魅了するスピーキングスキルを磨きたいと思い、現在パブリックスピーキングの授業を履修しています。

パブリックスピーキングの授業が行われている White Grabenor

パブリックスピーキングの授業が行われている
White Grabenor

英語でのプレゼン、スピーチが苦手、という方も多いと思います。しかし、オリンピック東京招致メンバーによるスピーチは素晴らしかった。わかりやすい英語で丁寧に思いを伝え、ジェスチャーもいいスパイスでした。オリンピック開催地を決める責任ある選択をするために、IOCの方々は熱心にスピーチに耳を傾けていらしたと思います。

しかし、私の履修したパブリックスピーキングの授業はもう少し厳しい雰囲気で、学生たちに大変人気があります。受講生は、異なる専攻、興味分野を持つ学生たちの他、アスリートの学生も加わって、まさに十人十色です。

そのため、興味のないトピックのプレゼンの時には、熱心に聞いてくれる学生ばかりではありません。そのような雰囲気の中、どのようなテーマを選択するか、どのような視覚材料を使用して学生の興味を引くかが毎回の大きな課題です。

これまでにInformative Speech(聞き手に情報を提供する目的)、Persuasive Speech(聞き手を説得させる、考えさせるため、自分の立場を示してから情報を提供する)、Impromptu Speech(即興で2分間のスピーチをする)、グループ・プレゼンテーションなど、ありとあらゆるスピーチ方法を学び、実践してきました。

効果的なスピーチの組み立て方、間のとり方、アイコンタクト等を学び、それぞれが趣向を凝らしたスピーチを用意してきます。中学高校と英語演劇をしてきた私にとって、人前で何かを表現することは決して苦手なことではありません。とはいえ発表は楽しみを感じる反面、緊張がつきものです。その緊張をいかにコントロールするか、どれだけ自分のスピーチに自信を持てるかが成功の鍵となるのです。

伝えたい事柄を明確にし、学んだスピーチの構成方法をいかに自分のものにできるか、そして教授や学生の興味を引き、振り向かせ、印象に残るスピーチができるかが重要です。

前回のプレゼンは、「あまり知られていない文化について。また自分が他のクラスメートよりもExpertである、といえるものについてInformative Speechを行う。」というものでした。

私の選んだトピックは「成人式」。他の国ではあまり見られないこの日本特有の行事、文化について、その歴史を辿りながら説明しました。

「LisaのfacebookのKimonoの写真見たよ!まるで映画の中の世界のようでAmazingだった!」とフランス人の親友に言われたことを思い出し、大勢の新成人が色とりどりの振袖を纏い集っている、という日本文化に馴染みのない人にとってはインパクトのある写真をスピーチの冒頭のAttention getterとして提示しました。

はじめはあまり興味なさそうだった学生もいましたが、すぐに熱心に話に耳を傾けてくれて、教授からは高評価を頂くことができ、思わず「Yes!」と心の中で叫びました。

スピーチ、プレゼン能力を向上させることは、これからのグローバル社会において、ますます重要になってくるのではないかと実感しています。

 

パブリックスピーキングで学んだことを活かして、 GUTVのreporterも務めている

パブリックスピーキングで学んだことを活かし、
GUTVのreporterも務めている

【リポーター学生紹介・増田理紗(ますだ・りさ)】

増田理沙1993年東京都生まれ。

NYCの現地小学校The Caedmon Schoolを卒業。

私立東洋英和女学院高等部を卒業後、2012年、慶應義塾大学法学部政治学科に進学。

2013年8月から交換留学生として、アメリカGeorgetown Universityに留学中。現在、国際政治、アメリカ政治、外交等、日本を取り巻く国際環境を学んでいる。

 

【あわせて読みたい】

タグ増田理紗

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."