無料会員募集中
.社会  投稿日:2021/3/4

“心の復興”を描く 映画「漂流ポスト」


Japan In-depth編集部 (高橋十詠)

【まとめ】

・”心の復興”を描く映画『漂流ポスト』、3月5日からアップリンク渋谷他にて公開開始。

・現在、ポストは被災者に限らず、想いの受け止め口になっている。

・震災から10年。今一度、記憶を振り返ろう。

あの東日本大震災から、早くも10年が経とうとしている。私たちの身の回りは今やコロナという単語で溢れている。3.11と聞く機会は減り、一見日常を取り戻したかのようだ。しかし、震災の傷跡は、未だ深く被災者の心に残っている。

岩手県陸前高田市の山奥に、今でも多くの手紙が届き続ける赤いポストがある。

手紙はどれも、亡くなった人たちへ綴られた想いだ。そのポストを通し、”心の復興”を描く映画『漂流ポスト』が、諸外国の映画祭で評判を受け、日本でも全国公開決定に至った。現在、大阪府、いわき市にて公開が始まっており、3月5日(金)より「アップリンク渋谷」他、全国にて順次公開が進む。

映画について、監督の清水健斗氏、主演を務めた雪中梨世氏、そして漂流ポストの管理人である赤川勇治氏に話を聞いた。

写真)左から監督の清水健斗氏、主演を務めた雪中梨世氏、漂流ポストの管理人赤川勇治氏 ©Japan In-depth編集部

■映画化の経緯

ボランティアを通し、被災地に寄り添ってきた清水監督は、震災から3年経過した時点で風化の危機感を抱き始めたという。

「震災当時の”電気や水を大切にしよう”という意識が、ほとんど無くなってきている。ボランティアをしていた自分ですら忘れてきているのだから、関わりを持たなかった人はなおさらだろう」

そう感じた清水氏は、震災の記憶や教訓を映像として残し、今後も伝えていきたいという思いが込み上げてきたそうだ。偶然目にした漂流ポストのドキュメンタリー映像から漂流ポストに興味を持ち、管理人である赤川氏に連絡を取った。

■「漂流ポスト」誕生物語

赤川氏は、「被災者の方の要望に応えた形」でポスト設置に至ったと話した。

震災当時カフェを経営していた赤川氏は、「こんな時に呑気にカフェなんてやっている場合ではない」と、店を閉じようとしていたそうだ。それから暫くは仮設住宅に住んでいた人たちを心配し、お見舞いに訪ねていたという。次第に、赤川氏は被災者の胸の内を聞くようになった。

「お客さんの苦しさがどんどん増してきているんです。『息が詰まりそうだ』と」

画像)『漂流ポスト』の一コマ ©Kento Shimizu

赤川氏は話を聞くうちに、その苦しさの原因が、家族や友達を亡くした辛さを吐き出す場所がないことだと気づく。

「誰かに話したとしても、返ってくる答えは皆一緒。『あんただけじゃない』と頭を押さえつけられる。そうすると言うに言えず、皆思いを胸にしまい込む。それを重ねている訳です。」

赤川氏は当時の様子をそう、振り返った。

やがて、お客さんの「カフェを復活させて話を聞いてくれ」という熱い要望から、店の再開を決心した。様々な想いを受け止め続けるうちに、赤川氏はふとあることに気づく。

「話を聞くのは良いが、私は何も答えてあげることができない。それでも皆、ケロッと元気になって帰るんです。『来てよかった』と言って。」

そう不思議に感じる日々が続き、赤川氏は新たに「カフェに来られる人の話は聞けるが、全国に散らばってしまった人たちはどのように捌け口を作っているのだろう」という疑問を持ち始めた。そして辿り着いた答えが、”手紙”だった。

「どんなに遠くにいてもポストに出せば、届く。それを受け付けてさしあげよう」

そう赤川氏が決心したのは、震災から4年経った2015年3月だった。

実際に漂流ポストのあるガーデンカフェ森の小舎で撮影も行った本作で、現地を訪れた雪中氏は、「赤川さんの心の大きさが、現地に雰囲気としてあった」と、撮影当初の不安が和らいだことを明かした。

画像)現物の漂流ポスト  ©Kento Shimizu

また、ポスト誕生にはもう1つの背景があった。赤川氏が岩手県に移り住んだのは27歳の頃。新幹線もなかった当時、関東からの移住者は「東京で何か悪いことをして逃げてきたんだろうと、犯罪者扱い」だったという。現在の漂流ポスト所在地である広田町に引っ越せば、今度は変人扱いを受けたそうだ。

「だから住まい探しには本当に苦労しました。親戚もいないし、保証人の問題もある。そんな時に、理解してくれた不動産屋が住まいを提供してくれたおかげで、今の私があるわけです」

しかし、被災者たちは赤川氏が「よそ者」だったからこそ、気持ちを話しやすかったのだ。こうして赤川氏は、以前自分を救ってくれた存在に恩返しをする気持ちで、被災者たちの思いに応えていった。

■「漂流ポストとは、書く人が”想う”こと」

届いた手紙のうち公開OKのものは、赤川氏が大切にファイリングしており、本作中では主人公が人々の想いに触れるシーンとして実物が使われている。

画像)実物の手紙 ©Kento Shimizu

「投函した人は、繰り返し何度もいらっしゃる。元気になれたことを私にだけでなく、亡くなった相手にも報告しに来るんです」

今では「そのような人との繋がりが今の財産になっている」と話す赤川氏。

「あのポストが身代わりになっている。だから皆さん、ポストの頭に手を置いて、投函口に顔を持っていき、話しかけるんですよ」

と、以下のメインスチール写真は正に「現実のコピー」だと、脳裏に焼き付いている投函者の様子を語った。

画像)『漂流ポスト』メインスチール写真  ©Kento Shimizu

■気持ちを書き出すということ

手紙を書くシーンで、実際に雪中氏は亡くなった祖母に手紙を書いている。

「伝えられなかった想いを綴ることによって、マイナスな気持ちもプラスに変わった。感謝が湧き、吐き出し場所が見つかったことに嬉しさを感じた」と、雪中氏は気持ちの変化を振り返った。

大切な人を亡くす悲しみ以上に辛いことは、吐き出せない想いを抱え続けることだ。「この漂流ポストの役目は、吐き出すきっかけをつくること」だと考える赤川氏は、「一文でも良いから書いてみたら」とお客さんに声をかけることも多い。

「普通の生活を送っていても、気持ちを吐き出せない方は物凄くいる。そういう方に少しでも寄り添って差し上げることが、この10年を越えての私の目標です」と、赤川氏は想いを語った。

画像)『漂流ポスト』の一コマ ©Kento Shimizu

被災地を舞台にした映画が多い中、『漂流ポスト』の主人公は被災者ではない。清水氏が監督としてその点にこだわったのには以下のような理由があった。

「他人事にしないために、被災者ではない人を主人公にして、今、他人事になっている人たちが観ても震災で苦しんでいる人たちのことを思い出せる作品にしたい」

また、映像は、メッセージが伝わりやすくなるよう心がけたという。たとえば、穏やかな夕日の海と、荒れた海。本作中にはこのように相反するシーンの対比が散りばめられている。

画像)『漂流ポスト』の一コマ ©Kento Shimizu

■最後に

これまでの10年間は、「立ち直ろう」と踏ん張る期間だった。しかし、現在は、癒えない傷を抱えながら「心のバランスをどう取っていくかというフェーズに移っている」と清水氏は言う。

例えば壊れた建物を震災遺産として残すのか、それとも思い出すのが辛いから取り壊すのか。このように、忘れることに対する善悪の狭間で「現在被災者たちは揺れている」と清水氏は言う。

では、私たちが風化に危機感を覚えるのはなぜだろうか。

「忘れる=全て無かったことにする」という考えがそうさせていると清水氏は答えた。

「100%覚えてなければいけないかと言われれば、そうではない。忘れた方が元気になるのであれば、忘れた方がいいと僕は思う」

漂流ポストに投函しに来る人たちは、「一歩踏み出せた」と帰っていくが、前に進むことが大事かという問いもまた、同様である。

「前に進みにくくなった時は、下がるのもあり。でも下がるためには、忘れてはいけない。覚えていないと後ろには下がれない。だから、0か100かではなく、バランスをどう取っていくかが大事」

画像)『漂流ポスト』の一コマ ©Kento Shimizu

復興とは、必ずしも前進することではなく、そのために忘れることでもない。個人に”寄り添う”形で心の復興を支える『漂流ポスト』は、清水監督、そして赤川氏の想いが詰まった作品だ。

清水氏、赤川氏、そして雪中氏の3人は最後に、「この映画が震災当時の記憶や教訓を思い出すきっかけになれば嬉しい」と話した。

<公開情報>

画像)『漂流ポスト』ポスター ©Kento Shimizu

・出演者  

雪中梨世 神岡実希 中尾百合音 藤公太 永倉大輔

監督・脚本・編集・プロデュース:清水健斗  撮影監督:辻健司  録音:田原勲

メイク:大上あづさ  制服:下山さつき  音楽:伊藤明日香

​撮影協力:赤川勇治漂流ポスト3.11   配給:アルミード

Kento Shimizu  2018/日本/カラー/30分/シネスコ/ステレオ

公式サイト:https://www.hyouryupost-driftingpost.com/

公式ツイッター:hyouryupost  公式Facebook:hyouryupost.film

・あらすじ

東日本大震災で親友の恭子を亡くした園美は、心のどこかで死を受け入れられず日々を過ごしていた。ある日、学生時代に恭子と埋めたタイムカプセルが見つかる。中には『将来のお互い』に宛てた手紙が入っていた…。蘇る美しい思い出と罪悪感。過去と向き合う中、震災で亡くなった大切な人へ届けたい言葉・伝えることができなかった想いを綴った手紙が届く【漂流ポスト】の存在を知った園美は、心の復興を遂げることができるのか・・・

・予告編↓

(youtube)https://youtu.be/A8zkhj8omIg

トップ画像)『漂流ポスト』夕焼けシーン ©Kento Shimizu




copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."