2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
JID,政治  投稿日:2015/8/12

[Japan In-depthチャンネルニコ生公式放送リポート]【安保法制も、オリンピックも前向きな議論を】~維新の党幹事長 柿沢未途氏に聞く~

150812JIDchtop
Pocket

2015年8月5日放送

Japan In-depth 編集部(Aya)

維新の党幹事長の柿沢未途衆議院議員を招き、安保法制や東京オリンピックをとりまく問題等、最近の日本政治の話題について、維新の党の方針を聞いた。

まずは参議院で審議の始まった平和安全法制について。磯崎補佐官の「法的安定性は関係ない」という発言が問題視された件で、結局、同氏は発言を撤回し陳謝したが、「それが本心だと思う人は誰もいない」と柿沢氏の見方は厳しい。柿沢氏は、一強多弱の安倍政権内部が失言などを繰り返すさまを「応援団が足を引っ張ってオウンゴールを繰り返している。」と例え、「手痛い処分を受けているわけではなく、注意以上のことはないから、これからも続くだろう。」と話した。

今まではそのようなことでダメージを受けてこなかった安倍政権だったが、「今回の強行採決と言われるような採決によって、明らかに空気感が変わった。」と柿沢氏は分析した。今まで政治にあまり関心を持たなかった主婦層などから、「現政権を何とかしてくれ」と声をかけられることが多くなったという。

違憲だとされる政府案と、維新の党の対案はどのように違うのか、柿沢氏は次のように語る。政府案では、自国が攻撃を受けていなくても、国家の存続の危機となる場合は武力行使が認められる。では「国家の存続の危機」とは何か。これをめぐって国会でもホルムズ海峡等個別の議論が繰り広げられたが、最終的には判断が難しいため、時の首相の解釈に左右されてしまう。「解釈の広さが問題。」と柿沢氏は話した。

対して、維新案では、今までは専守防衛で、自分が武力攻撃されない限りは攻撃できなかったが、アメリカと日本どちらが攻撃されるか見極めている場合ではない時など、アメリカに加勢することが出来るようになる。日米同盟を基軸に、今までより少し手前で出動できるようになるという考え方だ。地球の裏側の戦地一歩手前のところにミサイルを運べるという議論には疑問を呈す一方、南シナ海の機雷掃海について問われると、柿沢氏は「やってもいいと思う。アジアにおいて日本を守るためにアメリカと協力することはありだと思う。」と述べた。

国会で論争の的となったホルムズ海峡の機雷掃海については、次の瞬間に日本が攻撃されるような危機ではなく、ほぼ必要ないとの見方を示した。

ホルムズ海峡を例として推してきた安倍政権が、最近になって中国の脅威を集団的自衛権行使の根拠としようとしている。これに対し、柿沢氏は、今まで自身が散々中国の脅威を主張してきた際は、安倍政権はあまり重視していなかったのに、今回急に中国の話題を強調しだしたことで、「安保法制を通すためなら何でもいいのか、という風に国民にとられてしまう恐れがある」と懸念を示した。安保法制では中国に対する抑止力を主張し、一方で中国への刺激を避けて領域警備法を通さなかった安倍首相の態度の矛盾を指摘した。

今後、与党は野党案と折り合いをつけて法案を成立させるのだろうか。柿沢氏は、与党が野党の対案を受け入れるというのは難しいとしたものの、「この法案によって何ができる、できないというのをはっきりさせないと安心して任せられない」と述べた。

東京オリンピックを巡る新国立競技場の建設やエンブレムの問題が露呈してきている。柿沢氏は「真剣に自分のこととして考えてきた人があまりいなかった」と分析し、2020年に向け、ホテルや輸送網が不足していることなどにも危機感を示した。自身がNHKの記者として長野オリンピックを取材した際には、地元の小学校がそれぞれ参加国について学び、応援するというイベントを行っていたことを例に挙げ、「オリンピックをどう迎えるべきかをみんなで考えるべき。」と述べた。安倍編集長も「せっかく(海外から多くの人が)来るのだから前向きに考えないともったいない。」と同意した。オリンピックまであと五年、その中で日本はどのように変わっていくのか。様々な分野で前向きな議論が行われることに期待したい。

(この記事は、ニコ生【Japan In-depthチャンネル】2015年8月5日放送 を要約したものです。ニコ生【Japan In-depthチャンネル】)))

Pocket

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."