無料会員募集中
.社会  投稿日:2021/3/20

地下鉄サリン事件を忘れない


安倍宏行(Japan In-depth編集長・ジャーナリスト)

【まとめ】

・1995年3月20日、地下鉄サリン事件が発生。

・地下鉄駅前にサリンを吸い込んだ人たちが多数横たわっていた。

・未曽有の都市テロ事件を風化させてはならない。

 

1995年3月20日、私は午前7時半ごろ、東京メトロ日比谷線神谷町駅(東京都港区)近くで他社の記者達とある取材の為に待機していた。その前の年に破たんした東京協和信用組合と安全信用組合の受け皿銀行、東京共同銀行(のちの整理回収機構)が営業を開始する日だったのだ。

その数10数名もいただろうか、記者だけでなくスチルカメラやムービー(テレビカメラ)もいたが、私が在籍していたフジテレビのカメラマンはまだ到着していなかった。

その時、一人のスチルカメラマンが私たちの方に駆け寄ってきて叫んだ。「たくさん人が駅で倒れている。大変なことになってるぞ。煙が出たとかいう話もある」

みな顔を見合わせた。「トンネル火災か?」ふとそんな思いが脳裏をよぎる。しかし、自分たちはまもなく営業開始する新銀行の取材に来ている。この現場を離れるわけにはいかない・・・。動こうとしない私たちに向かってそのカメラマンは畳みかけるようにこう言った。「とにかく!早く行ったほうがいい!」そういうや否や彼はまた駅の方へ駆け出すではないか。

ただならない雰囲気に気圧されるように、私たちは一斉に脱兎のごとく彼の背中を追った。神谷町の交差点まで100メートルくらいだったろうか、駅の地上出口に辿り着いた私は目を見張るしかなかった。

そこには10数人の人が横たわったり、へたり込んでいる。異常な雰囲気から、単なる火事ではない、と思った。みな口をハンカチで抑え、ぐったりしている。すすり泣くような声やうめき声も聞こえてくる。中にはがき苦しん見ながら転がる外国人の姿も。見ると白目を剥き、口元から泡を吐いて、意識がほとんど無い。こんな症状を見たことなかった私は動転した。

▲写真 地下鉄サリン事件 築地駅前 出典:Yamaguchi Haruyoshi/Sygma via Getty Images

フジテレビのカメラマンはまだ到着していない。午前8時半あたりに発注していたからだ。そうこうしている間に他社はどんどん取材を進め、カメラを回している。焦る。

そうこうしているうちに警察が規制線を張り始めた。メディアは追い出された。その時私は中にいる警察官だったか消防官に叫んだ。「あの外国人の通訳が出来ます!」「よし、中に入って!」

ようやくカメラマンも到着した。同期だった。苦しむ外国人に声をかけた。「何を吸い込んだんですか?色は?透明でしたか?」矢継ぎ早に英語で質問したが、彼は話すことすらできない。「このまま亡くなってしまうのではないか・・・?」背筋が寒くなる。

後で分かったことだが、サリンは新聞紙に包まれ、オウムの実行犯は足元に置いた包みを傘で刺して中のサリンを車内で拡散させた。

その包みを見た、という女性も現れた。その人は包みのすぐそばにいて「何だろう、と思った」とインタビューに答えた。

ぐったりしている人々は次々と救急車に運び込まれていく。その時は、サリンが撒かれたなどという情報はなかった。駅構内に入ったカメラマンや、サリンガスに暴露した人を取材した記者が残留ガスを吸い込んだのか、後で「縮瞳(瞳孔が過度に縮小し、眼前が暗くなる現象」したケースもあったが、そんなことは知るよしもない。

▲写真 地下鉄サリン事件 1995年3月20日 出典:Yamaguchi Haruyoshi/Sygma via Getty Images

私は政経部所属だった。本来は社会部記者が現場にいなければいけないのだが、デスクは「現場にいろ」と私に指示した。その時、事件現場にいた記者は私だけだったからだろう。社会部の記者はおそらく通勤途上だったに違いない。

とにかく私は様々な人にインタビューし、現場の状況を無我夢中でしゃべり続けた。収録した映像とリポートはすぐに河田町のフジテレビに運ばれた。現場の様子を撮った衝撃的な記者リポートは午前中の報道特番で流され続けた。

撒かれた液体がサリンだとわかったのは午前11時頃。警視庁が記者会見で発表したのだ。“縮瞳(しゅくどう)”という瞳孔が縮み眼前が暗くなる症状が出ることもわかってきた。

事件発生後しばらくしてからだと思う。一人の若い女性が私に近寄ってきてこう告げた。「あの車両に乗ってたんですが、なんともなかったので普通に出勤したんです。でも職場でだんだん目に見えるものが暗くなってきて・・・テレビで毒ガスが撒かれたと聞いて怖くなって戻って来ました」そう私に告げた。

私は、撒かれたガスがサリンだとの発表を聞き、偶然すぐ近くにクリニックを開業している友人の医師に電話して、縮瞳に効く薬はアトロピンやPAMという薬だと聞いていた。

私は彼女に、現場に残っている救急隊のところに行ってすぐに病院に行くように言った。あの女性はその後どうなったろうか。今でも気にかけている。

社会部の記者は神谷町駅に立ち寄ったが、取材は私が続けることになり、午後1時過ぎまで現場にとどまった。

その後、オウム真理教上九一色村のオウム関連施設への強制捜査、逮捕という流れになるのだが、あの日、あの時目にしたものは、まさしく阿鼻叫喚の地獄絵図だった。決して忘れることは出来ない。史上最悪の毒ガスを使った無差別テロ事件。2018年7月に教祖麻原彰晃と側近、計13人の死刑が執行された。オウム真理教は「Aleph(アレフ)」と名前を変え、存続している。

事件から26年。この事件を知らない若者がほとんどだ。どんな酷い事件も災害も時がたてば風化する。メディアの役割はそうした悲劇を風化させないことだ。

若者たちに対するカルト宗教の勧誘は後を絶たないという。コロナ禍で友人が作れなかったりして、孤独にさいなまれる人も多いだろう。そうしたちょっとした心の隙間に、カルトは巧妙に忍び込んでくる。

私たちができることは、一人一人が過去に学び、2度と同じ過ちを繰り返さないためにどうしたらいいか、常に考えることだ。

きょうはそんな日にしたい。

オウムサリン事件で亡くなられた方のご冥福と、いまだに後遺症に苦しんでいらっしゃる方々が回復に向かいますように心から祈念する。

(2015年3月19日の記事に加筆しました)

トップ写真:地下鉄サリン事件 出典:noboru hashimoto/Corbis via Getty Images




この記事を書いた人
安倍宏行ジャーナリスト/元・フジテレビ報道局 解説委員

1955年東京生まれ。ジャーナリスト、産業能率大学客員教授。慶応義塾大学経済学部、国際大学大学院卒。


1979年日産自動車入社。海外輸出・事業計画等。


1992年フジテレビ入社。総理官邸等政治経済キャップ、NY支局長、経済部長、ニュースジャパンキャスター、解説委員、BSフジプライムニュース解説キャスター。


2013年ウェブメディア“Japan in-depth”創刊。危機管理コンサルタント、ブランディングコンサルタント。

安倍宏行

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."