2017年を占う
お知らせ  投稿日:2014/9/24

【Japan In-depth1周年。新生スタートへ】

renew_bnr-03
Pocket

Japan In-depth 編集部

読者の皆様へ

日頃、Japan In-depthをご愛読くださっている皆様、お陰様で1周年を迎えることが出来ました。厚くお礼申し上げます。

不肖、安倍がフジテレビを去年9月末に辞め、10月1日に創刊させたJapan In-depthは、「読者に“KIZUKI”と”ACTION”を」スローガンに、既存メディアが伝えきれないニュースの背景説明や深層分析をコンパクトに提供し続けています。

この1年、世の中にはバイラル・メディアとキュレーション・アプリが乱立していますが、過当競争から早くも淘汰が始まっているようです。その上、海外メディアの著作権を無視した安易な転載など、ウェブ・メディアの信頼性が棄損するような事態も頻発しており、大変残念な状況です。そうした中、幅広いジャンルでオリジナル記事のみ配信し続けているウェブ・メディアは、Japan In-depthの他にはほとんど見当たりません。それが皆様に支持されている理由だと考えています。

世界は地域紛争が絶えず、地政学的なパワーシフトが経済を揺るがしかねない状況です。ウクライナ問題、ISISの台頭による米の中東再関与、EUの不安定化、中国経済の先行き不安、中国の軍事力強化と東アジアの安全保障、等々。こうした様々な問題から私たちは目を背けるわけにはいきません。ともすれば国内にばかり目が向きがちですが、グローバルな視点を私たちは提供し続けます。

Japan In-depthは、2年目に入り、こうした路線に磨きをかけるため、寄稿者をさらに増やしていきます。又、ビジネスマンが興味を持つであろう、戦略的マネジメントやコミュニケーションスキルの分野のコンテンツの提供も開始します。特集も多く組み、また紙面と、シンポジウム・セミナーを連動させていく予定です。

2年目に入り、サイトも大幅にリニューアル致します。新生Japan In-depthをどうかこれからも応援ください。

2014年9月24日
Japan In-depth 編集長 安倍宏行


 

Pocket

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."