2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
スポーツ  投稿日:2015/12/29

戦力外通告、雨の草薙球場~プロ野球選手のセカンドキャリア その1~

IMG_5567
Pocket

 

神津伸子(ジャーナリスト・元産経新聞記者)

執筆記事プロフィールFacebook

小笠原道大、谷佳知、高橋尚成など大物選手の引退が多かった今年のプロ野球界。

その影で、静かに戦力外通告・自由契約となった選手は104人。プロ選手として、給料を貰えるのは2015年12月31日まで。野球を続けるか、新たな道を進むか。この約2ケ月間、多くの若武者が時に悩み、時に突き進んだ―。
多くの20代の若武者たちのその後、”セカンドキャリア”を追ってみた。

雨の草薙球場

「頑張れ!」、「惜しい」、「打て!」

11月10日の静岡県草薙球場。プロ野球シーズン中とは違う、温かい心が籠った声援が飛び交っていた。DeNAがホームゲームを開催するなど、華やかな色を帯びる日もある球場だが、ここ数年は、各球団から戦力外通告を受けた選手たちのトライアウト、最後のチャレンジの場として定着して来ている。しかも、昨年まで2日行われたトライアウトも、今年は1回に減らされた。

それでも、投手33人、野手14人、合計47人がかつて所属したチームのユニフォームを身にまとい、集まった。収容人員は約2万人、この日の観客は5,200人。ここ数年、毎年、テレビのドキュメンタリーで戦力外選手がクローズアップされているためか、予想外に観客が多かった。
バックネット裏には、中日の落合博満GMや、メジャーリーグのスカウトマン、かつて自らもトライアウトを受け話題になった木田優夫ら約50人の球団関係者がダークスーツに身を包み、熱い眼差しを送っていた。そのダーク色の軍団は鮮やかなオレンジ色のベンチと、絶妙なコントラストを織り成していた。その脇には20台ほどのテレビカメラ、数十人の報道記者が控えた。

この日は、朝から小雨交じりで、時折、雨足が激しくなることもあり、途中、マウンド周辺を中心に、新しい土も入れて整備も行われた。雲が低く垂れこめ、昼過ぎには早くも照明が点灯され、空き観客席には、水たまりが出来た。

グラウンドで守備につくのも、打つのも戦力外通告を受けた選手たち。投手は、打者3人に対して投球を終えると、ローテーションして次々と交代していき、打者は1人当たり4回の打順が回って来る。女性の声で名前と、”前の”所属がアナウンスされると、温かい拍手が起き、さらにヒットを放つと「ウォー」と、言葉にならない声援が沸き起こる。しかも、優しい。

一時でも華やかな活躍をして、ファンの心に残っている選手には、拍手・声援は2、3割増し。そんな中で、ひときわ大きな声援を受けたのは元DeNaの土屋健二投手だった。選手たちの表情は、時に必死の形相だったり、時にやり切った感が溢れたり。彼らの胸を去来するものは何だったのだろうか。

午後3時過ぎには、トライアウトは終了した。落合GMの周りにはメディアが殺到。球場外では、多くのファンが野球関係者や選手の出待ちをしていた。

IMG_5565

サポートする若者

その草薙球場に、別の目的で足を運んでいる元プロ野球選手がいた。戦力外通告を受け、その後に野球が続けることが出来なくなった若者たちの”次の”人生をサポートする人物だ。川口寛人(30)、元巨人軍選手。育成選手としてドラフト指名を受けたが、怪我に泣かされ、戦力外通告。日本リアライズ(株)でアスリート・セカンド・キャリア・サポート事業部で活躍中だ。企業と元選手をマッチングさせるだけでなく、社会人としてのスキルアップをさせるサポートもしている。彼自身については、後述する。

川口は自ら手作りの就活セミナーのパンフレット60部を手に、選手たちに声をかけていた。昨年までは、川口のような立場の人間も簡単に球場内の通路などに入れていたが、今年は元巨人軍選手による野球賭博事件が発覚し、安易に中に入れなくなってしまっていた。それでも、何とかロッカールームまでやっとの思いでたどり着き、懸命に選手に声をかけ、就活パンフを手渡した。

「若い今だからこそ、やり直しはいくらでもきく。彼らの根性があれば、必ず野球以外でも成功出来る」

川口は目を輝かす。自らの体験が、その事を裏付けていた。

しかし、手渡そうとしても、中には「そんなもの、受け取れるか!俺には野球しかないんだ」と、見向きもされないことも少なくはない。それでも、川口は辛抱強く、声をかけ、話をした。自分にも彼らの痛みが嫌と言うほどわかるからだ。

IMG_5569

その先へ

昨年までは2回、トライアウトが実施され、昨年は約60人中7人がプロ野球選手として、残留できた。今年は、育成を含め、続行出来る者は現時点でわずかに3人。元中日・山田壮馬投手(30)が楽天、元ソフトバンク・白根尚貴投手(22)がDeNA、元ヤクルトの金伏ウーゴ投手(26)が巨人の育成契約。他の若者たちの携帯電話には、プロ野球の球団関係者からの着信は今のところは、ない。この日、3安打と、大当たりをした人間の元にさえ。

ある野球関係者は言う。
「トライアウトは確かにチャレンジの場ではある。しかし、彼らに『野球を諦めさせる』場、なのだ」と。

草薙球場と言えば、古くは1934年の日米野球で、後に巨人の初代エースとなった沢村栄治が、ベーブルースを三振に打ち取った球場として名を馳せる、伝統ある球場だ。ある意味、野球人としての自分と別れを告げる最後の場としてはふさわしいと言えるのかもしれない。

プロ野球選手を夢見て、野球だけをやって来た若者たち。その先の人生についてなど、微塵も考えてはいなかったのだが―。
(文中敬称略)
その2に続く)

写真 /撮影©神津伸子

写真1、朝から厚い雲に覆われた静岡・草薙球場。雨足が強くなることもしばしば。

写真2、トライアウト後も、観客はなかなか球場を立ち去ろうとはしなかった。場外には、沢村栄治と、ベーブルースの記念像も。

写真3、多くの報道陣も詰めかけた草薙球場のトライアウト。

タグ神津伸子
Pocket

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."