セミナー
.社会  投稿日:2015/5/24

[清谷信一]【少女漫画男性主人公に異変アリ】~ガチムチ、オタク、キモメンらがモッテモテ!~


清谷信一(軍事ジャーナリスト)

執筆記事プロフィールWebsiteTwitter

少女漫画のヒロインの相手役や男性主人公といえば、背が高くてサラサラな髪の性別不明な優男、我々男性からみればそういうのが通り相場というイメージがあるだろう。

だがここ数年、少女漫画で異質な男性主人公が登場して人気を集めている。

その「横綱」が別冊マーガレットの連載中の「俺物語!!」(原作・河原和音、作画・アルコ、コミックスは8巻まで発売中)の主人公、剛田猛男だ。高校生ながら推定身長2メートル、推定体重120キロの巨漢。身体能力が極めて高く、正義感が強くて、気は優しくて力持ちだ。

頭は角刈りで、ゴツメの顔、いわゆる少女漫画のイケメンの基準から真反対のキャラクターだ。対して彼の親友で隣に住んでいる幼なじみ砂川誠は、いわゆる少女漫画的イケメンキャラだ(だけども女の子には興味が無い草食系)。

ところが、そんな猛男に小柄でおっとりしていて、お菓子作りが得意な別な学校の高校生、大和凜子が思いを寄せて両思いに。しかも砂川の女子大生の姉も、実は密かに剛田に思いを寄せていた、というモテぶりだ。

どう見ても猛男は汗臭くて鬱陶しい、少年漫画の番長的キャラである。番長じゃなければ、スポ根漫画のサブキャラだろう。あるいは新宿二丁目あたりで特定な同性にモテるタイプだ。

ところが彼こそがタイトルの通り、この漫画の主人公なのだ。恐らくこの手の人間ブルドーザー的なキャラが少女漫画の主人公として登場したのは少女漫画の歴史上初めただろう。このような以外な男性主人公の起用に「やられた!その手があったか!」と思った漫画家も多いのではないだろうか。

次に紹介するのが月刊デザートに連載中の「3D彼女(リアルガール)」( 那波マオ、コミックスは現在9巻まで刊行)。本作の主人公、ツッツンこと筒井光は冴えないオタクだ。キモオタとしてクラスからも浮いていた。唯一の友人のオタク仲間の伊東とゲームやアニメの話ばかりしている。当然ながら彼女いない歴=年齢で、興味対象の異性は二次元ばかりだった。

ところがひょんなことから超絶3D(三次元のリアルな)美女、五十嵐色葉と出会い、いきなり告白されて交際スタート。色葉は誰もが認める美人だが性格が悪いとの評判だったが、実は群れるのが嫌い、顔だけを評価されるのが嫌いな一匹狼的なキャラクター。

二人は周囲の人間を巻き込み、対立や誤解を超えたりしながら人間的にも成長する。光もお菓子づくりの才能を発揮したり、文化祭でも活躍したりするようになる。オタ少年がいつのまにやらリア充少年になっていた、てな、お話だ。

別冊マーガレットで連載中の「ハル×キヨ」(オザキアキラ、コミックは5巻まで発売中)、主人公のキヨこと峯田清志郎は高校生だが、身長が153センチ弱と、背が低い。少女画では背が低いというだけでモテの対象とはならない。

ましては普通これだけで主人公失格だ。ところが勉強は学年一位ということもあってか、清志郎は背が低いが何故かモテる。だけども自己中というか、ぶっきらぼうで他人に無関心だ。それがわかると女の子は去っていく。

そんな感じなのでクラスでも孤立していたが、同じクラスの身長178センチ、性格がヘタレで、モテない女子二人と何時もつるんでいたため自分もモテなかったハルこと宮本小春と付き合うことに。両者とも違う意味で面倒くさいキャラクターが周囲を巻き込んで騒動を起こすというお話。

最後の紹介するのが隔月刊誌ANELALAで連載中の「かわいいひと」(斎藤けん、コミックスは1巻目が発売中)だ。主人公の花園森也は中1のとき父を亡くして、以後母を助けて実家の花屋を切り盛りしている苦労人。

ただ彼は死神系とか、悪霊とか揶揄されるようなご面相。三白眼で目つきが悪く、幼少のみぎりからこの顔のせいで友人はできない、お客には怖がられる、当然ならが女の子にはモテたことがない。やはり彼女いない歴=年齢。

ところが、ひょんな事からミスコンで優勝するような可愛い女子大生、鈴木日和に好かれ、日和から告白されてお付き合いが始まった。だが森也のご面相のお陰で色々と障害やトラブルが起こるが、そのたびに二人の純愛が深まるというお話。日和は美人だが、これまで男女交際にはまったく興味がなく、むしろモテることに嫌気がさしていたような感じの変わった女の子だ。どうも笑った時の森也の破顔に惚れているらしい。

以上、ガチムチ、オタク、チビ、キモメンという、「らしくない主人公」たちに素敵なGFができて、リア充となるお話だ。このような男性キャラクターが主人公として登場するのになったのは何故だろうか。恐らくは、今までのステレオタイプのイケメンばかりではマンネリ化してきたことや、価値観の多様化ということが挙げられるだろう。また彼らは少女漫画の主人公としては大きな「ハンディ」を負っているが、それが逆に彼らの個性、魅力となっているのだろう。彼らの欠点は裏返せば美点でもあったりする。読者の許容量というか、ストライクゾーンが広がっているのかもしれない。これらの作品は男性にもオススメだ。

タグ清谷信一

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."