2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
国際  投稿日:2017/10/1

不毛な政争に終止符を スペイン・カタルーニャ地方独立問題(下)

JB171001hayashitop
Pocket

林信吾(作家・ジャーナリスト)

「林信吾の西方見聞録」

【まとめ】

・10月1日、スペイン・カタルーニャ地方独立の是非を問う住民投票が実施される。

・しかし、同地方の独立支持派は50%台前後にとどまっている。

・中央政府が優れた経済・文化を誇るカタルーニャ地方を適正に処遇することが、感情的対立の解消に繋がる。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真の説明と出典のみ残っていることがあります。その場合はhttp://japan-indepth.jp/?p=36428で記事をお読みください。】

 

10月1日には、いよいよスペインのカタルーニャ地方において、独立の是非を問う住民投票が実施される。

前項で述べた通り、カタルーニャ州政府カルラス・プッチダモン首相がこの発表を行った際、私はスペインにいた。いわば「かぶりつき」で現地の報道に接し、独立派の言う「カタルーニャ共和国」が本当に実現すると信じている人はさほど多くない、という心証を得たのである。

JB171001hayashib01

▲写真 カタルーニャ州政府カルラス・プッチダモン首相 2015年 Photo by catosfera

実は2014年にも、非公式ながら住民投票が行われており、「あなたはカタルーニャが独立することを望みますか?」

との設問に対して、実に80%以上の人が「Si(=Yes)」と回答した。

ところがここに問題があって、まず第一に、そもそも投票率が30%台にとどまっていた。各種の世論調査を見ても、独立を真剣に支持している人は、時期により媒体によって多少の差はあるものの、おおむね48~53%で推移している。

ただ、中央政府のマリアーノ・ラホイ首相は、単に投票率の低さをあげつらって、この住民投票自体を「大失敗」と嘲笑した。中央政府、とりわけ首相も属するところの、与党・国民戦線のこうした態度が、住民の怒りを買い、独立派の勢力伸長に寄与していることは疑う余地がないのだが、しかし、くどいようだが、こうした住民感情と独立の蓋然性は別問題なのである。

JB171001hayashib02

▲写真 スペイン中央政府マリアーノ・ラホイ首相 2014年3月 flickr: European People’s Party

英国スコットランドの独立問題と比較すると、分かりやすい。

ご承知のように英国は、共通通貨ユーロにも加盟しておらず、今やEUそのものから脱退せんとしている。

これに対してスコットランド独立が達成されれば、新たにEUに復帰しユーロに加盟する、という選択肢があるわけだ。

もちろん、独立即新加盟、などという簡単な話ではないので、2014年に実施された住民投票で、僅差ながら独立は否決されたことは記憶に新しい。ただ、英国がEUから離脱するという国民投票の結果を受けて、あらためて独立論が盛り上がりを見せていることは、あわせて知っておきたいところだ。

これに引き替えカタルーニャは、スペイン国内では例外的に観光業・製造業が好調だが、それは、ユーロ圏だからこそ投資マネーが集まる、という要素を抜きには考えられない。仮にカタルーニャが独立を宣言した場合、EUが「新たな一国」として留まることを認めるとは考えにくいので、経済的デメリットは大変な規模になる。

前項で私は、現在スペインのGDPのおよそ20%はカタルーニャが稼ぎ出しているのに、中央政府に納める税金と、還付される地方交付金がまるで釣り合っていないことこそが、独立運動の底流なのだと述べた。

事実、州政府からの改善要求に対しても、ラホイ首相は、

「スペイン全体の発展のため、税制の枠組みを見直す考えはない」などと、木で鼻をくくったような回答をした。

これは、かつてカタルーニャの大部分の自治体が可決した「自治憲章」が、憲法裁判所において違憲と判断されたことから、「独立宣言など、口先だけだ」と決めつけているのだと、衆目が一致している。

たしかに今次の住民投票についても、ラホイ首相は、憲法裁判所に提訴して無効化する考えを、早々と表明している。

とどのつまり、政治家同士の意地の張り合い(不都合が生じた場合には責任のなすり合い)が、問題を複雑にしてしまっただけなのである。

もうひとつ、カタルーニャの住民は、マドリードを中心とするカステーリャの人々から蔑視されてきた、という「歴史認識」も、今ではあまり説得力を持たなくなってきている。

たとえば、カタルーニャではサッカーのスペイン代表にあまり関心を示さない、などと言われてきた。端的に言えば、あれは所詮カステーリャのチームだと思われていたのだ。

ところが、2010年ワールドカップ南アフリカ大会において、スペインを初めて世界一の座へと導いたチームは、

「バルサ(FCバルセロナ)プラスアルファ」と称される編成であった。先発メンバーの過半数がバルセロナで活躍する選手だったのである。本当に独立したら、レアル・マドリードに一泡吹かせる楽しみもなくなるではないか、という声も実際に聞かれるくらいだ。

したがって、今もっとも問題視すべきは、経済からサッカーまで、今やスペインをリードしていると言って過言ではないカタルーニャが、自治の拡大や財政面での優遇を求めることを、中央政府は「もっともなこと」と受け止め、真摯に対応することだろう。

独立派も中央政府も、頭が古くて、いささか大人げない。これで、カタルーニャの人々の間に、妙な対立感情が持ち込まれたりしたら、気の毒だという他はない。10月1日の投票結果の如何に関わらず、ちゃんと大人の解決をして欲しいものだ。

の続き。全2回)

トップ画像:カタルーニャ地方独立を訴えるデモ 2010年 flickr/Merche Pérez

Pocket

この記事を書いた人
林信吾作家・ジャーナリスト

1958年東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国ロンドン在住。現地発行週刊日本語新聞の編集・発行に携わる。また『地球の歩き方・ロンドン編』の企画・執筆の中心となる。帰国後はフリーで活躍を続け、著書50冊以上。ヨーロッパ事情から政治・軍事・歴史・サッカーまで、引き出しの多さで知られる。少林寺拳法5段。

林信吾

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."