.社会  投稿日:2018/5/24

保護犬猫の里親になって クリステルさん新プロジェクト

Pocket

Japan In-depth編集部(小林礼奈)

【まとめ】

クリステル財団、新プロジェクト”Panel for Life~命のパネル~”立ち上げ。

・保護犬・保護猫の存在の周知の為、QRコード付き等身大パネルを設置。

・より多くの人に里親になってもらう機会を作ることが目的。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=40178でお読み下さい。】

 

5月22日、東京・羽田空港にて、滝川クリステル氏が代表理事を務める「一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル」の新プロジェクトPanel for Life~命のパネル~の発表会&トークショーが行われた。同財団は「2020年までにアニマル・ウェルフェア(※1)に則った犬猫の殺処分ゼロ」を目標に活動している。

今回の新プロジェクト“Panel for Life”は、①保護施設にいる保護犬・保護猫の存在をより多くの人に知ってもらうこと②より多くの人に里親になってもらう機会を作ることを目的として、保護犬猫のQRコード付き等身大パネルを様々な場所に設置する。QRコードをスマートフォンで読み取ると、各犬猫の詳細情報にアクセスでき、審査を通れば実際に引取ることもできる仕組みだ。

JB180524JID01

▲写真 実際のパネル ©Japan In-depth編集部

プロジェクト発表会には滝川クリステル代表理事の他、高円宮承子女王殿下、イケア・ジャパン株式会社代表取締役社長 ヘレン・フォン・ライス氏、環境省自然環境局総務課動物愛護管理室室長 則久雅司氏が登壇。

また、後半のトークショーには俳優の別所哲也さん、モデル/タレントのローラさんが登壇し、自身が里親になったエピソードを披露。羽田空港ロビーの多くの旅行客が足を止めイベントを見守った。

発表会ではプロジェクト第一弾として5月22日から6月29日までの期間、全国9店舗のイケアに保護犬猫のパネルが設置されることを発表。イケア・ジャパンのヘレン社長は同社が一番に参加することを光栄に思うと話し「企業と政府が力を合わせて問題に取り組めば2020年までに殺処分ゼロという目標は現実的」と力強く語った。

JB180524JID02

▲写真 イケア・ジャパン株式会社代表取締役社長 ヘレン・フォン・ライス氏 ©Japan In-depth編集部

高円宮承子女王殿下は、小学生の時に殺処分の問題を知ったという。更に、愛犬トムが外に出たまま二度と戻ってこなかった経験から「保護犬・保護猫の問題はより一層身近な課題として自身の中に根付いた」と述べられ、その後、御一家で阪神淡路大震災の被災犬を引取ったことや、現在も千葉で保護された犬(メイちゃん)を引取って一緒に暮らしていることも明かされた。

日本で年間約5万6千頭の犬・猫が殺処分されている現状に対し、「引取り手が見つからず殺処分される子たちがたくさんいると思うと他人事とは思えない。今回のプロジェクトを通じて一組でも多くの幸せな犬猫と飼い主が増えることを願っております」と今回のプロジェクトへの賛同と期待を述べられた。

JB180524JID03
▲写真 高円宮承子女王殿下 ©Japan In-depth編集部

その後のトークショーに登壇した別所哲也さんとローラさんはそれぞれ、保護犬と猫を引取って一緒に暮らしている自身のエピソードを紹介。

ローラさんは保護犬を引取った時の状況を「子供をたくさん産まされて森に捨てられて声帯も切られて吠えることもできない状態で毛もポワポワで」と振り返り、「トリミングしたらものすごく可愛くなって、今は“お手”を覚えさせたり、どんどん人になついてくるのがすごく可愛いなと思う」と嬉しそうに話した。

また、現在住んでいるロサンゼルスでは保健所から猫(ウニちゃん)を引取ったという。ローラさんはそれがきっかけで、ロサンゼルスにはペットショップが無く、保健所やシェルターから引取ることが当たり前のため、殺処分も存在しないことを知ったという。自身がこのプロジェクトを応援する理由を「日本ももっとそうなっていくべきなんじゃないかな、動物も人間も皆生き物で一緒だから」と笑顔で語った。

JB180524JID04

▲写真 笑顔で話すローラさん ©Japan In-depth編集部

別所哲也さんも「新しい家族として保護犬のハナちゃんを自分の家族として受け入れて、実は僕らの方が家族として癒されたり命の大切さを教えてもらうことが多い」と自身の経験を述べ、「大切な命がたくさんの人たちによって、命を奪われないで生きていける新たな場所をこの活動を通じて広げていきたいので応援してください」と参加者にアピールした。

JB180524JID05

▲写真 別所哲也さん ©Japan In-depth編集部

先進国の中で殺処分の件数が多い日本。その原因を滝川クリステル氏は「殺処分が多いという状況を普通に生活していると知る機会がなかったのが大きい」という。今回のプロジェクトを通して「2020年(オリンピックイヤー)に人間だけでなく動物たちにも優しい気持ちを持てる日本人であるということを外国の皆さんに知ってもらえるよう、このムーブメントを広げていってもらいたい」と期待を述べた。

JB180524JID06

▲写真 滝川クリステル氏 ©Japan In-depth編集部

同プロジェクトでは今後パネル設置の他に、羽田空港やタクシー内のサイネージでのVTR放映や、写真家の桐島ローランド氏やレスリーキー氏がボランティアとして撮影に参加することも予定している。

現在の日本で、「犬や猫を飼おう」と考える人の中で一体何割の人がまず一番に保護犬猫の引取りを検討するだろうか。ペットショップで買おうとする人が圧倒的に多いのが現状だろう。このプロジェクトを通じて、日本でも保護犬猫の引取りがより一般的になるよう期待したい。

※1 アニマル・ウェルフェア:人間の管理下にある動物が、基本的なニーズを満たして生きる環境を整えること)

トップ画像/左から、ローラさん、滝川クリステルさん、別所哲也さん ©Japan In-depth編集部

Pocket

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."