2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
国際  投稿日:2015/6/28

アメリカでも「韓国疲れ」広まる~韓国の反日「強迫観念」とは~

150628komori01
Pocket

古森義久(ジャーナリスト/国際教養大学 客員教授)

「古森義久の内外透視」

執筆記事プロフィールBlog

韓国はなぜ日本をここまで目の仇にするのだろう。郵便ポストが赤いのも、カラスが黒いのも、みんな日本が悪いのよ、だなんて、慨嘆したくなるほどの日本叩きぶりなのだ。その韓国官民の反日傾向についての冷徹な分析がアメリカ人の気鋭の学者によって発表された。アメリカ側でのこうした新たな韓国分析はオバマ政権の韓国批判にもつながりかねない現象である。

この分析はアメリカ人政治学者で現在は韓国の釜山国立大学准教授を務めるロバート・ケリー氏によりオーストラリアの外交雑誌「ディプロマット」最新号掲載の論文として発表された。同論文はワシントンのアジア政策関係者たちが加わるインターネット論壇でも紹介され、すぐにオバマ政権内外で大きな話題の的となった。この論文は「なぜ韓国はここまで日本に妄念を抱くのか」と題され、韓国官民の反日を病理的な「強迫観念(オブセッション)」とまで評していた。

ケリー教授は同論文では自分自身の韓国暮らしの体験を基にまず述べる。「韓国で少しでも生活すれば、韓国全体が日本に対し異様なほど否定的な執着を抱いていることが誰の目にも明白となる」そしてその「異様なほどの反日」の実例として韓国の子供たちの旧日本兵狙撃遊びから日本軍国主義復活論やアメリカ国内での慰安婦像建設ロビー工作までを指摘する。

そのうえで同教授はこれほどの官民一体の日本叩きは70年前までの歴史だけが原因だとは思えないとして以下の骨子の説明と分析を述べていた。

「韓国の反日は単なる感情や政治を超えて、民族や国家のアイデンティティー(自己認識)の自分中心の探求に近い」

「だが民族の純粋性を強調することでは北朝鮮には劣ってしまい、国家の民主主義を強調するには人的コネや汚職が多すぎる」

「だから日本を悪と位置づけ、叩き続けることが韓国の民族の純粋性のレジティマシー(正当性)誇示の絶好の方法となる」

「韓国の国家や民族の正当性の主張は韓国の存在自体を否定する北朝鮮に向けられるべきなのに、日本叩きをその代替の安易な解決法としているのだ」

韓国の勝手な都合で日本が身代わり標的にされているという趣旨なのだ。日本の政治家や学者が同じことを述べたら大変な事態となるだろう。だがアメリカ側でのいまの議論ではこうした分析への賛同が明らかに増えている。ケリー教授自身がこの5月には「日本の『韓国疲れ』がついにアメリカでも広まり始めた」という論文を発表したほどなのだ。「韓国疲れ」とは「韓国の文句にはもううんざり」という現象を指す。

事実、オバマ政権のウェンディ・シャーマン国務次官は最近の訪韓で歴史問題について韓国に注文をつけ、韓国側の反発をかった。ブッシュ前政権の国家安全保障会議でアジアや韓国を担当したビクター・チャ氏やマイケル・グリーン氏も最近は韓国の対日姿勢への批判をにじませるようになった。

さらに興味深いのは慰安婦問題で日本を長年、叩いてきたコネチカット大学のアレクシス・ダデン教授が韓国政府高官に「朴槿惠大統領の訪米では日本に触れないことをワシントンも望んでいる」と助言したという報道である。韓国の反日態度の実態がアメリカ側でもやっとわかるようになり、日韓関係の真実までが浮かび上がったと思いたいところだ。

タグ古森義久
Pocket

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."