.国際  投稿日:2016/11/2

権力者の心臓を握る 「チェ・スンシルゲート」

최순실2
Pocket

李受玟(イ・スミン/韓国大手経済誌記者)

「極めてずかしい事件」

韓国の人々は前月24日、あるメディアの報道が出た後、自らを恥じる声でいっぱいだった。『彼女』を支持するかしないかにかかわらず、この国を代表する人が頂上から落ちてしまう姿を見守らなければならない状況は絶望的で、胸が痛んだ。『彼女』が好きでも嫌いでも、『彼女』と私たちの祖国は同じ国であるから、他の場所へ目をそらすこともできなかった。『彼女』とは憲法の第1条1項から民主共和国であることを明らかに定めている大韓民国の行政首班、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領だ。

大韓民国の主権は国民にとって、全ての権力は国民から出ている。韓国の憲法、第1条2項の内容だ。中学生たちもいつでも覚えられるほど、この国を象徴するものの中でも最も重要な部分である。しかし、朴大統領の40年間の親友というチェ・スンシルが不当な方法で権力を振り回し、また自分勝手に国費を流用した状況が発覚した状況で、法が規定したことは現実とは違う方向に行ってしまったのだ。

いわゆる「チェスンシルゲート」と命名されたこの権力型スキャンダルは、最大の権力を持っている大統領とその人を支えているシステムが完全に壊れたことを明らかにしたという点で、今後韓国社会に深刻な影響を及ぼすものとみられる。

 

40にした親友か、ソルメトか? 

簡単にこのスキャンダルを要約すれば、こうなる。朴大統領と、長い間姉妹のように人生を過ごしてきたチェ・スンシルという人が、政府が施行する様々な政策に干渉して、重要な決定をしてきた。 その決定は、韓流に関する文化事業であり、開城(ケソン)工業団地のような朝鮮半島の平和を決定する政策でもあった。大統領が就任した後、自分の目標を語った演説文にも、前任の李明博(イ・ミョンバク)大統領と選挙に勝った者の身分で北朝鮮の動向について議論する時も、チェは政府の誰よりも国家の極秘情報に近い人間だった。また、利害関係でチェの邪魔になる文化体育部の公務員を多様な方法で圧力をかけ、結局、自ら辞表を出すようになった事件でもチェの名前が発見される。(常に行政職公務員は法律で任期が保障されている) 

また自分の娘を有名な私立女子大学に入学させるために入試制度を変えたり、三星(サムスン)を含めて大手企業から800億ウォンという基金を受けたり、自分や知り合いの名前でドイツに幽霊会社を設立した時もチェ・スンシルは姿を現す。

韓国のメディアはここに加えて、現在数百億~数千億ウォン以上を資金が必要な政策がチェの手で最終的に決定されたという疑惑を提起している。もちろん、朴大統領がその内容を十分に熟知し、署名したとみることもできるが、チェがその政策を立案し施行する上で強力な影響力を行使したという根拠が多数ある。

それならこのような重要な位置にいるチェとはどんな人間であろうか。信じれらないことに、チェは正当な資格を持った人物ではない。学士学位を保有しているかどうかもはっきり確認できず、政党に所属して本格的に政治について学んできた人でもない。国家試験を通過した人でも、学問的な成果の優れた学者でもない。さらに、朴大統領と血縁関係もない。ただ60年間生きてきた韓国国籍の人間であり、運良く朴大統領と20代から親しかっただけだ。権力者との絆をもとに、無資格者が共和国のシステムを混乱させたのだ。これが「チェスンシルゲート」の核心だ。したがって朴大統領は責任を取る必要がある。

최순실 1

▲写真:朴大統領の40年間の親友というチェ・スンシル©ニュースタパ

 

鉄壁の支持率崩した朴大統

韓国の検察は10月30日、突然イギリスから帰国したチェを翌日の31日召喚し取り調べた。捜査を担当する検事20名からなる特別捜査本部は朴大統領とチェを巡って深まった疑惑を徹底的に調べると国民と約束した。けれども捜査の1段階の家宅捜索からまともにできていないという指摘が多い。大統領は今の国家システムの上、捜査機関である検察を指揮する人だ。 これは深く突っ込まなければならない対象が捜査力を制御できるということだ。そのために韓国では今回の捜査が核心にふれないまま終わってしまうという懸念が大きくなっている。

今、朴大統領の前に置かれた未来は順調ではない。「彼女がどんな過ちを犯しても絶対に壊れなかった20%の支持率(全国の平均)が崩壊し始めたからだ。11月1日に発表されたネイル新聞とスタジオ・ピニオンの世論調査によると、朴大統領に対する支持率は前月(34.2%)比25.0%ポイント下落した9.2%となった。代表的な支持層である60歳以上の年齢層(64.5%→20.8%)、大邱・慶北地域住民(44.3%→8.8%)、セヌリ党支持層(77.2%→32.4%)で先月比の支持率が大幅に落ちてしまった。「朴大統領が自ら下野しなければならないか」の質問には67.3%が同意した。先月29日にはソウル光化門(クァンファムン)で最高2万人が集まって朴大統領の下野を要求する集会を開き、大統領府まで行進して解散した。

これからが本番だ。支持率の変化はすぐに国会を変えるからだ。そして国会が向かう方向は多くの韓国人の行動で決定されそうだ。その結果が弾劾や下野、留任という三つの道の中でどれを選んでも明確な事実は、朴大統領は国民からの信頼を完全に失ってしまったのだ。 

*トップ写真:1979年新心(セマウム)祭典行事に参加した朴槿恵(パク・グンヘ)当時新心奉仕団総裁()と、新心大学生総連合会長のチェスンシル()©ニュースタパ

 

Pocket

この記事を書いた人
イ・スミン韓国大手経済誌記者

2008年11月~ 2009年8月 一般企業(商社)勤務2009年2月  延世大学卒業2010年~   大手経済紙 記者

イ・スミン

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."