セミナー
.国際  投稿日:2016/5/4

韓国、加湿器殺菌剤事件の今 100人超死亡


李受玟(イ・スミン/韓国大手経済誌記者)

桜が咲き乱れていた2006年の春。ソウルの有名な総合病院の一つであるソウルアサン病院で勤務していた洪(ホン)・スジョン教授(小児青少年呼吸器アレルギー科)は妙な旣視感を経験した。毎年、冬から春に移る時期に理由の不明な奇病性肺疾患の患者たちが相次いで病院に運ばれてきた。肺繊維化(肺が硬くなって呼吸ができない状況)が深刻に進行されて顔が真っ青になった赤ん坊たちは、抗生剤を使った治療も甲斐なくこの世を去り、親と医師団は無力感にさいなまれた。

「なぜ同じ時期に原因不明の疾病が広がるのか?」この疑問に対する答えを探すため、洪教授は同僚の医師らと自分が担当した15人の乳幼児患者の事例を集めて論文を書いた。しかし、学界は「原因不明」とみなした。しかし翌年にも患者の名前が変わっただけで、同じことが再び繰り返された。彼が二番目の論文を書いて伝染病などの予防責務を負った国家機関である疾病管理本部(ジルボン)にこのような状況を報告して全国的なモニタリングを要請したが、「特定のウイルスではなさそうだ」との安易な答えが返ってきたのみだった。

それから4年が過ぎた。今回は免疫力が低い乳幼児患者ではなかった。 今回は妊婦達だった。重患者室に入院して人工呼吸器に頼っていた患者らはお腹の子供たちとともに死亡した。2011年4月、ソウアサン病院は、正式にジルボンに調査を要請した。ジルボンと保健福祉部はやっと問題の深刻さに気づき、大々的な調査を行ったが、胎児を含む少なくとも142人がすでに病名さえわからないままこの世を去った後だった。

『空気中に漂う「何か」が気管支に入り炎症を誘発し、気管支が閉塞して呼吸困難の症状に陥る。(その結果)呼気が体外に排出されず、肺の圧力が高まって肺に深刻な損傷が生じ、患者は死亡する。』洪教授の仮説は数回の実験や疫学調査を通じて立証された。

その何かとは「加湿器殺菌剤」であることが明らかになった。正確には殺菌剤に入った有毒物質である「PHMG(ポリヘキサメチレングアニジン)」が呼吸器を壊したと報告された。同年8月、ジルボンは「加湿器に入れた殺菌剤が肺の組織に傷を負わせた要因と推定される」と発表し、大型スーパーなどでの加湿器殺菌剤の販売を禁止した。

その時から再び5年が経った2016年の春。昨年10月から同事件を捜査し始めたソウル中央地方検察庁は先週から加湿器殺菌剤を製造·販売したオキシー・レキット・ベンキーザー(以下、オキシ― Oxy Reckitt Benckiser : 現RBコリア)ら会社関係者らを呼んで、業務上過失致死容疑について調査している。

被害者や遺族など110人余りが殺菌剤の製造会社を告発してから3年ぶりのことだ。しかし、主な被害者らの死亡から10年が経った今になって始めたためにまともな証拠が残っていないという点が問題視されているが、捜査関係者によると、この会社の元代表の身柄拘束もありうる、と報道されている。

このように検察が乗り出すと、被害者が一番多いオキシーは被害者たちに「申し訳ない」と頭を下げた。被害者と遺族のために100億ウォンを出したが、むしろ逆風を浴びている。余りにも遅すぎた謝罪のためだ。特に、加湿器殺菌剤のマーケットシェアが一番高かったオキシーは死亡・負傷の被害者も多いにもかかわらず、責任を取ろうとしない態度を見せて非難の対象となった。「黄砂・花粉・間接喫煙なども肺の損傷の原因になるかもしれない。加湿器殺菌剤は人々の死とは因果関係がない」という内容の報告書を検察に提出し、弁明していた。

また、殺菌剤の生殖毒性に関する研究を実施したソウル大学教授A氏に研究費のほかに、数千万ウォンの裏金を与えたことが明らかになった。そして多くの韓国人は、英国系企業であるオキシー製品の『不買運動』を開始した。

しかし全国的な不買運動が繰り広げられても、被害者と遺族の心にはしこりが残るはずだ。オキシーをはじめ他の製造販売会社(ロッテマート、ホームプラス、テスコ、イーマートなど)が、検察捜査の前に一言の謝罪もなく5年間この事件を放置したからだ。幹部らが検察に出頭するまで公式な謝罪の発表を引き延ばし、しぶしぶ開いた記者会見で頭を下げる企業の姿を市民団体は『謝罪のコスプレ』と呼び、問題視している。今後の刑事·民事裁判や賠償まで含め、この企業幹部らが心からの謝罪をするのかまだ疑問だ。生活用品に殺された人々の戦いはまだ終わらない。

(編集部注:レキット・ベンキーザーの幹部は5月2日、同社製の殺菌剤が原因で肺が損傷し死者を出した問題で、謝罪会見をソウル市内で開いた。同社が公に責任を認めるのは初めて。)

【参考】

◆会社別の被害状況(出処:ソウル中央地検)

オキシー・レキット・ベンキーザー     177名(内、死亡 70名)

ロッテマート                                                 41名(16名)

ホームプラス                                               28名(12名)

セピュー                                                       27名(14名)

 

◆韓国の加湿器殺菌剤とは?

加湿器の噴霧液に添加して加湿機噴霧液を殺菌する物質。これに含まれた毒性物質はPHMG、PGH、CMIT、MITなどだが、皮膚に毒性が他の殺菌剤に比べて5~10分の1程度に過ぎず、シャンプーとウェットティッシュなどに使用されるが、呼吸器でこれらの物質が吸入される場合に発生する毒性については2011年までに、きちんとした研究が実施されず被害を増幅させた。

現在PHMG、PGH成分は、有害性が確認された状態だ。 PHMG系列にオキシーサクサク(オキシー・レキット・ベンキーザー)、ワイジュルレク(ロッテマート)、ホームプラス(ホームプラス)があり、PGH系列にはセピュ(バタフライエフェクト)、そしてMCIT系列には、愛敬(エギョン)加湿器メート(エギョン)、イープラス(イーマート)などがある。

 

◆オキシー・レキット・ベンキーザー(Oxy Reckitt Benkiser)

英国系生活用品メーカーのレキット・ベンキーザーグループが2001年、東洋化学グループの系列会社であるオキシーの生活用品事業部を買収し、設立した会社。

 

*トップ画像:オキシー社「加湿器当番」。「加湿器の掃除を楽に、殺菌99.9%~子供にも安心」©イ・スミン


この記事を書いた人
イ・スミン韓国大手経済誌記者

2008年11月~ 2009年8月 一般企業(商社)勤務2009年2月  延世大学卒業2010年~   大手経済紙 記者

イ・スミン

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."