2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
国際  投稿日:2016/11/10

ニュースに惑わされない大統領選の見方 アメリカのリーダーどう決まる?その32

J161110ohara01
Pocket

大原ケイ(米国在住リテラリー・エージェント)

「アメリカ本音通信」

さて、いよいよ大統領選挙の日がやってきた。最後の「サプライズ」とされた、ヒラリー・クリントンのEメール追加調査の件は結局、ジェームズ・コミーFBI(連邦捜査局)長官が「起訴に値する有罪性はなかったとの見解は変わらない」と発表した。だが、FBI内に、ロシアのプーチン大統領と仲良くしたいと公言するドナルド・トランプに肩入れしている者がリークを厭わないという状況は、今後のコミーの立場を危うくするに値するだろう。

世論調査による全米支持率でもヒラリー・クリントン優勢は変わっていない。538の選挙人獲得数にどれだけの差をつけて勝てるかで、今後のアメリカの行方が左右されるだろう。

最後の土壇場で起きた選挙ニュースは次の通りだ。

・最後の最後でマイナスとなる発言を避けるために、トランプ陣営のスタッフは、彼からツイッターを取り上げた。

・ネバダ州での遊説中に、観客から「銃を持った人がいる」との声が上がり、シークレットサービスが、壇上のトランプを抱きかかえて舞台袖に引き揚げさせる一幕があった。結局、反トランプ派の共和党員がプラカードを掲げあげようとしただけで、銃はなかったことが判明した。この共和党員は多少手荒い扱いを受けた。トランプ支持者の中には、これはクリントン陣営による暗殺未遂事件!とまで騒ぐ輩も。

・期日前投票で、これまで投票率が比較的低かったラテン系の有権者の数が大幅に増えていることがわかった。これは今後のフロリダやネバダなどの州で共和党よりか民主党よりかといった「色」が変わっていくことを予測させる。

・結局トランプは納税記録を公開せずに選挙に臨む。さらに、ニューズウィーク誌が突き止めたところでは、彼が以前から「ウォートンというアイビーリーグの一流校でビジネスを学んだ」と自慢してきたものの、実際には親の口利きでフォーダム大学(地元ニューヨークの公立校)から転校し、2年間授業を取っただけで、ウォートン大のMBAを取得した事実はないという。

選挙開票は日本時間で水曜日の朝になるが、昼までに決着がつくものと目されている。注目すべきは以下の点だろう。

・アメリカでは東西で時差があるため、開票結果は東側の州から明らかになっていく。ニューヨーク、マサチューセッツ、ニュージャージー、コネチカットなどの州は開票早々、クリントン当確になるが、最北のニューハンプシャーだけは接戦になる。ここは最後まで赤青に揺れてきた地域で、選挙人数はたった4票だが、浮動票が最後の最後でどちらに流れるのかを占うという意味で重要な指針だ。

・ペンシルバニア州はフィラデルフィア周辺だけが真っ青(民主党寄り)で残りが真っ赤(共和党寄り)という特徴がある。都市部の非白人有権者がどのぐらい投票するかで全体が決まる。そのフィラデルフィアではちょうど公共輸送機関のストライキが行われていて、投票所への足が乱れると心配されていたが、前日までに解決、通常通りの出足が見込まれている。

・東側で、いや全国でいちばんの鍵を握るのは今年もフロリダだ。期日前投票でラテン系住民がクリントンに流れ、既に半分近くの有権者が投票を済ませている。だが、残りの開票でトランプがフロリダを取れなければ、他にいくつスイング・ステートを獲得しようとも過半数にならない。つまりフロリダが青に染まった時点でトランプの負けが決まる。

・アメリカの北東部が青、南部が赤、と決まっていく中で、西側で注目されるのが、ネバダ、アリゾナ、ユタの3州。ネバダはカジノ産業(つまりトランプが負債を出して逃げたビジネス)に従事する合法移民の票がクリントンに流れ、民主党が勝つと予測されている。

アリゾナは今まで共和党寄りだったが、州知事や保安官に反発する勢力に加え、最低賃金引き上げやマリファナ合法化の投票も同時に行われるので、リベラル寄りの有権者が増える可能性もある。面白いのはモルモン教徒が多いユタ州で、平年は頑固に共和党支持なのだが、反トランプの勢力が強く、第3候補に一票を投じる人が増えれば番狂わせの可能性もある。

Pocket

この記事を書いた人
大原ケイリテラリーエージェント

ニューヨークを拠点に日本の著書を欧米に売り込むべく孤軍奮闘するリテラリー・エージェント。ニューヨーク大学の学生だったときはタブロイド新聞の見出しを書くコピーライターを目指すも、今はバイリンガルで親爺ギャグを飛ばすに至る。

大原ケイ

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."