2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
国際  投稿日:2016/11/6

「オクトーバー・サプライズ」後もスキャンダル止まず アメリカのリーダーどう決まる? その31

think-1704831_640
Pocket

大原ケイ(米国在住リテラリー・エージェント)

「アメリカ本音通信」

108年ぶりにワールドシリーズ優勝を果たしたシカゴ・カブズ。地元イリノイ州だけでなく、(対戦相手のクリーブランドを除く)全米が心温まるニュースに沸き返ったのもつかの間、大統領選挙まで数日を残すこの時期になってもまだスキャンダルが相次ぐ。これもネット時代がなせる技か。

新たに見つかったクリントンのEメール問題。前回のコラムに書いた通り、FBIが追加調査を発表したEメールはクリントン自身のデバイスから発信されたものではない。「関連があるメールが含まれているかさえもわからないが、その可能性があるかもしれない」という不確かな段階で情報を公開したジェイムズ・コミーFBI長官に対し、民主党陣営は非難轟々。後日、彼は内部からのリークを恐れて先手を打ったことが明るみに出た。そして、トランプ陣営のルドルフ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長が、FBI内部の者から事前にこのことをリークされていたのをTV出演中に認めるという大胆不敵な行動に出た。

トランプ陣営のサポーターのスキャンダルとしては、共和党の大統領候補というライバルでありながら、副大統領の座を狙って味方についたものの、マイク・ペンスにその座を奪われ、今度は大統領就任準備委員会の委員長というポストを勝ち取ったニュージャージー州知事のクリス・クリスティー。だがトランプが大統領になったとしても、本人は裁判での証言で忙しいかもしれない。というのも、クリスティーの州知事再選を支持しなかった市長を懲らしめるためにマンハッタンへの重要な通勤ルートであるジョージ・ワシントン橋をわざと通行止めにして嫌がらせをしたカドで元側近2人が起訴され、有罪の判決を受けた。クリスティー知事は、自分には何も知らされていなかったと主張しているが、元部下は2人とも、通行止めの妨害のことをクリスティーが初めから承知していたと裁判中に証言している。

トランプ陣営は「選挙当日に公平な投票が行われているかどうか監視しよう」とボランティアを募集しているが、要するにこれは黒人やラテン系の投票者に対する嫌がらせや脅しであり、しかも共和党は1982年に同じような監視行動を行なった罰則として2017年まで選挙管理委員会の管理下にある。共和党委員会は「トランプ側の勝手な行動」としているが、民主党は既にこれを違反だといくつかの州で共和党を起訴済み。

共和党がさらに民主党に投票しがちなマイノリティーや高齢者の投票を妨げることを目的として、投票会場の数を減らしたり、過度に身分証明書の提示を求めたりする一連の措置は今週最高裁判所によって「憲法違反」とされ、各投票所で対応を強いられている。

トランプは、スロベニア出身のメラニア夫人が就労ビザなしにモデルの仕事をしたことはない、と主張してきたが、ビザの切り替えが済む前に10回もモデルの仕事をこなし、200万円相当を稼いだことをAP通信が突き止めた。他にも、トランプは投票日前にメラニア夫人が「何度かスピーチをする予定だ」と報道陣の前で言ってしまった手前、スピーチに駆り出されたが、彼女は「ファーストレディーになったら、SNSでのいじめから子どもたちを守る努力をしたい」とぶち上げ、早速「だったらまず自分の夫をなんとかしろ」と揶揄されている。

此の期に及んでまだ納税記録を公表していないトランプだが、90年代に今は違法となっている方法で、銀行に借入金を返さずに済んだ分を課税収入として申告せずに済ませたことをニューヨーク・タイムズが明らかにした。

「有名人だと女性を思うようにできる」と発言したのがバレた後も、次々と女性がトランプにセクハラを受けたと告白しているが、中でも当時13歳だった女性がレイプされたと起訴するとされているが、急にこの話がなかったものにされている。

全国的な一般支持率では5分5分の勝負のような印象を受けるが、州別の予想選挙人獲得数で見ると、クリントン優勢であることに変わりはない。選挙目前に数字が拮抗するのはよくある現象で、もう誰にもこの数字が最終的にどうなるのか、予測もつかなくなってきた。

Pocket

この記事を書いた人
大原ケイリテラリーエージェント

ニューヨークを拠点に日本の著書を欧米に売り込むべく孤軍奮闘するリテラリー・エージェント。ニューヨーク大学の学生だったときはタブロイド新聞の見出しを書くコピーライターを目指すも、今はバイリンガルで親爺ギャグを飛ばすに至る。

大原ケイ

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."