FIJ設立記念ファクトチェック・シンポジウム
.国際  投稿日:2018/4/7

米最大の情報機関トップに日系米人

Jb180407komoritop
Pocket

古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

「古森義久の内外透視 」

【まとめ】

国家安全保障局(NSA)トップに初の日系米人ナカソネ氏就任。

対米サイバー攻撃には積極果敢に反撃していく意向。

国家安全保障局などの役割は今後一段と重大になる。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれます。サイトによっては全て掲載されず写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=39357でお読みください。】

 

アメリカ政府の各種情報機関の中でも最大規模の国家安全保障局(NSANational Security Agencyの長官に日系米人ポール・ナカソネ陸軍中将が任命され、4月中の議会の承認も確実となった。その結果、日系人では初めての主要情報機関のトップとなるナカソネ氏は同時にいま重要性を増す米軍サイバー軍の司令官にも任命された。

JB180407komori01

▲写真 メリーランド州の国家安全保障局本部 出典 NSA

国家安全保障局はアメリカ政府の情報収集機関では中央情報局(CIACentral Intelligence Agency)を越える最大規模を誇る。首都ワシントン近郊のメリーランド州内の巨大な本部は全世界各地に拠点をおき、アメリカの安全保障にかかわる各国の情報を電子機器などを使って集める。国防総省の関連機関でもあり、その職員は3万数千人にのぼる。とくに潜在敵国の軍事関連情報を衛星偵察や通信傍受など機械的な方法で取得し、暗号をも解読し、分析する。

ナカソネ中将は大学卒業後の1986年にアメリカ陸軍に入り、インテリジェンス専門の職業軍人として活動してきた。イラクやアフガニスタンという戦闘地域での軍務経験もあり、とくにハイテク使用の電子やサイバーを駆使しての情報収集の経験を積んできた。その結果、2016年には陸軍のサイバー軍司令官に任命された。

JB180407komori02

▲写真 ポール・ナカソネ陸軍中将 出典 US Army

今回の人事ではナカソネ中将は国家安全保障局の長官職とともに、陸軍、海軍、空軍にそれぞれあるサイバー軍司令部を米軍全体として統括する米軍サイバー軍司令官をも兼任することを命じられた。

ナカソネ氏は今年3月の上院軍事委員会の公聴会で国家安全保障局長官としての抱負や適性を問われ、ロシアや北朝鮮の秘密動向の把握が重要な点を強調し、アメリカに対するサイバー攻撃にはとくに積極果敢に反撃したいという趣旨の発言をしていた。最終的な長官就任には上院の承認が必要だが、その可決は確実だという。

ナカソネ氏は中西部ミネソタ州生まれ、現在54歳、日系米人三世で、父親のエドウィン・ナカソネ氏はハワイ生まれの日系二世だった。エドウィン氏は第二次世界大戦の終結直前の1945年夏にアメリカ陸軍に入隊し、日本語を使う語学要員となった。だがまもなく戦争が終わり、1947年から2年ほど日本占領の総司令部の配属となった。その後も米陸軍での勤務を続け、大佐で退役した後は中西部の高校と大学で歴史を教える教員、教授となった。ポール・ナカソネ氏はこうした父の陸軍勤務を継いだわけだ。

日系米人の連邦政府閣僚級への登用はオバマ政権でのエリック・シンセキ陸軍大将の退役軍人省長官やクリントン政権でのノーマン・ミネタ元下院議員の商務長官という前例があるが、国家安全保障に直結する情報機関のトップという実例はナカソネ氏が初めてとなる。

JB180407komori03

▲写真 エリック・シンセキ氏 出典 US Department of Veterans Affairs

JB180407komori04

▲写真 ノーマン・ミネタ氏 出典 パブリックドメイン

とくに現在はロシアや中国、北朝鮮などのアメリカ敵視傾向が強くなり、国際情勢が緊迫しており、国家安全保障局などの役割はまた一段と重大になる。

トップ画像:ポール・ナカソネ陸軍中将 出典 U.S. Army Cyber Command

Pocket

この記事を書いた人
古森義久ジャーナリスト

産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。著書は「危うし!日本の命運」「中・韓『反日ロビー』の実像」「トランプは中国の膨張を許さない!」など多数。

古森義久

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."