無料会員募集中
.国際  投稿日:2021/2/27

保守主義の巨星リムボウ氏逝く


古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

「古森義久の内外透視」

【まとめ】

・保守派の論客、ラッシュ・リムボウ氏が2月17日死去した。

・バイデン大統領もリムボウ氏の政敵の民主党ながら弔意を表明。

・保守主義の思想を一般に広め、トランプ前大統領から「大統領自由勲章」も授与された。

 

アメリカの保守主義とはなにか。

この大きな命題への答えに向かっての私なりの模索では、ラッシュ・リムボウ氏の果たした役割は大きかった。リムボウ氏といえば、アメリカで長年、最大の聴取者を持つ超人気のラジオのトークショーの論客だった。

この30年以上、全米のあらゆるラジオの語りかけ番組ではナンバーワンの人気者だったのだ。

そのリムボウ氏が2月17日、肺癌で死去した。70歳だった。

リムボウ氏と親しかったドナルド・トランプ前大統領はすぐに追悼の声明を出し、

「彼はアメリカの保守主義の伝説だった。他者をもって代えがたい友人でもあった」と、述べた。

ジョージ・W・ブッシュ元大統領彼の主張に同意でも不同意でも、アメリカを愛し、アメリカの政治を変えた人物としてだれもが敬意を表するだろう」という声明を出した。

現職のジョセフ・バイデン大統領もリムボウ氏の政敵の民主党ながら報道官を通じて「アメリカ国民の多くに愛されたアメリカを愛した人物の死を悼む」という弔意を表明した。

私にとっては30数年前に二度目のワシントン特派員として赴任して、アメリカ政治に改めて触れたころの「教師」の一人がリムボウ氏だった。

私が初めてワシントンに居を定めた1976年はまだリベラリズムが政治理念の主流だった。戦後ずっと続いてきた民主党リベラル派の「大きな政府」や「社会福祉最優先」、対外的には融和志向の「国際協調」を柱とするイデオロギーがまだ多数派だった。連邦議会の上下両院も民主党が多数を占めてきた。

だが民主党リベラル派の最後の大統領ジミー・カーター氏は内政外交いずれも失敗の連続だった。1981年には共和党保守派のロナルド・レーガン大統領が登場した。アメリカの保守主義が初めて国政の主流派、多数派となった歴史的な転換だった。

▲写真 ロナルド・レーガン元米大統領(1998年) 出典:© Wally McNamee/CORBIS/Corbis via Getty Images

その保守主義の思想を一般大衆にきわめてわかりやすい形で広めたのがリムボウ氏だった。1988年から始めた全米向けのラジオの政治トークショー「ザ・ラッシュ・リムボウ・ショー」は空前の人気ラジオ番組となった。私も車の運転での職場への往来などで、よくその番組を聴いた。

以来、2020年までの32年間、この番組は最初は深夜だった時間帯を東部時間では正午から午後3時と、ラジオのゴールデンアワーへと広げていった。一回の時間も3時間にまで伸びた。聴取者が増え続けたからだ。

アメリカのメディアではラジオの地位は意外と高い。自動車の運転をしながら耳を傾けるという人がきわめて多いのだ。だからラジオの番組も多様多彩である。 

そんななかでこのリムボウ氏の番組はなんと30年もラジオでは全米第一位、週間の聴取者数が平均1500万を超えるという盛況だった。その第一位の人気はリムボウ氏が病気で倒れる昨年まで一貫して変わらなかったのだ。

リムボウ氏はリベラル派を批判するには毒舌だった。だがいつも独特のユーモアがあった。ニューヨーク・タイムズやCBSテレビというような主要メディアに対してはその偏向を指摘して、糾弾し、あざけり、茶化してきた。「リベラルでエリートの大メディアの傲慢を正す」というわけだ。

だから彼の敵は共産主義者、社会主義者、動物愛護過激主義者、好戦的菜食主義者などだった。「フェミナチ」という言葉も彼の造語であり、敵だった。ナチスのようなフェミニストという意味だった。いまの時代ならただちにポリティカル・コレクトネスの断罪を受けかねない言辞だった。

だがリムボウ氏はその種の攻撃を独特のユーモアとヒューマニズムでかわしてきた。基本的な立場は保守本流、資本主義や自由市場経済の原理、個人の自助努力の美徳を推進した。政府の規制の過剰やアメリカの伝統の否定には猛反対した。

リムボウ氏はやがて共和党全体、保守主義陣営全体でも強大な影響力を発揮するようになった。保守主義を信奉する大統領をはじめ、上下両院の議員たちまでがリムボウ氏の意見を尊重するようになったのだ。

トランプ大統領は2020年2月の議会合同会議での一般教書演説ではすでに病床にあったリムボウ氏を招き、その場で「大統領自由勲章」という最高の栄誉を与えたほどだった。

▲写真 大統領自由勲章を与えられ、メラニア・トランプ氏にメダルを授けられるリムボウ氏 出典:Mario Tama/Getty Images

リムボウ氏は最近は肺癌の末期と診断され、フロリダ州の自宅で静養していた。

日本ではアメリカ通とされる識者の多くはリベラル派への同調をみせているようだから、保守派の代表のリムボウ氏の知名度も評価もそれほど高くはないようだ。

だがリベラルと保守と、いずれの思想を好むにしても、リムボウ氏が近年のアメリカの保守主義の広まりに果たしてきた独特の役割は知っておくべきだろう。

 

***この記事は日本戦略研究フォーラムの古森義久氏の連載コラム「内外抗論」からの転載です。

トップ写真:ラッシュ・リムボウ氏 ミシガン州ノバイ2007年5月3日:「ラッシュリンボーとの夕べ」にて。 出典:Bill Pugliano/Getty Images




この記事を書いた人
古森義久ジャーナリスト

産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。著書は「ODA幻想」「韓国の奈落」「米中激突と日本の針路」「新型コロナウイルスが世界を滅ぼす」など多数。

古森義久

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."