[プロフィール]細川隆一郎


細川隆一郎-01プロフィール

細川(ほそかわ) 隆一郎(りゅういちろう) プロフィール

政治評論家

大正8(1919)年1月1日生まれ。熊本県出身。

昭和17年、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。

昭和17年、毎日新聞東京本社入社。

同年10月、入営。陸軍東部通信本部に配属(硫黄島へ出征)。

昭和20年9月1日、復職。

毎日新聞東京本社経済部、政治部記者として勤務。

昭和38年、神戸支局長着任。

昭和41年、東京本社政治部長。

佐藤内閣下で起きた政界黒い霧事件を受け、他社に先駆けてキャンペーンを展開。

政界汚職粛正のため、「日本政治への提言」を半年にわたり連載。

これにより、昭和42年、政治部として初めて新聞協会賞受賞。

昭和43年、東京本社編集局次長、

昭和45年、中部本社編集局次長を務めた後、

昭和48年、東京本社編集顧問。

昭和48年末、同社定年退職、以後、政治評論家となる。

昭和55年6月12日早朝、大平首相の死去を、文化放送の自らの番組内でいち早く放送したことにより、文化放送社長賞受賞。

昭和61年度 第6回 日本文芸大賞特別賞(「岸信介伝」時事通信社、「政界 ニューリーダー論」山手書房)

昭和61年度 ベストファザーイエローリボン賞受賞。

昭和63年度 (社)日本きものコンサルタント協会より和装文化賞受賞

平成21年8月25日、老衰にて死去。享年90歳。

【著書】

「岸信介伝」                   時事通信社 (1986年)

「政争 ニューリーダー論」             山手書房(1985年)

「吉田茂の人間秘話」              文化創作出版(1983年)

「細川隆一郎・中谷武世直言集・政治改革のすすめ」  山手書房(1983年)

「燃える政治の舞台裏・細川隆一郎直言対談集」    全貌社(1983年)

「図太く生きる男の本」               文化創作出版(1982年)

「細川隆一郎のかみなり人生指南」          講談社(1986年)

「頭のいい人悪い人がわかる本」           青春出版社(1986年)

「背骨を伸ばして」                 文化放送出版(1980年)

「細川隆一郎の健康一番」              日本テレビ出版(1981年)

*「細川隆一郎の健康一番②」             日本テレビ出版(1982年)

「細川隆一郎おんなを語り政治を叱る」        IN通信社(1988年)

「鈴木さん総理をすぐおやめなさい」         IN通信社(1982年)

「まかせてみては?土井連合政権に」         スコラ(1989年)

「オトコの復権」                  東急エージェンシー出版

「細川隆一郎の頑固一徹のススメ」       東急エージェンシー出版(1993年)

「笑って笑って大往生」               実業之日本社(1996年)

「総理の通信簿」                テラ・コーポレーション(1998年)

「怒りを忘れた日本人」               文化創作出版(2001年)

*「バチあたり日本はどこへゆく」(共著)    東急エージェンシー出版(1992年)

*「病める日本を癒す」(共著)             IN通信社(1996年)

 

【趣味】

早稲田大学空手部(主将)、日本舞踊岩井流名誉名取(岩井隆聖)、小唄(春日流)、

ゴルフ、スキー、水泳、アイスホッケー、野球等スポーツ全般。

【家族】

妻:細川春子(書道家:細川草風)、長男:細川隆三(テレビ朝日報道局勤務)、

長女:細川珠生(政治ジャーナリスト)、大叔父:細川隆元(政治評論家)、

細川護熙、園田直、近衛忠衛は細川一族一門。

 

 


copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."