[プロフィール]為末大

Pocket

gazou309為末大(だめすえ・だい)

  • 陸上競技400mハードル日本記録保持者
  • スポーツコメンテーター
  • タレント
  • 指導者
  • 株式会社R.project取締役

執筆記事はコチラ

 

1978年5月3日、広島県生まれ。身長170cm、体重66kg。

『侍ハードラー』の異名で知られ、未だに破られていない男子400mハードルの日本 記録保持者(2001年エドモントン世界選手権 47秒89)である。 2001年エドモントン世界選手権で、男子400mハードル日本人初となる銅メダルを獲 得。さらに、2005年ヘルシンキ世界選手権で初めて日本人が世界大会トラック種目 で2度メダルを獲得するという快挙を達成。オリンピックはシドニー、アテネ、北京の3 大会に出場。

2003年に大阪ガスを退社し、賞金で生活するプロに転向。2008年北京五輪後は、 その進退に注目が集まったが、「ボロボロになっても行けるところまで行ってみようと 決断した」と、現役続行を発表。膝の怪我に苦しみながらも、2009年に米国サンディ エゴに拠点を移した。2012年6月、大阪で行われた日本陸上競技選手権大会を最後 に25年間の現役生活に終止符を打った。

2007年東京の丸の内で「東京ストリート陸上」をプロデュース、陸上教室・イベントに 多数参加するなど、現役時代から陸上競技の普及に積極的に取り組んできた。 2011年8月には韓国テグで開催された「世界陸上」でTBSテレビ初の現役アスリート ゲストとして現場から大会の魅力や注目選手をレポートした。

2010年、アスリートの社会的自立を支援する「一般社団法人アスリート・ソサエティ」 を設立。現在、代表理事を務めている。さらに、2011年、地元広島で自身のランニン グクラブ「CHASKI(チャスキ)」を立ち上げ、子どもたちに運動と学習能力をアップす る陸上教室も開催している。また、東日本大震災発生直後、自身の公式サイトを通じ て「TEAM JAPAN」を立ち上げ、競技の枠を超えた多くのアスリートに参加を呼びか けるなど、幅広く活動している。 今後は「スポーツを通じて社会に貢献したい」と次なる目標に向かってスタートを切る。

Pocket

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."