2018年を占う
社会  投稿日:2015/3/30

[磯村かのん] 【「裸一貫」自分の特技を伸ばそう】~新・社会人へのメッセージ~

女性の背中。
Pocket

磯村かのん(ライター、通訳、ダンサー、起業家)

プロフィール執筆記事Website

私の好きな言葉は「裸一貫」です。社会に出たら肩書や資格は関係がなく、自分の体と知識で「何ができるか」という事が重要だからです。

私は戦争が起きて本当に「裸一貫」になっても、知識は失うことができないと考えるので、常に勉強を怠らないようにしています。ここまで極端に考えなくても良いと思うのですが、今回は「裸一貫」をテーマに新・社会人の皆さんに役立つと考えられる事柄をまとめてみました。

まず、「これだけは負けない」という何かを持ちましょう。「君は何ができるの?」と聞かれた時、みんなと同じ事しか出来ないと、「なーんだ、じゃあお前じゃなくていいじゃん」となってしまうので、「私にはこれが出来ます」と自信を持てる何かがあると、どこでも重宝されます。語学、IT技術、営業力、提案力、分析力など、何でも良いので自分の好きな事を継続して行い、特技を伸ばしましょう。

インターネットが普及し、何でも検索することができて頭でっかちになりがちな時代だからこそ、「何でも経験してみる」事をお薦めします。「百聞は一見に如かず」って本当です。やりたいなと思ったことはやってみて、馬鹿らしく思える事でも偏見を持たずに、一度経験してみると意外な発見や学びがあるはずです。

そして、「会社員は替えの利く歯車である」という事を理解し、常に自分のスキルを磨いておきましょう。大企業のCEOでさえ替えが利くのですから、全ての社員は交換可能なのです。能力が高くても会社都合でリストラされる場合があります。そのためには国内外の転職サイトで募集されている内容を参考にしたり、時代の流れを見ながら、求められているスキルを身に着けておくと社内外で重宝されます。

最後に、心または体が病気になったら何も出来なくなってしまうので、「無理ない程度に頑張る」ことをお薦めします。特に自分の思い込みで間違えた方向に頑張っては意味がありません。会社の方針と上司の意図を正しく理解して効率よく頑張りましょう。会社では頑張りが評価されるわけではなく、結果が重要なのです。

 

Pocket

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."