セミナー
.社会  投稿日:2014/9/23

[為末大学]【修羅場に強い人】~生死を分ける真のリーダーの存在~


為末大(スポーツコメンテーター・(株)R.project取締役)

執筆記事プロフィールWebsite

昨日、災害時の心理学の先生と会ったのだけれど、生死を分けるような局面では人間はパニックになるというよりむしろ動きが止まってしまって危険を避けられなくなるという話をされていた。特に正確な情報が得られない時に動ける人間は少ないと。

僕の知り合いに二人修羅場を経験した人がいる。お一人は飛行機墜落事故の際に航空会社にいた人。もう一人は震災の時の役所の方。お二人とも共通して言っていたのは、いざ修羅場になった時急にリーダーになる人間がいるという事。そしてそれは平時のリーダーシップとは違うという事。

確かに実感としてもわかる気がする。いざという時強い人間と弱い人間がスポーツの世界にもいて、そしてそれは生涯、少なくとも現役中は変わらなかったように思う。いざという時に動ける人間と動けない人間。リスクを取れる人間と取れない人間。

危険は現実だが恐れは物語だとウィルスミスが映画のなかで言った。物語から離れられる人間と、物語のなかを生きてしまう人間の違いだろうか。本当に怖い時、自分がどういう行動を取るのか僕も自分でよくわからない。

震災時、生き残った人が多かったエリアとそうでないエリアを分けると、逃げる事を促したリーダーがいたエリア、そういうリーダーがいなかったエリアできれいに分かれたらしい。修羅場に強いリーダーがコミュニティのなかにいたかどうか。

修羅場に強い人は、平時もリーダーなのだろうか。それともうだつの上がらない人が急変するのだろうか。生まれで決まるのか。それともトレーニング可能なのか。生き残る勘というものが実は何より大事なのではないかと思った。

【あわせて読みたい】

[為末大]人は得る事より、損失を回避したがる~“勝負強い選手”は勝負で負けようが勝とうが「自分には価値がある」という自己確信がある。

[為末大]みんな一つになれる、の功罪〜震災報道に見る「排他性」と「秩序」が共存する日本人の同質性

[安倍宏行]【現地リポート】何も変っていない被災地の現状〜東日本大震災・被災企業の復興の難しさ

[朝比奈一郎]リーダーシップとは「指導力」ではなく「始動力」〜「広さ」と「深さ」に向けた「始動」にエール


copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."