朝鮮半島情勢ー金正恩の真の狙いとはー
スポーツ  投稿日:2019/8/16

パフォーマンス理論 その29 人脈について


為末大(スポーツコメンテーター・(株)R.project取締役

 

 

【まとめ】

・アスリートは競技以外で損益を超えた信頼できる人をつくることが大事。

・心地いいことを言う人 ≠ 信頼できる人

・自分の人生に他者をいかにうまく巻き込めるかが鍵。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depth https://japan-indepth.jp/?p=47413のサイトでお読みください。】

 

 

アスリートは一体誰と知り合いになればいいのか。アスリートのセカンドキャリアを見ていると、うまくいかない選手には明らかに知り合いの偏りがあり、ほとんどが競技関係者で構成されている。一方で、誰とでも知り合いになればいいかというと、アスリートが触れている世界は一般社会とは違うことも多く、何も考えずにいると反社会勢力と繋がってしまう恐れもある。アスリートは純粋で社会に無知なことが多いから、どのあたりが常識のラインかを知らないことが多い。

結論から言うと、大事なことは競技以外の信用できる大人の知り合いを一人以上作ることだ。これに尽きる。そしてなんでもこの人に相談するといい。もちろんこの人にいろんなことを相談するので、間違えた人を選んだ場合大変なことになる。だから、様子を見ながら周囲の声を聴きながらゆっくりと決める。理想は二人以上だが、一人でも構わない。

全部を打ち明けると、こんなこともわからないのかとバカにされたり、すでにやってしまっている馬鹿げたことを知られて見放されないかと不安になるかもしれないが、なんでも勇気を持って喋った方がいい。何しろ隠せているのは自分だけで、相手がすでに見抜いていることも多い。また隠していいこともあまりない。相談をくりかえすと、前後の文脈を相手がわかってくれてアドバイスも正確になる。

間違えてはならないのは、心地よいことを言う人が信頼できる人ではないということだ。常にではなくてもいいが、言いづらいことを正面から言ってくれるかどうかは一つの基準になる。言いづらいことを相手に伝えてその人が得することは特にない。にも関わらず伝えてくれる人は信用できる。コツを言うとこちらに指摘する際に、友達が言っていたとかみんなが言っていたとかではなく、自分がこう思ったと言う人は信用できる。自分が思ったと言う文脈で語れる人は誠実な人が多い。

それを前提とした上で、私の経験からくる注意点をいくつか書いてみる。

大人になると楽しいことが多い。学生時代には知らなかったような楽しいことがたくさんあって驚く。異性にも出会いやすいし、飲み方も面白くなる。夜の会食の場で広がる人脈も少なくない。けれども、それと同じ時間に本を読むことも可能だし、資格の勉強をすることも可能だ。要は自分の人生の中で楽しむ会食をどの程度の比率にするのかをある程度決めておいた方がいい。全く外に出歩かなかった人のセカンドキャリアも大変だが、しょっちゅう出歩いていた人のセカンドキャリアもまた大変になる。蓄積された知識がないからだ。

もう一つ重要なのは、お願いの作法だ。アスリートはどうしても相手にお願いすることも多いし、またされることも多い。面白いもので、お願いされてそれに応えることで信用が構築できるのはわかるが、お願いすることで相手との関係が深まることもある。誰かの役に立つことは人に喜びと勇気をもたらす。もちろん筋がいいお願いでなければならないが、うまく頼れるといい。要は何かを目指しているアスリートの自分の人生というプロジェクトに他者をうまく巻き込めるかどうかだ。信用のできる相手と相談やお願いを繰り返すうちに、強いパイプができていく。

私はこれが下手くそで自分で全てやろうとしたために、成長も鈍化したし、プロジェクトもあまりうまくできなかった。自分の性質かもしれないし、陸上競技の癖かもしれない。

特にスポーツ選手はタニマチ的な存在や、スポンサーと無縁ではいられない。選手を連れていることを見せたい人もいるので、そういう人がスポンサーについた場合、一定付き合いを避けられない。行くところは、行きつけの飲み屋など、普段の仲間がいる場所が多い。特にそこにいったから何かをしなければならないわけでもないが、ただ、うなづきながらしばらくはいることになる。これはこれでどう振る舞うかの勉強になるが、あまり生産的なことではないので、一定以内に収めた方がいいだろう。

忘れてはいけないのは、相手から時間を取るということのコストの高さだ。これをしっかり意識している(かと言って遠慮しなくてもいいが)人と、そうではない人は相手の印象に大きな違いが出る。相手の時間を取ることに抵抗がない選手は、人が動くコストを安く見積もりがちだし、また会うというコストも低く見積もりがちだ。シンプルに言えば想像力がなく仕事ができなさそうだという印象を与える。時間をもらうということは常に相手が何かを支払っていることだというのを意識しておいた方がいい。

人付き合いはシンプルにいうと、相手がくれるものよりも多くのものを相手に提供することで活性化する。もちろん競技時代には競技に必死でそこまでは考えられないが、それでも少し想像するだけでも随分人脈は変わってくるだろう。もはや知り合いにはあまり大きな意味はない。繋がろうと思えばfacebookでもなんでも相手に連絡して繋がることができる。大事なのはいざという時に付き合ってくれるたった一人の損得を超えた信頼関係を築けるかどうかだ。セカンドキャリアに関しても、一人信頼できるメンターがいれば自ずと道は拓ける。

トップ画像)pixabay by Fptorech


この記事を書いた人
為末大スポーツコメンテーター・(株)R.project取締役

1978年5月3日、広島県生まれ。『侍ハードラー』の異名で知られ、未だに破られていない男子400mハードルの日本 記録保持者2005年ヘルシンキ世界選手権で初めて日本人が世界大会トラック種目 で2度メダルを獲得するという快挙を達成。オリンピックはシドニー、アテネ、北京の3 大会に出場。2010年、アスリートの社会的自立を支援する「一般社団法人アスリート・ソサエティ」 を設立。現在、代表理事を務めている。さらに、2011年、地元広島で自身のランニン グクラブ「CHASKI(チャスキ)」を立ち上げ、子どもたちに運動と学習能力をアップす る陸上教室も開催している。また、東日本大震災発生直後、自身の公式サイトを通じ て「TEAM JAPAN」を立ち上げ、競技の枠を超えた多くのアスリートに参加を呼びか けるなど、幅広く活動している。 今後は「スポーツを通じて社会に貢献したい」と次なる目標に向かってスタートを切る。

為末大

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."