無料会員募集中
.政治  投稿日:2020/3/18

令和時代の朝日新聞大研究 4  ヘイトスピーチ化


古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

「古森義久の内外透視」

 

 

【まとめ】

・朝日記者が安倍政権と支持者を「バカな野郎」と憎悪表現。

・朝日新聞は気に入らない相手には乱暴で汚い誹謗の言葉をぶつける。

・堕ちた朝日記事を誰も読んでいなかった。部数が落ちたなと寂寥感。

 

さて第二の朝日新聞の令和時代の特徴はヘイトスピーチ化傾向である。

 

この傾向は前述の紙面の劣悪化と一体でもある。朝日新聞が最近、一定の対象を攻撃する言葉には、明らかに「憎悪表現」として朝日自身が非難するヘイトスピーチと思える極端な表現が含まれるようになった。

 

実例は2019年9月18日朝刊オピニオン面の「多事泰論」というコラム記事だった。筆者は編集委員の高橋純子記者である。

 

高橋記者といえば、安倍政権憎し、安倍政権を倒すには公衆便所を詰まらせよとも、書いた異様な筆者でもある。だが朝日新聞はこの記者に紙面上の目立つスペースを与え、異様な内容の記事を定期的に書かせているのだ。

 

この記事で頻発されたのは「バカな野郎」というののしり、憎しみの言葉だった。

 

安倍政権は「バカな野郎」なのだという。安倍政権を支持する日本国民も「バカな野郎」ということだろう。その「バカな野郎」は日本を戦争に引きこんだ「戦犯の東条英樹元首相」らでもあるのだ。同じ「バカな野郎」の安倍政権は戦争をも引き起こすのだ――こんな趣旨の記事だった。

 

書き出しは以下だった。

 

 《どうして日本は戦争に負けたんですかね。もし勝っていれば今ご  ろ、青い目の人が丸まげ結って三味線弾いて……と冗談めかして語  る軍隊時代の部下に、主演の笠智衆は穏やかな笑みを浮かべて言   う。

 

 「けど、負けてよかったじゃないか」

 真顔になった部下が応じる。

 「そうですかね。うん、そうかもしれねえな。バカな野郎が威張らな くなっただけでもね」

 

小津安二郎監督の映画「秋刀魚(さんま)の味」(1962年)を見て、このセリフをかみしめながら、9月11日、内閣改造が行われた日の夜をやり過ごした。74年前、東条英機元首相が戦犯として逮捕される直前に自殺を図り、未遂に終わった日でもある。…》

 

安倍政権の内閣改造の日が東条元首相の自殺未遂の日と同じだというのだ。まず74年を隔てたこの2つの無関係な出来事を結びつける奇怪な連想が病みを感じさせる。

 

そして高橋記者はこの57年前の映画のなかのひとつのセリフ「バカな野郎」を取り出して、現在の安倍政権に以下のようにあてはめるのである。

 

 《バカな野郎が威張り出すと戦争になるのか、戦争になるとバカな野 郎が威張り出すのか。どちらにしても、バカな野郎と戦争が切っても 切れない仲なのは間違いない》

 

ここで「バカな野郎」は東条元首相から内閣改造をした安倍政権へと移っているのだ。 

 

高橋記者は次に「バカな野郎」として「竹島は戦争で取り戻すしかない」と発言した国会議員に話を移す。その議員が言い訳したことを取り上げ、「戦争発言の上塗りをした」と決めつける。そしてそこからまた安倍政権への攻撃に戻る。

 

 《おっと、愚臭につられてつい寄り道してしまった。上塗りの本丸は もちろん現政権である》

 

安倍政権とその支持者に浴びせる「バカな野郎」というのはどうみてもヘイトスピーチである。「特定の集団や個人をおとしめ、憎悪や怒りを生ませる言葉」というヘイトスピーチの定義にぴたりと合致するのだ。「戦犯」を安倍首相や安倍政権と重ねて、その共通点は「バカな野郎」だとするのである。

 

高橋記者はさらに安倍政権の内閣改造で萩生田光一氏が文部科学相になったことを理屈にもならない屁理屈で攻撃して次のように書いていた。

 

 《浜の真砂は尽きるとも世にバカな野郎の種は尽きまじ》

 

とにかく日本国民が民主的な選挙で選んだ安倍政権もこの記者によると「バカな野郎」となる。

 

「バカ」の意味は明白だろう。愚か、無知、阿呆、役立たず。そして「野郎」はもちろん男性に対するののしりの言葉である。この言葉は朝日新聞が他者の言葉狩りでよく使うレッテルの「ヘイトスピーチ」に相当する。

▲写真 第4次安倍第2次改造内閣(2019年9月11日撮影)

出典:首相官邸ホームページ

 

朝日新聞社刊の百科事典ふう「知恵蔵」によると、ヘイトスピーチ(憎悪表現)とは「主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるものを誹謗・中傷、貶す、差別する言葉」を指すという。安倍政権の支持者を「バカな野郎」とけなすのは「思想」が理由だろう。

 

安倍政権側が朝日新聞記者や野党の支持者たちを「バカな野郎」と呼んだらどうだろうか。朝日新聞が即座に「ヘイトスピーチ」だとして糾弾するだろう。だが朝日新聞は自分たちが気に入らない相手にはそんな乱暴で汚い誹謗の言葉を平気でぶつけるのである。

 

朝日新聞もここまで堕ちると、自暴自棄、支離滅裂のデマゴーグの政治ビラのようにみえてくる。

 

さてこんなひどい「バカな野郎」というののしりの記事が出た後の数日、東京で接触した人たちから感想を聞こうと試みた。ところがその10数人の相手のなかには、この記事を読んだ人が1人もいなかった。話題にできないのである。

 

ということは、朝日新聞を読んでいる人が私の接触の範囲内では皆無だったということだった。ちょっとがっかりだった。朝日に目を通す人はもうここまで少なくなったのか、と変な意味での寂しさを覚えたのだった。

 

(5につづく。1、2、3)

 

**この連載は月刊雑誌WILLの2020年3月号に掲載された古森義久氏の「朝日新聞という病」という題の論文を一部、加筆、修正した記事です。

 

▲トップ写真 朝日新聞大阪本社(2014年8月24日撮影)

出典: flickr; Kanesue

 


この記事を書いた人
古森義久ジャーナリスト

産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。著書は「危うし!日本の命運」「中・韓『反日ロビー』の実像」「トランプは中国の膨張を許さない!」など多数。

古森義久

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."