セミナー
.社会  投稿日:2020/6/11

奇妙なり、「東京アラート」


古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

「古森義久の内外透視」

【まとめ】

・なぜ分かり易い「警報」ではなく、「アラート」を使うのか。

・自然に行動起こせる都民いるのか。米女性「東京ネズミの事?」

・米国でも惨劇。相手に通じない「警告」は逆に危険生じさせる。

 

中国発の新型コロナウイルス大感染の東京にいると、連日連夜、「東京アラート」という言葉にさらされる。そのおおまかな意味はふつうの日本国民、あるいは東京都民ならもう知っている。だがそれでも抵抗を禁じえない。なぜ「警報」という、わかりやすい日本語を使わないのか。

私はアメリカで暮らした年月が長い。新聞記者として首都ワシントンで通算30年ほども過ごしてきた。いまもワシントンが勤務地である。だから英語の環境のなかで暮らしてきた。英語にもなじみが深い。親近感もある。だがこの「東京アラート」という英語の使い方には、なんとも気持ちの悪い忌避を覚える。

「アラート」の原語はもちろん英語の「alert」 だろう。一般に「警報」「注意報」「警告」という意味である。だから「アラート」とは人間に一定の行動をとることを指示するメッセージだといえる。たとえば、「動け」「止まれ」「気をつけろ」という、相手に対して肉体的、心理的な新たな反応を求める言葉である。だからその言葉は相手の肉体や精神に瞬時に、自然に伝わらねばならない。

戦場で戦闘集団の1人が敵の狙撃の姿勢をみて、仲間に「伏せろ」という警報を送ることがアラートに等しい。あるいは火事が起きる。津波が押し寄せる。そんな危機に「避難せよ」「逃げろ」と相手に肉体的な行動を求めることもアラートだろう。だからその警告の伝達は受ける相手に一瞬にして認知される自然の信号でなければならない。

日本人が英語で「evacuate(避難せよ)」とか、「run away(逃げろ)」といきなり告げられても、そのとおり瞬時には肉体は動かないだろう。「alert」という言葉にも日本語にすれば、そんな欠陥があるわけだ。自分の言葉、自国の用語ではない表現にはそんな瞬時の効果は期待できない。警告がすぐに伝われなければ、当然、危険が生まれる。

▲画像 小池百合子・東京都知事の記者会見(2020年6月5日) 出典: 東京都ホームページ

アメリカ南部のルイジアナ州バトンルージュという街で1992年10月にそんな悲劇が起きた。日本人の留学生がハロウィーンのパーティーに行こうとして、誤った家の構内に入ってししまった。家の主が不審者だと思い、銃を持って、玄関の外に出て、声をかけた。Freezeという言葉だった。「動くな」という意味だった。ふつうのアメリカ人であればだれでもわかる切迫した警告の言葉だった。すぐその場でそのまま止まれ、一切、動くな、という意味である。

ところがその日本人留学生は明らかに「freeze」 の意味がわからず、そのまま玄関へと前進していった。だから家の主は危険を感じ、銃を撃った。その結果、留学生は死んでしまった。

私は「アラート」という言葉からこんな事件までも思い出してしまうのだ。相手に通じない警告という意味あいで、である。

▲画像 バトンルージュ留学生射殺事件後、銃規制運動を展開する会のホームページより 出典: YOSHIの会(画 / 藤尾梨恵)

日本に数年、住むアメリカ人女性から「アラートって、なんですか」と最近、問われた。周知のように、日本語のラリルレロは英語のLともRとも受け取れる。だから英語のネーティブ・スピーカーでも、いきなりアラートという日本語表記をみても、元の英語に結びつかないのだ。

私がアメリカの大学に留学していたころ、日本の文化祭があり、和楽器の尺八が登場した。まだ英語が苦手だった私の日本人の友人がアメリカ人学生から問われ、辞書で調べたのか、尺八のことを英語で「バンブー・フルート」だと説明した。Bamboo fluteつまり竹の笛という意味である。

ところがその言葉を聞いたアメリカ人がけげんな表情をしたままだった。その人の耳にはバンブー・フルートはBamboo fruitと響いたのだった。つまり竹の果物とはいったいなんだろう、といぶかったわけだ。誤解の原因は私の日本人の友人の英語の発音にあったのである。それほど日本語でのラリルレロと英語のLとRの区別は日本人には難しいということだ。

アラートという日本語の意味がわからないともらした前記のアメリカ人女性は冗談ではなく、「ひょっとして東京のネズミということかしら」とつぶやいたので、笑ってしまった。

日本語のカタカナのアラートは彼女の耳には一瞬、a rat.つまり一匹のネズミとも聞こえたのだいう。東京アラートとは東京のネズミのことか、という笑い話となったのだが。

ことほど東京アラートという用語は不自然なのである。アラートという日本語を聞いて、すぐに警報として自然に行動を起こせる東京都民がどれほどいるのかと、まじめに考えてしまう。

トップ写真:新型コロナウイルスの感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート」発動に伴い、赤色にライトアップされたレインボーブリッジ(左)と東京都庁舎(右)(2020年6月2日) 出典:東京都庁広報課ツイッター


この記事を書いた人
古森義久ジャーナリスト

産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。著書は「ODA幻想」「韓国の奈落」「米中激突と日本の針路」「新型コロナウイルスが世界を滅ぼす」など多数。

古森義久

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."