2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
経済  投稿日:2015/12/22

[神津多可思]【事態が進展する機運が生まれる】~特集「2016年を占う!」日本経済~

151222kozu02
Pocket

神津多可思(リコー経済社会研究所 主席研究員)

「神津多可思の金融経済を読む」

執筆記事プロフィールWebsite

1年ほど前、乙未(きのとひつじ)の2015年は、せっかく展望がひらけてきたのに、さまざまな障害が出て、すっと前に進めない。必ずしも順風満帆というイメージではないというようなことを書いた。
2014年4月、8%への消費税増税が実施され、日本経済にとっては当初の予想を超える大きな負担となった。それでも景気拡大のモメンタムは途切れていない。「2年で2%のインフレ」は実現できていないが、これもまたその道筋が途絶えているわけではない。残っている課題は、財政再建のビジョンがなおはっきりせず、かつ政策としての優先順位が上がらないことだ。財政再建を急がなくても、当面何か不都合があると考えられていないことがその背景にある。さらに、高齢化が進む中で経済を活性化させるための諸制度の改革もなかなか進まない。

2016年は丙申(ひのえさる)の年だ。「丙」は、一が囲いの中に入るというかたちの字であり、本来は陽気がぐっと伸びることを示すという。また、「ひのえ」と読むことからも分かるように、火の意味も持っているとされる。したがって、物事がさらに進み、拡がっていく年とみることができるようだ。また「申」は、「伸」という字にも入っているように、さらに伸びていくことを表すらしい。両者を合わせれば、来年こそは成果が顕れてくるのではと期待してしまう。

緩やかな経済成長が続き、物価も次第に安定的なマイルド・インフレに落ち着き、その中で制度改革の効果が出て、財政再建に向けた動きもみえてくる。ぜひ、そういう年になってほしいものだ。ただ、それは黙っていて実現するはずもない。ことが前に進むというのは、必ずしも良い方向にばかりではない。長い目でみると悪い岐路に入り込む契機はここかしこにある。事態が進展する気運が生まれる時にこそ、一つ一つの正しい判断が重要だ。

2015年の試行錯誤の中で次第に明らかになってきたことの1つは、経済成長率もインフレ率も、当初の期待よりゆっくりしか動かないということではないか。これは、どの先進国にも当てはまる。その理由については、依然、さまざまな見方があるが、いずれにせよ現実はそのようだ。

理(ことわり)の論からすれば、政(まつりごと)の策が足りないからだとの主張もできよう。しかし、歴史を振り返れば、良策は常に理で説明できるものばかりではない。2016年、ことが前に進むのであればますます良策が求められる。無理をして短期的に成長率を高めたりインフレ率を高めたりすることが、本当により長い目でみた日本経済のためになるのか。その視点を忘れてはなるまい。

反対に、今が大丈夫だからこれからも大丈夫という、根拠なき楽観もまた、策を考えるに当たっては慎むべきものだ。現在の財政赤字は、90年代初のバブル崩壊後、四半世紀にわたって積み上がってきた。これからまだ高齢化が進むことを考えると、問題解決にそれ以上の時間がかかるのも仕方がない。市場経済や民主主義のメカニズムの下で、そうした長い時間がかかる事柄について正しい決定を下すには、難しい面もあるが、私達にはそれ以外の意思決定メカニズムはない。どううまくさばくか、社会としての智慧が求められている。

とくに、2%のインフレに進んでいくのであれば、その下で1%未満の長期金利がいつまでも維持可能なはずはない。長期金利上昇を飲み込めるような備えが、歳出予算の面でも、金融システムの面でも必要だ。それらが不十分だと、長期金利がオーバーシュートするリスクも高くなる。そして何にも増して重要なのは、現在、将来世代から前借をしている所得をどのように返済し、少しでも良い社会を次の世代に引き継ぐかというビジョンだ。

私達に残された時間がどのくらいあるのか、それは分からない。しかしことが前に進むとされる丙申(ひのえさる)の新しい年であるからこそ、長い目でみてという基本に立ち帰って、正しい判断を心掛けたいものだ。

Pocket

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."