.国際  投稿日:2016/11/18

トランプ氏政権移行チーム混乱 どこに向かう?アメリカ その1

J161118ohara01
Pocket

大原ケイ(米国在住リテラリー・エージェント)

「アメリカ本音通信」

大統領選挙は驚きの結果に終わった。なぜそうなったのか、投票結果のデモグラフィックを分析したところ、予想外だったのは以下の点だ。

ヒラリー・クリントンの白人女性票が伸びなかった。

・黒人、ラティーノの登録済み有権者の出足が悪かった。

・2000年のジョージ・ブッシュ対アル・ゴア大統領選と同じ、総数で獲得した票が上回った方ではなく、選挙人数を多く獲得した候補が勝った。

マスコミや世論調査団体の事前調査でなぜ、結果が予測できなかったのか。色々言われているが、結局のところ、トランプに一票を入れることが「やましい」ため、調査に応じない、あるいは自分の意思と異なることを答える有権者が多くいたということだろう。

選挙キャンペーン中に差別発言を繰り返してきたトランプが、ホワイトハウスに入ったら「まともな」大統領になるという考え方は甘い。既に選挙結果が明らかになってから1週間以上経つが、内輪揉め、さらなる癒着の表面化で移行準備すら進んでいない。

準備委員会を率いていくはずだったクリス・クリスティーがさっそく先週末に粛清の憂き目を見た。共和党の予備選ではライバルとして罵り合いもあったが、クリスティーはいち早くトランプ支持に回り、副大統領や首席補佐官の座を狙っているとされていたが、実はトランプの娘婿であるジャレッド・クッシュナーとの古い確執があることを日本のマスコミは伝えていないようだ。

クリスティーがニュージャージー州の司法長官だった時代に、トランプのような不動産王だったジャレッドの父、チャールズ・クッシュナーを違法政治献金、脱税などの容疑で1年間投獄したことがあり、真田家よろしく息子がクリスティーに一矢報いたことになる。ところが、クリスティーは既に移行準備委員長として機密保持などの書類に署名しており、それが白紙に戻ったことでオバマ政権は手助けをするにもその相手がいないという状態になっている。

こんな調子なので内閣や参謀の重要なポジションも埋まらない。もともと政治家や軍人としてのキャリアが全くないトランプには、すぐにスタッフとしてホワイトハウスで働けるような人材もコネもない。例えば、財務長官にならないかとJPモルガン・チェース銀行のジェームズ・ダイモン頭取にアプローチして断られたという噂が飛んでいる。仕方なく、2人の(ドラ)息子たちや娘やそのビジネスパートナーを駆り出そうにも、それでは任期中にビジネスが立ちいかなくなれば、「大統領の仕事を無償でやる」などと言っていられる状態ではなくなるだろう。

そして大統領選挙中にも、共和党の主流派やお茶会派とのいざこざがあり、共和党は上下議会で過半数をとったにしても、これから実行しようとする全ての政策において駆け引きやバトルが続くだろう。選挙の後半を支えてくれた、ブライトバート・メディアのスティーブ・バノンを重鎮に起用したいが、彼は白人至上主義者と指摘され、既に非難轟々で使えない。

イスラム教徒、ラティーノ、捕虜となった元軍人、黒人、女性…白人男性以外の多くのデモグラフィックの者に対し、差別発言を繰り返してきた男が大統領になるのだから、国民の差別行為が許されると思ってしまうのも当たり前で、全国各地でマイノリティーに対するヘイトクライムが急激に増加している。「クリントンのサポーターもトランプ支持者に暴力を振るった」と言えば帳消しになるような数でも、質でもない蛮行が繰り返されている。

トランプが篭るニューヨークの金ピカ高層ビル「トランプ・タワー」の前だけではなく、全米の大都市から小さな街でまでデモが起きた。デモが収まれば、彼らは2年後の中間選挙に向けた本格的な巻き返しを始めるだろう。

トランプ政権がどのようなものになるのか、おそらく本人にもわからない。彼が「こんなはずじゃなかった」と思っていたとしても、一切の責任は彼にある。

Pocket

この記事を書いた人
大原ケイリテラリーエージェント

ニューヨークを拠点に日本の著書を欧米に売り込むべく孤軍奮闘するリテラリー・エージェント。ニューヨーク大学の学生だったときはタブロイド新聞の見出しを書くコピーライターを目指すも、今はバイリンガルで親爺ギャグを飛ばすに至る。

大原ケイ

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."