2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
政治  投稿日:2016/11/27

日本農業の比較優位実現せよ 石破茂衆議院議員

IMG_0339
Pocket

「細川珠生のモーニングトーク」2016年11月19日放送

細川珠生(政治ジャーナリスト)

Japan In-depth 編集部(山本みずき)

トランプ氏がアメリカ大統領選挙で勝利を収めた翌週、大統領就任前にも関わらず早々に非公式会談を実現させた安倍首相。今回は自民党の石破茂前地方創生担当相をゲストに迎え、アメリカ大統領選挙、そしてその結果が日本に与える影響について話を聞いた。

まず、トランプが当選したことについて、石破氏は、「あんまり馬鹿にしたものじゃない」と述べた。その理由として、アメリカの大統領選は、一年以上の長きに亘り続くもので、日本とは異なり、候補者の政策や人柄は国民のあいだにも広く認知され、有権者は、なにも知らずに投票しているわけではなく、むしろ彼の掲げる政策や人となりをある程度理解した上でトランプ氏を次期大統領に選んだのであり、この潮流は決して一時的なブームではない、と分析した。

今後トランプ氏がどのような政治を行うのか、世界が注目している。それについて石破氏は、トランプ氏は自らの支持層である白人の非エリート層など、特定の層にだけうけ受けるような政策をとるのではなく、貧富の差に苦しむ人々の不満を解消するための政策を実行するのではないか、と述べた。

日本では、アベノミクスが進められて4年の歳月が経っても、ミドルクラスの経済的負担はなかなか軽減しない。こうした状況が続けば、どこかの段階で国民の不満が爆発するのではないか、との見方を細川氏は示した。それに対して石破氏は、「大胆な金融緩和というのは、円は安くなり株価は上がり一時的には効くが、根本的な原因は治らない」と金融政策の限界を指摘するとともに、中間層の不満が増幅してくる可能性は日本でも起こりうる、と指摘した。

さらに細川氏はトランプ氏はTPPに消極的であり、発効自体が遅れる可能性も否めない、と指摘。そのような状況において、日本がこれほど迅速に法案審議を進める意義とは一体何なのか、と述べた。それに対し石破氏は、「アメリカが参加しなければTPPは発効しない。アメリカ抜きのTPPを模索するのかどうかもわからない。」と述べた上で、「他の国も、大反対を押し切って条約を批准し、あるいは、条約を承認した。日本はこれから人口が急減するという問題を抱え、どうやって国内の産業を維持していくかについて考えたときに、農産品が比較優位を獲得することは絶対に必要なことだと思う。」と述べ、TPP参加の意義はある、との考えを示した。

とはいうものの、TPPに加盟し、関税が下がれば必然的に競争は激しさを増す。だからこそ農業に従事する人々がTPPに反対するのは当然と言える。農林水産大臣まで務めた石破氏は、彼らの気持ちをどのように受け止めているのか。

「外国から安い農産品がどんどん入ってきて大変だという話ですが、実は野菜も果物もほとんど関税はゼロなわけです。」と、石破氏は指摘した。同じ「モノづくり」のなかで、なぜ自動車は世界に売れて、農産品は売れないのか。このことについて石破氏は、「昭和30年代にトヨタの車をアメリカに売るときに、トヨタの社員やセールスマンがどれほど血の滲むような努力をしてきたか」「農産品を海外に売るのにそういう努力を本当にしているのか」と農業がこれまで海外に販路を求めてこなかったことを批判した。同時に、それは零細企業の生産者の責任ではなく、本来、政府や農業団体がすべきことだったという点も強調した。

農業は天候に左右される。農産品の生産を安定させるためには新たな視点が必要だろう。又、後継者の問題も見逃せない点である。アメリカがTPPに参加するかどうか不確実な中で、石破氏はこう述べた。「新しい人が参入できるような魅力的な産業になっていくという意味で、TPPが一つのきっかけになればいいなと願っている。」要は、日本の農業の比較優位を、他力本願でなく自らの手で実現するための知恵を絞ろう、ということだろう。

この原稿は、ラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」(20161119日放送分)の要約です。

「細川珠生のモーニングトーク」

ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分

ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php
細川珠生公式HP http://www.cheering.net/tamao/#
細川珠生ブログ  http://tamao-hosokawa.kireiblog.excite.co.jp/

トップ画像:©Japan In-depth 編集部

 

Pocket

この記事を書いた人
細川珠生政治ジャーナリスト

1991年聖心女子大学卒。米・ペパーダイン大学政治学部留学。1995年「娘のいいぶん~ガンコ親父にうまく育てられる法」で第15回日本文芸大賞女流文学新人賞受賞。「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本、毎土7時5分)は現在放送20年目。2004年~2011年まで品川区教育委員。文部科学省、国土交通省、警察庁等の審議会等委員を歴任。星槎大学非常勤講師(現代政治論)。著書「自治体の挑戦」他多数。日本舞踊岩井流師範。熊本藩主・細川家の末裔。カトリック信者で洗礼名はガラシャ。政治評論家・故・細川隆一郎は父、故・細川隆元は大叔父。

細川珠生

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."