2017年を占う
.国際  投稿日:2016/12/8

革命による世紀の悲劇 共産党は裏切る ベトナム戦争の教訓 その3

161206komoritop
Pocket

古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)

「古森義久の内外透視」

最後に登場したズオン・バン・ミン政権は南ベトナム政権やアメリカに対しては批判的な人物たちがほとんどだった。だが大多数は非共産主義者である。それでも解放勢力にとっては「連合」や「統一」あるいは「民族和解」の仲間であるはずだった。だがその解放勢力は戦争の勝利を目前にして初めて「共産主義」への同調が不可欠だという本音を宣言したのだ。そして文字通り、一切の交渉に応じず、降伏にも応じず、南ベトナムの政権と国家自体を完全に粉砕したのである。

北ベトナムの大部隊は四方八方から首都サイゴンに突入し、大統領官邸を占拠した。官邸内で待機したミン大統領はじめ閣僚たちは北ベトナム軍の将兵に罪人のように拘束され、連行された。私もその歴史の舞台の官邸内に入り、ミン政権の幹部たちが留まる一室を白いカーテン越しに目撃した。私はその後も南ベトナムに半年近く滞在して、「連合」や「統一」の冷酷な結末をみた。

北ベトナム側の勝利の大集会で南での長年の闘争の最高指導者として紹介されたのは解放戦線や革命政府の代表ではなく、ベトナム共産党政治局員のファム・フンだった。闘争の主役だったはずの解放戦線や革命政府の代表たちは勝利後まったく正面舞台には登場せず、その後の南北統一でも姿を消して、共産党一党独裁の態勢が築かれていった。

北ベトナム人民軍参謀総長のバン・チエン・ズンらは南での武力闘争は最初から最後までベトナム共産党が推進したと宣言し、勝利の花束をホー・チ・ミン主席とマルクス・レーニン主義と国際共産主義運動に捧げるとうたった。

戦争中に南ベトナム政府やアメリカに抗議し、解放戦線からも歓迎されていたカトリック教徒、仏教徒、民族派など非共産主義の野党的勢力はすべて共産党の新政権下では排除され、弾圧さえ受けるようになった。共産党にとっての「連合」や「統一」のパートナーたちは勝利後は無惨に排除されたのだ。

ベトナム共産党は闘争中は政治理念を異にする勢力とも手を組んだが、完全に勝利した後はその仲間をも仮借なく切り捨てていったのである。最大の基準は共産主義に同調するか否かだった。そして勝利後は共産主義の教理を全面に押し出す革命を進めたのだ。

戦争中の「南ベトナムの人民が政治信念にかかわりなく民族の解放を目指す」という主張を真の主役の共産党自身が「あれは闘争のためのウソだったのだ」と堂々と宣言し、高笑いをする、という結果に終わったのである。

ベトナム戦争は民族独立運動と共産主義革命の両方だった。その主役のベトナム共産党は長い闘争期間中、他の勢力を引き込むために自己の存在を薄め、民族独立という側面だけを強調した。共産主義という側面を徹底して隠した。だが現実には植民地支配を倒す闘争も共産主義というイデオロギーの裏打ちがあってこそ意義があるという基本理念だったのだ。日本の大多数の識者もメディアもベトナム戦争のこの両輪にうち民族独立だけをみて、共産革命の実態をみなかったといえよう。

サイゴン陥落で解放されたはずの南ベトナムからその後、数百万もの住民が小さな舟を荒海に乗り出し、国外脱出を図った。20年近くも続いたボートピープルという世紀の悲劇だった。容赦のない共産主義革命の結果である。

私は共産主義政党との非共産主義勢力との連携にはこのような前例があることの認知もいまの日本の政治認識には有意義だと感じてしまう。共産党との「連合」や「統一」にはこんな歴史の教訓もあったのだ。

もちろん20世紀のベトナムでの闘争と21世紀の日本での政治競合と、違いは大きいが、当時も現在も変わらない共産主義の教義という共通項を基点にした歴史的な考察はささやかでも意味があるだろう。そんな観点からのベトナム戦争体験の回顧である。(了)

その1その2、全3回。この記事は雑誌「歴史通」2016年11月号に掲載された「共産党は裏切る ベトナム戦争の教訓」の転載です。)

Pocket

この記事を書いた人
古森義久ジャーナリスト・麗澤大学特別教授

産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。著書は「アメリカがいつまでも守ってくれると思うなよ」「危うし!日本の命運」「中・韓『反日ロビー』の実像」など多数。

古森義久

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."