2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
国際  投稿日:2017/5/23

イスラム世界との和解遠し トランプ中東訪問

JB170523miyaketop
Pocket

宮家邦彦(立命館大学 客員教授・外交政策研究所代表)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー 2017#21(2017年5月22-28日)

【まとめ】

トランプ、サウジ訪問でイスラムを刺激する発言連発。

・トランプの欧州デビューにロシアゲートの影。

北朝鮮、いずれ核実験行うと予測。

 

日本では北朝鮮のミサイル発射がビッグニュースだが、今週筆者が最も気になったのは初外遊の最初の訪問国サウジアラビアでのトランプ氏の演説だ。聴衆はアラブ・イスラム諸国首脳たち。大統領選中あれだけ反イスラム発言を繰り返したトランプ氏にはイスラムとの和解を図る数少ない機会となるはずだった。

確かにスピーチの始まりは悪くない。

“We are not here to lecture. We are not here to tell other people how to live, what to do, who to be or how to worship. Instead, we are here to offer partnership, based on shared interests and values.”

イスラムに対し教訓を垂れるつもりはない、との姿勢は評価できた。

これは宗教の戦いでも文明の戦いでもない。善と悪との闘いなのだ。

“This is not a battle between different faiths, different sects or different civilizations… This is a battle between good and evil.”

スピーチライターもそれなりに頑張って書いたのだろう。ここまで、トランプ氏にしては、何とか合格点だった。

ところがその後は駄目だ。事前の打ち合わせでは、多くのムスリムが忌み嫌う「イスラム過激テロ “radical Islamic terrorism”」なる言葉ではなく、「イスラム主義過激派 “Islamist extremists”」を使う筈だったのだが、結局トランプ氏は何度かIslamistの代わりにIslamicを使ってしまったようだ。

まあ、トランプ氏が英語で何を言ってもアラビア語訳は同じだろう。だが、続いてトランプ氏は「イスラム主義過激派を地上から抹殺せよ」と吠えた。 

Drive them out of your places of worship. Drive them out of your holy land. And drive them out of this Earth.”

レクチャーなどしないはずだったのに、だ。

やはりトランプ氏のような人物に外交上の微妙なニュアンスの違いを理解させることは至難の業のようだ。今週はサウジアラビアの後、イスラエル、バチカン、ブラッセル、イタリアを訪問するらしいが、とにかくサプライズなく無難な結果に終わるよう祈るしかない。

 

〇欧州・ロシア

今週は25日に米大統領のブラッセル訪問でNATO首脳会議と米EU首脳会議が、26-27日にはイタリアでG7首脳会議がある。トランプ氏にとっては欧州デビューというところだが、肝心の対ロシア政策について欧米の腰が定まっていない。ワシントンではロシアゲートで大騒ぎだが、そんなことでNATOは大丈夫か。気になるところだ。

 

〇東アジア・大洋州

今週のもう一つの注目点は北朝鮮の中距離ミサイル発射だ。金正恩氏は大喜びで、このミサイルを量産すべしと命じたそうだが、逆に言えば、他のミサイルは皆まだプロトタイプということだろう。日本を射程距離内に置くこの移動式発射台からcold launchできる弾道ミサイル、核弾頭の完成度が気になる。

問題はこれで中国が本気になるかどうかだが、筆者の見立ては「否 not yetである。北朝鮮の動きを見ると、米中が強硬策を取れないぎりぎりの範囲内で最大の効果を得るような方法を巧みに組み合わせている気がする。中国も生命維持装置を外す気はなさそうだから、北朝鮮はいずれ核実験を行うだろう。

 

〇中東・アフリカ

日本ではあまり大きく報じられなかったが、先週19日のイラン大統領選で現職ロウハーニ大統領が予想通り再選された。投票率は73.1%で、ロウハーニは2355万票(57.1%)を獲得、第2位のライーシー前検事総長は1579万票(38.3%)だった。最近のイランの大統領は再選が続いている。やはり現職は強いということなのだろう。

それにしても、トランプ氏が民主主義のかけらもないサウジでイラン批判を強めつつある中、イランが完全ではないものの「民主主義もどき」の大統領選挙を実施し、これまで保守対穏健の政権交代が整然と行われていることは皮肉としか言いようがない。第2位となった保守派のライーシーはまだ56歳、次期大統領の可能性は残っている。

 

南北アメリカ

「特別検察官は・・大統領にも解任できない。」と19日付某有力日刊紙が一面トップに書いた。どうも米国の特別検察官については誤解が少なくないようだ。そもそも筆者の知る限り、特別検察官は4種類あり、官職英語名だけで3つもある。詳しくは今週木曜日の産経新聞のコラムを読んでほしい。

 

〇インド亜大陸

特記事項なし。

今週はこのくらいにしておこう。いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

Pocket

この記事を書いた人
宮家邦彦立命館大学 客員教授/外交政策研究所代表

1978年東大法卒、外務省入省。カイロ、バグダッド、ワシントン、北京にて大使館勤務。本省では、外務大臣秘書官、中東第二課長、中東第一課長、日米安保条約課長、中東局参事官などを歴任。

2005年退職。株式会社エー、オー、アイ代表取締役社長に就任。同時にAOI外交政策研究所(現・株式会社外交政策研究所)を設立。

2006年立命館大学客員教授。

2006-2007年安倍内閣「公邸連絡調整官」として首相夫人を補佐。

2009年4月よりキヤノングローバル戦略研究所研究主幹(外交安保)

言語:英語、中国語、アラビア語。

特技:サックス、ベースギター。

趣味:バンド活動。

各種メディアで評論活動。

宮家邦彦

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."