.国際  投稿日:2018/4/30

朝日、トランプ誤認症候群再び

JB180430komoritop
Pocket

古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

「古森義久の内外透視 」

【まとめ】

朝日新聞「ポンペオ氏就任暗雲」「上院外交委 長官人事否決の公算」と報じる。

・しかし外交委・本会議共に可決、ポンペオ氏は国務長官就任。

・朝日新聞記事はトランプ誤認症候群と評さざるをえない。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=39693でお読み下さい。】

 

日本のメディアや識者が犯すトランプ大統領についての誤断、誤認について「トランプ誤認症候群」という呼称を使って、4月25日付の当コラムで説明した。今回はその典型例をあげよう。朝日新聞4月22日付朝刊の記事(※リンクは「朝日新聞デジタル」の記事)である。

ポンペオ氏就任暗雲」「上院外交委 長官人事否決の公算」こんな見出しの記事だった。その内容はトランプ大統領が新任の国務長官に任命したマイク・ポンぺオ中央情報局(CIA)長官連邦議会上院の外交委員会ではその任命が否決されるだろうという予測だった。

JB180430komori01

▲写真 マイク・ポンペオ氏 出典 CIA

アメリカの政治システムでは政権の閣僚や次官補級ぐらいまでの政治任命は議会の承認を得なければならない。国務長官などまずその筆頭である。議会の任命審議はその閣僚候補の担当分野により、その分野にかかわる上院委員会でまず実施され、その次に上院本会議で採決される。国務長官の人事はまず上院外交委員会で審議されるわけだ。

朝日新聞のこの記事は冒頭で以下のように記していた。

≪トランプ米大統領が次期国務長官に指名し、対北朝鮮交渉を主導しているポンぺオ中央情報局(CIA)長官の人事案が、23日に開かれる上院外交委員会で否決される見込みが強まっている。否決されても本会議ではなんとか承認されそうだが、米朝首脳会談の実現を前に、外交トップとしてポンぺオ氏の資質を否定されることはトランプ政権に一定の打撃となる

以上の趣旨は簡単明瞭、ポンぺオ国務長官人事は上院外交委員会で否決されるだろう、かなり強く断言しているのだ。ところが現実をみよう。

この朝日新聞の記事が出てから24時間が経つか、経たないかの当の上院外交委員会でポンぺオ氏の国務長官人事は可決されてしまったのだ。朝日新聞の予測はみごとに外れた。これほどの外れは、誤報と呼んでよいだろう。

この投票では同外交委員会のメンバー合計21人のうち共和党が11人、民主党が10人、まったくの党派の別で賛否が分かれた。共和党議員11人がポンぺオ氏指名案に賛成したのだ。

朝日新聞に同情的な見方をすれば、この投票の前日まで共和党議員のうちランド・ポール氏だけが反対票を投じるような態度をみせていた。ポール議員がポンペオ氏にブッシュ政権時代のイランへの軍事介入への反対を過去にさかのぼって表明せよ、などという要求したのに対し、ポンぺオ氏が言を左右にしたことなどが気に入らなかったらしい。もしポール議員が反対を通せば、反対が11票、賛成が10票で、否決である。

JB180430komori02

▲写真 ランド・ポール上院議員 flickr : Gage Skidmore

ところがトランプ政権はこのポール議員に圧力をかけていた。そして同議員は共和党員らしく共和党大統領の任命したポンぺオ氏の就任にイエス票を投じたのだ。朝日新聞はその展開を見通せなかったのだろう。だがアメリカ議会での各議員の投票は党の公式の拘束がないから頻繁にこんな足並みの乱れをみせる。イエスか、ノーかの投票が直前まで予測できない議員の実例など、ごく普通なのだ。朝日新聞のこの記事を書いたワシントン駐在の杉山正記者はこの点を読めず、みごとに誤報を出してしまったといえよう。

だがさらに裏を読めば、朝日新聞のこの記事は反トランプの旗印を鮮明にするワシントン・ポストニューヨーク・タイムズの同趣旨の記事をそっくりそのまま転電したとしか思えなかった。両紙ともこの朝日新聞の記事が出る数日前に「ポンぺオ氏の国務長官任命は上院外交委員会で否決されるだろう」という見通し記事を載せていた。委員会で否決されても本会議ではたぶん可決されるだろうが、それでもなお国務長官人事が委員会段階で否決されるのは歴史的にも稀であり、トランプ政権への「打撃になる」という点を強調していた。朝日新聞の記事と同じ構成、同じスタンス、共通点は反トランプという要素なのである。

だがこの3紙の予測はあっさりと外れてしまった。ポンぺオ氏の人事は外交委員会での23日の可決の後、26日の本会議で可決され、就任が正式に決まった。本会議での表決は賛成57、反対42という大差だった。上院では共和党は多数派とはいえ、100議席のうち51議席だが、このポンぺオ氏指名承認では民主党側議員の数人が賛成に回ったのだった。

だが外交委員会の投票の見通しをその直前でまったく誤って予測して報道した朝日新聞記事はトランプ誤認症候群と評さざるをえない。トランプ叩き、トランプ憎しのあまり客観的な見方ができないと断じるのは酷にすぎるだろうか。

トップ画像:マイク・ポンペオ米国務長官 photo by Gage Skidmore

Pocket

この記事を書いた人
古森義久ジャーナリスト

産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。著書は「危うし!日本の命運」「中・韓『反日ロビー』の実像」「トランプは中国の膨張を許さない!」など多数。

古森義久

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."