.政治  投稿日:2018/6/11

「北の核廃棄、IAEAの関与必要」渡辺周衆議院議員

JB180611hosokawatop
Pocket

「細川珠生のモーニングトーク」2018年5月26日放送

細川珠生(政治ジャーナリスト)

Japan In-depth 編集部(北村優佳)

【まとめ】

・北朝鮮の核廃止は国際機関が検証すべき。

・“モリカケ問題については、当事者からの説明が必要。

国会が国内のスキャンダルに時間を割いているのは残念。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真の説明と出典のみ記されていることがあります。その場合は、Japan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=40396でお読み下さい。】

 

北朝鮮は5月24日に北部核実験場を完全に廃棄する作業を行なったと発表した。国内では愛媛県が加計学園問題に関する文書を提出し、国民の不信感が高まっている中、28日に集中審議が行われる。今回はゲストに国民民主党副代表・安全保障調査会長の渡辺周氏を迎え、北朝鮮情勢及び“モリカケ問題”への戦略について、政治ジャーナリストの細川珠生氏が話を聞いた。

 

■ 北朝鮮の思惑

北朝鮮は核施設の閉鎖を外国メディアにも公開したが、日本は除外され、韓国の取材団の名簿は受け取らない、外国メディアから多額のビザの発行費用を取るなどした。まず、こうしたやり方について細川氏は渡辺氏の考えを聞いた。

渡辺氏は「北朝鮮はハリボテ国家(である)。かつても核施設を廃棄すると言って爆破はするが、再び核を開発するといったことを繰り返してきた。記者が入っても本当に核が廃棄されたかどうか検証できない。今回のことはあくまでショー的なやり方であり、信じてはいけない。」と述べ、北朝鮮の核廃棄の姿勢に懐疑的な見方を示した。

また渡辺氏は「日本が除外されるのは、日朝交渉が始まっておらず、日本は当事者ではないからだと建前はなっているが、日本のメディアに検証され、追求されるのを恐れたのではないか」との考えを示した。

さらに渡辺氏は「本当に核を廃棄するなら、IEA(国際エネルギー機関),IAEA(国際原子力機関)の専門家を入れ、過去のデータや過去の核実験のものを廃棄させなければならない」と述べ、核廃棄に向けて国際機関の関与が必要との考えを示した。

 

■ モリカケ問題

加計問題について愛媛県から出された文書によって国民の不信感はさらに高まっている。森友問題については財務省が調査書を出してきて、新たな展開になってくると考えられる。

細川氏は「国民は飽きてきているが、事実が分からないままこの問題を忘れるわけにはいかない。来週(5/28)に集中審議があるが、どういう戦略でいくか。」と渡辺氏に聞いた。渡辺氏は「この問題を解決できるのは政府である。本当に何もないのであれば、加計孝太郎が出てきて、『私は安倍さんに頼っていない』と言えばいい。」と述べた。

またモリカケ問題について、渡辺氏は「愛媛県なり財務省なり公文書で出てきているからきちんと説明しなければならない。最後に解決できるのは安倍さんと関係者しかいない。」と述べた。

北朝鮮情勢が大きく動く中、重要法案の審議もなかなか進まない状況について渡辺氏は「世界が大きく動いている中で、日本はスキャンダル追求に時間を割かなければならないというのは極めて残念。私の立場としてはダイナミックな政治に遅れないように(したい)。」と述べた。

細川氏が「来週にはきちんと政府が説明できるようにしてもらいたい。国民が納得するのは政府の説明にかかっている。」と述べると、渡辺氏は「今までの調査に費やした膨大な時間が無駄だった。国民の政治に対する失意(が高まっている)、(政治は)もっと権威をもって堂々としているべきもの。総理も一点の曇りがないのであれば、そう言った答弁をしてほしい。政治に信頼を取り戻したい。」と述べた。

(この記事はラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2018年5月26日放送の要約です)

 

 「細川珠生のモーニングトーク」

ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分

ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php

細川珠生公式HP http://hosokawatamao.com/

細川珠生ブログ  http://tamao-hosokawa.kireiblog.excite.co.jp/

トップ画像/渡辺周衆議院と細川珠生氏 ©Japan In-depth編集部

Pocket

この記事を書いた人
細川珠生政治ジャーナリスト

1991年聖心女子大学卒。米・ペパーダイン大学政治学部留学。1995年「娘のいいぶん~ガンコ親父にうまく育てられる法」で第15回日本文芸大賞女流文学新人賞受賞。「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本、毎土7時5分)は現在放送20年目。2004年~2011年まで品川区教育委員。文部科学省、国土交通省、警察庁等の審議会等委員を歴任。星槎大学非常勤講師(現代政治論)。著書「自治体の挑戦」他多数。日本舞踊岩井流師範。熊本藩主・細川家の末裔。カトリック信者で洗礼名はガラシャ。政治評論家・故・細川隆一郎は父、故・細川隆元は大叔父。

細川珠生

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."