セミナー
.JID  投稿日:2013/11/22

[特集*女性執筆者①]女性とキャリア〜Japan In-Depthの女性執筆者の特集第一弾。


NEXT MEDIA “japan In-Depth”では、女性の経営者や新しいライフスタイル、ヂャレンジングな活動に注目し、積極的な応援をしています。注目すべき女性たちのリアルな考え、積極的な提言をこれからもどんどんと掲載・発信してゆきたいと考えています。今回は、そんな女性執筆者たちの特集です。第一弾として「女性とキャリア」についての原稿を集めてみました。

安倍宏行編集長による『ウィメノミクスって何??』も合わせてお読み下さい。

 

gazou125

 

gazou87

水野友貴(みずの・ゆうき)

千葉県我孫子市議会議員

 

 

【↓注目記事】政治家の家族〜家族の理解が政治家にとって一番の支え

政治家というのは1人でなれるものではない。市民、県民、国民の支援をいただく前に、家族の理解と了承が必須となる。これまでの記事では金銭面や地盤等について言及してきたが、政治家になると覚悟を決めたらまず初めに突破しなくてはならないのが「家族」である。…(続きを読む

【↓注目記事】若手女性議員が増えない理由〜教育水準世界1位でもジェンダー・ギャップ指数は105位の日本

そもそも論として女性と男性は同権ではあるが、同質ではない。女性の社会進出が進んだとは言え、世界経済フォーラムが発表した2013年版ジェンダー・ギャップ指数で日本の順位は調査対象136カ国のうち105位で前年より4つも下げた。識字率や高校までの教育水準では世界1位であるにも関わらずこのランクとなったのは女性の就労者や政治家が少ないことが原因と…(続きを読む

 

gazou30

原田さとみ(はらだ・さとみ)

(タレント/エシカル・ペネロープ株式会社 代表取締役)

 

 

【↓注目記事】“エシカル Ethical”〜新しい概念を地域に根ざした街づくりに。

愛知・名古屋では、2010年にCOP10生物多様性条約第10回締約国会議が名古屋市白鳥地区で開催されました。愛知万博で学んだ、地球の叡智・多文化共生・国際理解の思いを受け継ぎ、このCOP10という国際会議の開催によりさらに、人・生物・植物の“いきもの”としての多様な命の繋がりと同時に、国・地域・街の“人”としての多様な心の繋がりの重要性を学びま…(続きを読む)

 

gazou126

白木夏子(しらき・なつこ)

(HASUNA Co.,Ltd.代表取締役・チーフデザイナー)

 

 

【↓注目記事】エシカルなジュエリービジネス

2002年から2005年にかけて、私はロンドンで大学生活を送っていました。ブレア首相がエシカル(倫理的な、道徳的な)政策を掲げた後、イギリスを起点に欧州へエシカルが広く波及していた時代です。ロンドン市内にはオーガニックやフェアトレードのショップをよく見たし、スーパーにも当たり前のようにフェアトレード認証マーク付きのチョコレートや紅茶、コーヒ…(続きを読む

 

gazou127

江藤真規 (えとう・まき)

(サイタコーディネーション 代表/お母さんのための学びの場「マザーカレッジ」主宰)

 

【↓注目記事】社会で『活躍する女性/期待される女性』に“母親”は入っているか?〜母親の社会復帰に制限をかける「抑止力」〜

女性の力が注目を集めている。女性の力が経済を動かす、社会を動かすと様々な業界で囁き始められている。実際に私の周りにも、社会で活躍をしている女性がたくさんいる。「女性の方が優秀だ」「女性ならではの視点がいい」など、女性にとって心地よい言葉もよく聞こえてくる。また、女性を応援して下さっている経営者層も数多くおいでになる。本当に女性にとっ…(続きを読む

【↓注目記事】母親にも学びの機会を

母親の生き方は大きく変わった。現在は女性が自分らしい仕事を追求できる時代となり、子どもを育てるということと、仕事をするということが並立できる環境となった。その両立を実現し、女性の力を社会に還元するためには、子どもを預かる施設の準備が急務であるのと同時に、私にはもう一点追求したいものがある。それは母親の学びである。…(続きを読む

 

 

【あわせて読みたい】

【あわせて視聴したいJapan In-Depthのオリジナル番組・動画】

タグ特集

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."