無料会員募集中
.国際  投稿日:2019/2/22

反トランプ「ヘイトクライム」でっちあげ


古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

「古森義久の内外透視 」

【まとめ】

・ゲイの黒人有名俳優が”トランプ支持”の暴漢に襲われたと届け出。

・民主党議員が一斉に保守陣営を批判したが、事件は捏造と判明。

・トランプ政権への非難は虚構が多い。虚構への非難も起きにくい。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=44294でお読み下さい。】

 

アメリカのシカゴでかなり有名なゲイの黒人俳優がトランプ支持とみられる暴漢2人に襲われ、ゲイを侮辱する言葉を浴びせられたと警察に届け出た。すぐに全米に広く報じられたこの事件の被害者に大統領候補をも含むリベラル派の政治家たちが相次いで同情を述べ、保守陣営を非難した。ところがこの「事件」が実はでっちあげとわかり、同俳優は刑事訴追されるという破目となった。いまのアメリカのリベラルと保守の対立のゆがみを象徴する出来事だと言えよう。

 

発端はこの1月29日、シカゴだった。シカゴ在住の黒人の俳優兼歌手ジャシー・スモレット氏(36)が地元警察に「暴漢に襲われた」と届け出た。届け出によると、スモレット氏はこの日午前2時ごろ、シカゴ市街の自宅近くで屈強な男2人に殴られ、化学薬品なようなものを体にかけられ、ロープを首に巻き付けられた。男たちは「ここはMAGAの国だぞ!」とどなり、ゲイへの侮蔑的な言葉をぶつけたという。

 

▲写真 トランプ支持派の暴漢に襲われたとの訴えが虚偽とされた俳優のジャシー・スモレット氏

出典:Sister Circle Live(Wikimedia Commons)

 

届け出では、このロープは白人至上の過激団体KKK(ク―・クルックス・クラン)が黒人虐待に使ったのと同種の縄だった。

 

MAGAはトランプ大統領の政治スローガン「アメリカを再び偉大に」の頭文字をとった略語である。またスモレット氏は同性愛志向を公言し、さらに政治的には反トランプの立場を誇示してきた。

 

この届け出は少数民族やゲイを憎むヘイトクライム(憎悪犯罪)の典型として全米に大々的に報道された。スモレット氏は現在、20世紀フォックステレビ制作の連続テレビドラマ「エムパイア(帝国)」に出演中、その以前から子役や歌手として芸能界で活躍し、全米でもかなり知られた俳優だった。

 

この「事件」に対し国政レベルでは反トランプの立場を鮮明にして、来年の大統領選への名乗りをすでにあげた民主党のカマラ・ハリスコーリー・ブッカー両上院議員らがまず激しい非難を表明した。襲撃を「トランプ支持の差別主義者による政治的リンチ」と断じ、「最悪のヘイトクライムだ」とも糾弾した。

 

▲写真 カマラ・ハリス上院議員は民主党の大統領候補に名乗りを上げている。 

出典:Public domain (Wikimedia Commons)

 

下院議長の民主党ナンシー・ペロシ議員も、情報特別委員長のアダム・シフ議員も、それぞれ、「トランプ支持派の非道な暴力行為」だとして、公式に非難声明を発表した。民主党やリベラル派をいつも支援する大手メディアもこの事件を保守派や、トランプ陣営を批判する形で大々的に報道した。あたかもトランプ政権自体がこの種のヘイトクライムを断行しているかのような非難だった。

 

▲写真 米下院議長のナンシー・ペロシ議員も事件を非難した 

出典:Public domain (Wikimedia Commons)

 

警察の捜査では、その襲撃の場面を捕らえたビデオはみつからなかった。被害者のスモレット氏の証言がほぼ唯一の手がかりだった。同氏が誰かに襲われ、負傷をした形跡は確実にみえた。

 

ところが警察は事件後1週間ほどで、事件現場からかなり離れた場所で2人の不審な男が歩いていく光景を写した録画を発見した。その男たちの居所を確定して、2月13日に事情を聞くと、まず2人はスモレット氏のトレイナーとその弟だと判明した。警察がさらに取り調べると、2人はスモレット氏から依頼され、謝礼金を受け取って、同氏を襲ったかのように行動していたことを認めた。つまり「ヘイトクライム」はスモレット氏の自作自演に等しい捏造、でっちあげだったのだ。

 

2月20日にはシカゴの大陪審が警察の捜査結果を受けて、スモレット氏を警察への虚偽通報などの罪で刑事訴追した。同氏自身は否認しているが、事件の捏造が証明された形となった。警察ではスモレット氏がドラマ出演での人気が下がり、キャストから外されることを恐れ、自分への一般の注意を一気に高めようと意図してのでっちあげ事件だとみているという。

 

この結果、前記のヘイトクライム非難の民主党の政治家たちはみなまちがっていたことが判明したわけだ。だがほとんどの人たちはトランプ陣営の非難や同陣営のこの事件への結びつき批判を取り消すこともなかった。

 

いまのアメリカではトランプ政権の非難はこのように事実に反したり、虚構の内容という例が多いのである。その虚構を厳しく批判するという動きもなかなか起きにくい。日本側でのトランプ・ウオッチに必要な教訓だともいえよう。

 

トップ写真:一般教書演説を行うトランプ米大統領(2019年2月5日) 出典:The White House facebook


この記事を書いた人
古森義久ジャーナリスト

産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。著書は「危うし!日本の命運」「中・韓『反日ロビー』の実像」「トランプは中国の膨張を許さない!」など多数。

古森義久

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."