朝鮮半島情勢ー金正恩の真の狙いとはー
IT/メディア  投稿日:2019/9/6

【Fact Check】トランプ氏、朝日記者に「左翼」と発言→根拠不明


安倍宏行(Japan In-depth編集長・ジャーナリスト)

Japan In-depth編集部(淺沼慶子)

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て見ることができません。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=47754でお読み下さい。】

 

2019年8月24~26日、G7首脳会合が仏国ビアリッツにて開催された。そこでトランプ大統領が、質問した朝日新聞記者に対し、「左翼」と発言した、という情報が話題になった。

▲キャプチャー画像

上念司氏が自身のTwitterにて同様のTweetを拡散していることも注目された。

▲キャプチャー画像

 

【Fact Check】

トランプ氏は本当にこのような意味で発言したのか?

以下が朝日新聞記者とトランプ氏のやりとりである。

▲キャプチャー画像ホワイトハウス公式サイト 文字起こしより)

 

トランプ大統領に質問をしていた記者とのやり取りが終わり、日本の新聞記者(朝日新聞)の質問が始まる前の会話である。記者が質問に際し、「(私は)朝日新聞だ、日本の新聞社だ。」と名乗ったことに対し、トランプ大統領が、“Just left your Prime Minister, Abe. Good man. Great man.”と返答した。

では、他メディアはどのように報じているか。海外メディアのサイトを見てみよう。アメリカの主要メディアCNNは以下のようにやり取りを掲載している。

Yes, go ahead, please. Go ahead, yes

UNIDENTIFIED REPORTER: Thank you very much, Mr. President. I am with the Japanese newspaper.

(CROSSTALK)

TRUMP: I just left your Prime Minister Abe, good man. Great man.

出典:CNN

ホワイトハウスの文字起こしと比較すると、主語「I」を補っている。

トランプ大統領は主語の“I”を省いて、“just left.”と言っている。これは、日本の新聞記者に対し、“I just left your Prime Minister, Abe.”すなわち、「安倍首相とは今しがた別れたところだ。」、「安倍首相とはさっきまで一緒にいたよ。」という意味に過ぎない。会話で、“I”という主語が省かれることは日常会話では往々にしてある。

英HuffPostの記者 Graeme Demianyk氏も同様の解釈をしている。

Trump to Japanese journalist: “I just left your prime minister. Abe. A good man. A great man.”

出典:Graeme氏のTwitter投稿

 

結論:根拠不明

ホワイトハウスの公式の文字起こしを元に、アメリカの主要メディアCNN、そして英HuffPost記者の解釈を参考にした。また編集部も複数のネイティブの外国人に確認した。結論として、今回のトランプ大統領の発言は、単に日本人記者の質問に際して、安倍総理と今しがた別れたんだよ、という返しをしたに過ぎないと考えるのが自然だ。

また、前の会話で、人や組織の政治的立ち位置を話していたならいざしらず、日本の記者だと名乗って質問してきた記者に、いきなり、”(You are) just left”=(お前は、又はお前のところの新聞は)左翼だな、と一国の大統領が言うだろうか?

そもそも、アメリカで、日本で使われる政治的な「右翼」、「左翼」という立ち位置は、通常、“Conservative”、“Liberal”と呼ぶ。仮に”left”を使う時は“left-winged”などと言う。“just left.”から、“left”=左翼=朝日新聞と結びつけるのはかなり無理がある。

こうしたことから、トランプ大統領が朝日新聞記者に対して「左翼」と発言した、という解釈は限り無く「誤り」に近いと思うが、発言した当の本人に確認することができないので、「根拠不明」と判定する。

海外の政治家の発言を誤訳することはありうるだろう。一方で、意図的に発言を切り取ったり、極端に意訳する人がいることも事実だ。ネット上の言説を、ファクトチェックなしに拡散することは、誤った情報を広めることになりかねない。十分に心したい。

 

【Japan In-depthファクトチェックポリシー】

Japan In-depthは、NPO法人「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ)のメディアパートナーとして、ファクトチェックを実施しています。FIJが定めたガイドラインに準拠して、言説の真実性・正確性の評価・判定を行います。政治家、有識者の発言、メディアの報道、ネット上拡散されている情報など、社会的に影響の大きな言説を対象とします。判定基準は以下の通りです。

トップ写真:G7にて、トランプ米大統領とマクロン仏大統領 2019年8月26日 出典:flickr:The White House


copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."