無料会員募集中
.国際  投稿日:2021/3/22

ベトナム戦争映画から受けた衝撃


古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

「古森義久の内外透視」

【まとめ】

・ベトナム戦争映画「ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実」が上映された。

・米空軍空輸救助隊の兵士ウィリアム・H・ピッツェンバーガーの物語。

・映画の主題は、戦場で発揮される人間の強さや弱さ。

 

久しぶりでベトナム戦争を主題とするアメリカ映画を観た。私自身の記者体験では戦時のベトナムでの報道活動がやはり最大の重みを持ってきたから、この映画にもつい引き込まれてしまった。この2021年3月の現在、コロナ禍の東京でのことである。

この映画は日本でのタイトルが「ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実」とされていた。英語の原題は「The Last Full Measure」直訳すれば「最後の完全な行動」ともなろうか。アメリカ第16代大統領のエイブラハム・リンカンが1863年に南北戦争で北軍を率いて、ゲティスバーグの大戦闘で勝利を得た際に、そこでの死者たちの霊を「最後の完全な行動による献身」として讃えた言葉に由来するという。

この映画のストーリーは事実に基づくという。

旧南ベトナムを北ベトナムの軍事侵攻から守るために1965年から介入したアメリカ軍の陸軍部隊が翌1966年に当時の南ベトナムの首都サイゴン(現在のホーチミン市)に近いジャングルで北ベトナム軍の精鋭に攻撃され、展開した激戦が主題である。

この戦闘で窮地に陥った米軍陸軍中隊の負傷者救出に向かった米空軍空輸救助隊の兵士ウィリアム・H・ピッツェンバーガーの英雄的な行動に対して、なぜか当然、与えられるべき名誉勲章が授与されなかったことが物語の核心となる。

▲写真 米空軍空輸救助隊 ウィリアム・H・ピッツェンバーガー氏 出典:Wright-Patterson Air Force Base Public Affairs / US Air Force Photo

その戦闘で空軍兵士のピッツェンバーガーが救援のヘリから地上に降りて、陸軍将兵とともに戦って、何人をも救い、自分は戦死してしまう。この出来事を33年後の1999年に空軍省の気鋭の中堅幹部ハフマンが再調査にかかることで、物語が前進する。その過程では当時のその戦闘がなまなましく再現される。

ハフマンは当時の戦闘に参加していた退役軍人たちやピッツエンバーガーの両親らに会って、真実を探る。やがて意外な実態が浮かびあがる。

私にとってはたとえ映画であるにせよ、ベトナム戦争という出来事の再現は迫真の衝撃を感じさせられる。なにしろその戦争のなかで4年近い年月を過ごしたからだ。もちろん戦闘に加わったわけではない。

だがその間、米軍や南ベトナム政府軍に同行して戦場の取材にあたったことも数えきれないほどあった。逆にその敵側の北ベトナム政府軍や南ベトナム解放戦線軍に同行した体験もあった。そしてなによりもその戦火の下で生きるベトナムの人たちと同じ社会で暮らしたのだった。

こうした経験はすべて現地から毎日新聞の記事として報じたほかに、単行本でも『ベトナム報道1300日』(筑摩書房1978年刊、後に講談社文庫)や『ベトナムの記憶』(PHP研究所1995年刊)にまとめた。

私がベトナムに赴任したのは1972年4月だったから、この映画の主舞台の戦闘はすでにその6年も前に起きていた。だが戦争自体は72年にはかつてない規模の地上での大規模衝突となっていた。

そのころ私自身も映画「ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実」に登場するようなアメリカ軍の陸軍、空軍の部隊について戦況を報道することも珍しくなかった。

ちょうど映画に登場する米軍の小さなヘリコプターに同乗して、地上の敵に向かって機上の機関銃を構える兵士たちの背後に座っていたこともあった。

私がこの映画にすっかり引き込まれた理由のひとつはアメリカにとってのベトナム戦争が1975年4月に終わった後、その翌年からワシントンに赴任して、アメリカでのベトナム後遺症を多様な形で目撃したことでもあった。大きな挫折、大きな失敗に終わったベトナムへの軍事介入をアメリカの国家として、社会として、そして人間個人としてどう受け止めるかをめぐる苦悩がアメリカ全体を暗い雲のように覆っていたのだ。

そして敗北し、国家を失った南ベトナムからの何十万というベトナム難民たちがアメリカに逃れて、新しい生活を始めてきた。個人的にも交流のあった多数のそのベトナム人たちの心情の一端も直接に知ることともなった。

アメリカではベトナム戦争を主題とした映画も多数、制作された。だがその戦争の終結からすでに45年もが過ぎた2021年という時点で封切られるベトナム戦争映画は珍しかった。もっともこの映画がアメリカで完成したのは2年近く前の2019年だった。

日本での封切りが遅れたのだ。

私はここ数年、ワシントンでの報道活動をなお続けながらも、東京で仕事をすることもあり、日米両国間を数ヵ月単位で往来する生活だった。だが今回だけはアメリカでの新型コロナウイルスの大感染のための制約により、日本での滞在が長くなった。その間にこの映画を東京の新宿の映画館で観ることとなったのだ。久しぶりのベトナム戦争映画とあって、2度も観賞してしまった。

私にとってのこの映画の魅力のひとつはベトナム戦争自体の政治的な善悪は問わず、もっぱら戦場で発揮される人間の強さや弱さを主題としている点だった。とくに主人公の若者の自己を犠牲にして、戦友たちを救う行為、戦場でのヒューマニズムという概念自体が矛盾なのかもしれないが、無私や献身という精神に魅せられた。この物語の根幹はすでに述べたように、現実に起きた出来事だったのだ。

ベトナム戦争を実際に体験した数少ない日本人としての最新のベトナム戦争映画の報告である。

▲図 「ベトナム報道1300日 ある社会の終焉」(著:古森義久) 出典:講談社Book倶楽部

▲図 「ベトナムの記憶-戦争と革命とそして人間」(著:古森義久) 出典:PHP研究所

トップ写真:ベトナム戦争 出典:Bettmann /GettyImages




この記事を書いた人
古森義久ジャーナリスト

産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。著書は「ODA幻想」「韓国の奈落」「米中激突と日本の針路」「新型コロナウイルスが世界を滅ぼす」など多数。

古森義久

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."