無料会員募集中
.政治  投稿日:2021/9/29

河野太郎候補人間力・政策分析 自民党総裁選 その4


西村健(NPO法人日本公共利益研究所代表)

 【まとめ】

・声診断、一番の特徴はユニークな個性を持ちオリジナリティに溢れる才能があること。

・業界団体におもねず、実質的な、本質的な議論を好むところが特徴的だ。

・他人とコミュニケーションをしつつ、進めていく。うかがえるのは合理的思考。

 

優秀さゆえの孤高。

河野太郎さんを見ているとそんな気がしていた。切れ味鋭い指摘、当意即妙の受け答え、スマートさはダントツである。政策に詳しく、本質的で、未来志向で政策議論ができる。専門領域を近くする筆者は「政策評価は使えない」ということを言われた経験がある。事業仕分けに民主党政権前から注目していた「実務派」である。

英語で外務大臣として活躍する姿は欧米の政治家と見劣りしない。優秀がゆえに、旧態依然とする政界では、それは目立ってしまい、「常識がない」「日本のトランプ」「リトル小泉純一郎」など言われてしまうのだろう。

ずいぶん前から、SNSで国民と対話をしたきた。特に、ツイッターは政治家にとって様々なリスクを持っている。文字制限故に、意味を誤解されたり、知識の差ゆえ、批判されたり、わかってもない言質を取られたりする。そのことを恐れないで続ける姿勢は、本当に凄いことに思える。発信内容も単なる「発表」ではない、本質論。これまでの政治家と違う、新たな時代を開く政治家と言っていいだろう。

■ あまり知られていない幅広いキャリア

1963年1月10日生まれ。河野一郎は祖父、河野洋平は父という政治家一家に生まれる。慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校を卒業、慶應義塾大在学中に渡米、米国ジョージタウン大学を卒業。富士ゼロックス株式会社、日本端子株式会社を経て、政治家に。慶應義塾中等部時代は競争部で活躍。運動会の4000メートル競走の記録保持者でもある。富士ゼロックス時代、コンピューターに詳しくなったようで、当時から「テレワーク」を経験している。

政治家になってからの活躍は言うまでもない。防衛大臣、外務大臣、国家公安委員会委員長、行政改革担当大臣、国家公務員制度担当大臣、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進担当大臣、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、規制改革)を歴任。法務副大臣、総務大臣政務官、衆議院決算行政監視委員長・外務委員長等、役割を着実に遂行してきた。自由民主党行政改革推進本部長、自由民主党幹事長代理などの党職も経験。

■ 声診断で分析してみると強い信念や軸を持っている

今回、人間力分析でおなじみの株式会社ターンアラウンド研究所のコンサルタントの中島由美子氏に声診断をしてもらった。俳優の小栗旬さんなどの声診断で話題の中島さんが、河野さんの声を分析すると

▲図 【出典】中島由美子による声診断結果

中島さんは「これからの時代を改革していくことに能力を発揮できることと思います」と語る。

「一番の特徴はユニークな個性を持ちオリジナリティに溢れる才能があるということです」「どこにも属することなく、自分自身の世界を作り上げる事ができます」とのこと。

「これまで国民の思いに耳を傾けることの努力を積み上げてこられたことが垣間見られます」とバランスの良さを指摘する。

「戦わずに多くの人を巻き込むという新たな境地を切り開いていくことができれば真の改革につながるでしょう」という期待を語る。

「自分がいいと思った道を突っ走る。邪魔をする敵とは徹底的に戦う」そうなので、結局改革への道が遠のくということになりかねないのが注意することか。

■ 問題提起でき、実行できる政策家

最低保証など国民年金の改革について、問題を提起できるのは河野さんの特徴だろう。自分から問題提起をしない他の候補者としても、その点は大きくリードしている。初当選時には「ODAを半減にしよう」など数々の問題提起をしてきた実績がある。外務大臣として国会審議に拘束されることに対して疑義を提起した。業界団体におもねず、実質的な、本質的な議論を好むところが特徴的だ。

また、誰もが空気を読んで言わないこと、言いにくいことを言うところが真骨頂でもある。「原子力発電の最大の問題は、放射性廃棄物の処分」(著書より)と本質を突くのは河野さんだけだろう。しかも、原発事故以前からの反対派である。

実行力も同様である。印鑑問題・ワクチンではもちろん、実行力を見せている。民主党の「事業仕分け」を先行していたのは彼でもある。自民党の環境部会長として、環境部会を全面禁煙にしたり、他人と柔軟に調整して結果を残す。単なる「変人」ではない。

コロナ対策でも「しっかりと国民と共有し、謙虚に、わかりやすい対話をしながら決めていきます」と主張するように、他人とコミュニケーションをしつつ、進めていく。うかがえるのは合理的思考。アメリカの政治家のような印象である。

■ 日本を改革できる唯一の男?

候補者同士の討議でも鋭い指摘で相手を圧倒している。状況に応じて、主張を修正できるように、柔軟でもある。

規制改革について「もうほとんど役所のイデオロギーになっているものがあって、それをどう変えるかという時に、そのために民間の人を入れた規制改革推進会議などの有識者会議を開いたり、それを公開したりしてきました。明らかに理屈のおかしいことがまだ多くあります。それを一つずつ剝がしていかないと新しいことが進まない。それは仕方がないかなと。逆に役所側から、事務的にはこれ以上変えられないので大臣の力でお願いしますと言われて、押し倒したようなこともありました。みんな、日本を前に進めるためにどうしたらいいのかと思っている。役所も、本当は違うと感じていることがたくさんあると思うので、違うと思うことを役所の中で自然に声を上げられるような雰囲気をこれから作っていかなければいけないと思っています」(HPより)と語っている。

【評価】

①問題解決力: 〇

②信頼できる政府・民主主義: 〇

③実績から想定される実行可能性: 〇

自民党を変え、「日本を前に進める」ことは河野さんなら可能だろう。河野さんに期待したい。

トップ写真:日中韓の第9回三国間外相会議後の記者会見に臨む河野太郎外務相(当時)2019年8月21日中国・北京 出典:Photo by Wu Hong – Pool/Getty Images




この記事を書いた人
西村健人材育成コンサルタント/未来学者

NPO法人日本公共利益研究所(JIPII:ジピー)代表、ターンアラウンド研究所共同代表・人財育成コンサルタント、事業創造大学院大学国際公共政策研究所研究員・ディレクターなど。


慶應義塾大学院修了後、アクセンチュア株式会社入社。その後、株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)にて地方自治体の行財政改革、行政評価や人事評価の導入・運用、業務改善を支援。独立後、組織改革、人材育成コンサルティング、政策分析、メディア企画、ソーシャル・イノベーション活動を進めている。


専門は、公共政策と社会心理。近年は、中国の先端技術、世界のスマートシティ、人工知能などテクノロジーと社会への影響、個人情報保護と民主主義の在り方、企業の利益相反、健康医療・福祉政策などをテーマに研究や執筆を進めている。

西村健

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."