2017年を占う
スポーツ,ビジネス  投稿日:2016/1/10

夢を売るビジネスに挑戦する男(上)~プロ野球選手のセカンドキャリア その3~

160110kozutop
Pocket

神津伸子(ジャーナリスト・元産経新聞記者)

執筆記事プロフィールFacebook

−夢を売るビジネス

セカンドキャリアで成功している人間は、ファーストキャリアに固執していない人間に多く見られる傾向があるようだ。気持ちの切り替えが、実にうまい。ここで紹介する一人の青年も、まさにその好例と言える。

−ホームランと同じ快感

「お客様を幸せに出来ること。それが自分の幸せ」

それは、今の仕事も、野球をしている時でも、変わらない。
現在、不動産業の日本リアライズ(株)で、営業マンとして、日々マンションを売っている元巨人軍育成選手の和田凌太(22)。笑顔が、実に爽やかだ。そして、何より自信に満ちている。

昨年10月、それまで勤めていた焼き肉店を辞して、同社に入社。直後の彼のフィールドは、茨城だった。そこで、いきなり2ケ月で3軒の契約を決めた。

全て訪問販売、飛び込み営業だ。毎日、これは、という賃貸マンションを探して一日中歩き回る。二万歩を越える日も珍しくない。そして、ここぞという部屋のチャイムを鳴らす。とはいえ、ドアを開けてくれるどころか、応答してくれることさえ、珍しい。まして、マンションの営業と分かれば「いらない、いらない」と、邪険に押し返される。

しかし、そこは焼き肉店店長として、身につけた接客術と、野球で培った持久力で粘り、少しでも興味を持ってもらえそうな人間に誠意を持って話をする。過去の経験は、最大限に活きている。
訪問販売を始めて3日目、ある男性客に手応えを感じ、さらに上司と一緒にアポイントを取り付け、入社12日目には初めての契約を成立させた。マンション購入を決めた男性客の、帰社して報告した時の会社の仲間たち、さらには報告した本社の大橋孝行社長の、全ての皆の顔が忘れられない。契約成立時には、鳥肌が立った。

そして、「ホームランを打った時と、同じ快感があった」

160110kozu上

−器用な選手

“野球”は、他のプロ野球選手たちと大きく異なり、和田にとって人生をかけるものではなく、“仕事”だった。彼のおいたちはこうだ。

広島県出身。スポーツ一家に育ち、幼い頃からスポーツ万能だった和田は、バレーボール、陸上のハードル、野球と全てをトップレベルでこなしてきた。中学ではバレーボール部に所属、エースアタッカーでありながら、野球もシニアリーグで活躍。中1年から走攻守揃った選手として、レギュラーポジションを獲得、ショートや外野を守った。打てば左右どちらでもいけるスイッチヒッターでもあった。

高校に入ると、陸上でハードルで全国で7位の結果を残すも、野球のシニアチームの監督の母校である県立広島工業に進学していたので、いつしか野球一本に絞り込んでいった。広島工業は甲子園に出場経験もある、野球の名門でもあった。

チームとして残した実績は、県下でベスト8。際立つ実績ではなかった。高校3年生の秋、地元を代表する自動車メーカー、マツダの子会社への就職を決めていた。その会社には軟式野球部があった。「野球は続けられるから、行こう」と。

それでも、プロ野球選手としてやってみたい気持ちも、強かった。そんなある日、ヤクルトから連絡があった「ドラフトで取る」。学校に、指名の挨拶にも来てくれた。「凄く光栄で、嬉しかったが、不安も無くはなかった」(和田)

迷いはあったが、親からも「やりたければ、やってみろ」と、背中を押され、ドラフト志望届を提出。「1日だけ、待ってください」と、会社に連絡を入れた。入社試験の前日のことだった。

2010年10月中旬のドラフト会議。自宅で親族一同集まって、テレビ画面を食い入るように見入った。12球団の指名が一段落して、育成選手の指名に入った。育成の1位指名、真っ先に名前が呼ばれた「和田凌太。広島工業高校」。

テレビを囲んだ親族一同から歓声が上がり、いとこが「おめでとう!」と、飛びついて来た。和田を指名したのは、挨拶に来たヤクルトではなく、読売巨人軍だった。

【夢を売るビジネスに挑戦する男(下)】~プロ野球選手のセカンドキャリア その3~ に続く。全2回)

トップ画像:日本リアライズ(株)のワンフロアは全て社員のためのジム。大橋(写真右端)や和田(同左)もここで鍛える。©神津伸子

文中写真:ピカピカの22歳の若者・和田が野球だけでなく、マイホームという夢も人々に届ける。©神津伸子

タグ神津伸子
Pocket

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."