スポーツ  投稿日:2016/2/18

「勝つのが仕事」先駆者が語る(上)プロ野球選手のセカンドキャリア その5 

160218kozu1-top
Pocket

神津伸子(ジャーナリスト・元産経新聞記者)

「10円玉1枚で首になった」

豪快に笑うのは元巨人軍選手、コーチだった阿野鉱二(67)。

言い回しが、実に昭和の男を良く表している。公衆電話の1通話が10円だった時代だった。所属する球団からの解雇の電話を、こう的確に言ってのけた。

セカンドキャリアという言葉も、まだ使われていなかった当時。

が、いつの世も現役生活を終えたプロスポーツ選手のその後は、決して楽なものではない。

阿野は22年間のプロ生活の後、ビジネスの世界に転身。

運命の電話から3日後、元大洋ホエールズ(現・Dena)の松原誠の紹介で、建築業界に打って出た。高層建築などの鉄鋼構造物の床版を扱う企業に就職したのだった。1からビジネスを修行し、2000年に独立し年商12億、翌年にはスチールエンジ株式会社を創業、代表取締役となった。現在、年商80億。業界NO.1の地位を誇る。現在は会長職を経て、相談役。

現役時代に怪我や大病で、悩まされた分も、阿野のセカンドキャリアは、今も大輪の花を咲かせ続けて、留まるところを知らない。

−白いユニフォームが原点

大阪出身の阿野が野球を始めたのは小学生の時。「当時は自分よりうまい選手が一人だけいた」。中学でも野球部に入部。母親に買ってもらった「真っ白なユニフォームを手にした時の感激が忘れられない。巨人のユニフォームに腕を通した時よりも、鮮明だ」。

その後は、今や進学校として名を馳せる明星高校に1963年進学、1年生からレギュラー、その夏には甲子園で優勝、翌年も出場を果たしている。引退後は受験勉強に取り組み、早稲田大学進学を果たす。野球部の同期には谷沢健一(元中日・現野球解説者)らがいた。リーグ優勝2回、3年生では打率4割4厘を記録、キャッチャーとしてベストナインも受賞。

ドラフト会議で2位で巨人に指名された。1976年までの7年間、現役選手として、91年までコーチとして活躍。栄光のV9時代に名前を連ね森祇晶の後継者と目された。が、1972年広島戦でブロックの時、膝の亜脱臼、75年にはベロビーチキャンプ中にひどい腹膜炎を起こし「九死に一生を得た」。復帰後も、代打出場に頭にデッドボールを受け亀裂骨折、さらにはA型肝炎など次々と身に降りかかって来た。この間にも、家が全焼するなど、実に苦しい時代が続いた。

160218kozu1-01

7年間の現役生活後、そのまま球団にとどまり、トレーニングコーチの先駆けとなった。アメリカUCLAに通い、プロ選手のためのストレッチ体操やウエイトトレーニングを研究・現場で実践した。この頃から、常に新しいものに前向きに取り組む姿勢は変わらなかった。

22年目の秋。43歳で巨人を電話一本で解雇された。

−キャッチボールの心

トレーニングコーチとして極める道もあった。
が、阿野はサラリーマンの道を選んだ。生家が商売をやっていたこともあるが、子供の頃から珠算も得意。

「全く新しい道を行くには、今しかない」恩師らに相談したものの、迷いはなかった。

全く新しい生活。満員電車に戸惑う。建築物の図面は読めない。まだ仕事も覚えきれてないのに、一人で一つの現場の全工程(受注、職人手配、安全・行程管理、請求書作成など)を担当しなければならない。営業でコンクリートの上を歩き続けて、ひどい肉離れを起こした。溶接で目を焼いてしまうなど、不惑の年を過ぎてから、あまりに過酷な“次”の滑り出しだった。頑張れたのは、

「しっかりカタチに残るこの仕事に、大きな魅力を感じていた」からだ。

自分なりに工夫をして、必死に取り組んだ。取引相手など、出会った人間の名前を必ずフルネームで覚える。現場にとことん付き合う。自分の現役時代のキャリアを、いい意味でとことん活用するなど、これから新しい道に進む若者にも役立つ基本だ。今も昔も変わらないと話す。

そして、どんな仕事でも、何よりも“キャッチボールの心”が大切だという。これは、V9監督・川上哲治からの教えだ。

「ボールは自分からは相手の捕りやすいところに投げ、相手から難しいところに返って来たら、からだ全体で受け止める」。

野球も、ビジネスも。

(文中敬称略。「勝つのが仕事」先駆者が語る(下)プロ野球選手のセカンドキャリア その5 に続く。全2回)

<阿野鉱二氏 経歴>
大阪・明星高等学校で、1963年夏の甲子園に全国制覇、翌年連続出場。1966年4月に早大進学。東京六大学リーグで2度の優勝。同期の小坂敏彦投手とバッテリーを組み、68年秋季リーグ優勝。自身も首位打者となりベストナインに選出。リーグ通算57試合出場し184打数52安打、8本塁打、24打点、打率.283。同期に谷沢健一、荒川尭らがおり、自身も含め7人がプロ入り。69年のドラフト2位で指名され、巨人入団。71年には一軍で49試合に出場。森昌彦の後継を吉田孝司と争うが、75年の巨人ベロビーチキャンプで重度の腹膜炎を起こし、76年にオフに現役引退。引退後は巨人バッテリー兼トレーニングコーチに就任、85年よりトレーニングコーチ、1991年退団。現在は建設業スチールエンジ株式会社相談役。ビーアーム株式会社取締役会長。「巨人軍のストレッチング」(ベースボールマガジン社)、「勝つのが仕事!」(風人社)を出版。トレーニングコーチの草分け的存在。

トップ画像:ビジネスマンとしても大成功を収めた阿野鉱二。「野球もビジネスもキャッチボールが基礎の基礎」と話す。©神津伸子

文中画像:豪快なのは、プレイも人生も。巨人時代の背番号は10番。©阿野鉱二

Pocket

この記事を書いた人
神津伸子ジャーナリスト・元産経新聞記者

1983年慶應義塾大学文学部卒業。同年4月シャープ株式会社入社東京広報室勤務。1987年2月産経新聞社入社。多摩支局、社会部、文化部取材記者として活動。警視庁方面担当、遊軍、気象庁記者クラブ、演劇記者会などに所属。1994年にカナダ・トロントに移り住む。フリーランスとして独立。朝日新聞出版「AERA」にて「女子アイスホッケー・スマイルJAPAN」「CAP女子増殖中」「アイスホッケー日本女子ソチ五輪代表床亜矢可選手インタビュー」「SAYONARA国立競技場}」など取材・執筆

神津伸子

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."