2017年を占う
IT/メディア  投稿日:2016/3/31

“一億総ゲス化”の日本を憂う

IMG_1148
Pocket

   

  安倍宏行(Japan In-depth 編集長・ジャーナリスト

「編集長の眼」

今年の流行語大賞候補に“センテンススプリング”が入ることは間違いないだろう。とにかく絶好調なのだ。スクープを連発し、他の追随を許さない。まさに週刊誌の面目躍如といったところか。そして、テレビやネットメディアでそうしたスクープが拡大再生産されるのもネット時代ならではだ。ものすごいスピードで人々のスマホに届けられる。その持ち主の年代も性別も問わずに、だ。

スクープと言っても昨今は、定番の政治家の金銭疑惑に加え、タレント、著名人らの女性がらみのスキャンダルが全盛だ。日替わりメニューでネタが入れ替わり、昨日は誰のどんなスキャンダルだったか思い出せないくらいだ。

数日前は乙武氏のスキャンダルだった。政治に打って出るとの下馬評から、彼の不貞行為が注目を浴びたのかもしれないが、確かに有名人ではあるけれど、よくよく考えたらただの私人である。どうしてここまで叩かれなくてはいけないのか、考えたことがある御仁はおられるだろうか?

しかもその裏には政治的な思惑がある、とネット上に暴露されている。真偽のほどはわからないにしろ、週刊誌に具体的な情報が掲載されるということは、誰かが「タレこんで」いるからに他ならない。ネット社会では、いろんな情報が私たちの頭の中に流れ込んでくる。一昔前、新聞・テレビの情報を鵜呑みにしていたナイーブな時代と今とでは全く違う。今は、どうしてこんな記事が出るのか、誰がどんな思惑でこの記事を書かせているのか、かなりの人が「掴む」ことが出来る社会なのだ。

だからこそ、テレビの報道番組は、どうせスキャンダルを追っかけるのなら、しっかり取材し、踏み込んで報道してもらいたい。雑誌やネットを後追いし、既にみんなが知っている情報を垂れ流しているだけなら、それはもはやテレビ報道の死だ。視聴者は制作者よりニュースの背景を知っている、と自覚せねばならない。

ただ単に人の過ちを冷笑し、貶め、叩くだけ叩くという今のこの現状。テレビのワイドショーを見て、喜んでいるのは私達自身だ。「ゲス不倫!」と人を罵る前に、自分たちのゲスさ加減に気づくべきだ。

「一億総ゲス社会」

人の不幸は蜜の味。そんな社会に私たちはどっぷりとつかっている。隣の国がしょっちゅうミサイルをぶっぱなし、同盟国と信じていた国の大統領候補が、もう面倒見ないから勝手に核武装でもしてくれ、と言われているのに、だ。

これでいいのか?

 

Pocket

この記事を書いた人
安倍宏行ジャーナリスト/元・フジテレビ報道局 解説委員

1955年12月2日 東京都生まれ(60才)1979年慶応義塾大学経済学部卒業、日産自動車入社(海外輸出・事業企画)、1985年国際大学大学院国際関係学科修士課程卒、1992年フジテレビ入社報道局政経部記者、1998年ニューヨーク支局長、2002年ニュースジャパンキャスター、2003年経済部長、2006年解説委員、2009年BSフジ「プライムニュース」解説キャスター、2013年フジテレビ退社、危機管理コンサルティング会社設立。ウェブメディアJapan in-depth編集長就任。

安倍宏行

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."