2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
政治  投稿日:2017/3/26

森友学園問題 土地売買に何らかの圧力

JB170326hosokawa
Pocket

「細川珠生のモーニングトーク」2017年3月18日放送

細川珠生(政治ジャーナリスト)

Japan In-depth 編集部(坪井映里香)

【まとめ】

・土地売買の過程で何らかの力が働いた可能性。

・小学校隣の公園には国庫補助金などが入っている。

・野党はセンセーショナルな部分だけ取り上げ本質を突いていない。

 

現在国会で証人喚問中の、学校法人森友学園の元理事長の籠池泰典氏国有地払い下げ、埋設物の問題、首相夫人や閣僚との関係など今となっては何が本質的な問題なのか見えづらくなってきている。そんな中、問題となっている土地まで数分の場所に在住という日本維新の会木下智彦衆議院議員に政治ジャーナリスト細川珠生氏が話を聞いた。

まずは細川氏が、「国民一番の不信感」として、「国有地払い下げの金額。これがあまりにも格安で、さらに貸借の契約から購入するまでのプロセスなどイレギュラーなことがあまりにもたくさんある」点を指摘。さらにそれをなかなか国会の場で政府側は解明しようとしなかった点も国民は不満を抱えている、と述べた。

それについて木下氏は、今回の土地売買のプロセスについて「イレギュラーでありながら巧妙。法令に従った形でありながら極めてまれな形を取っている。」としたうえで、「そこに何らかの力が加わったのではないか。」と述べ、この部分を追及すべきとの考えを示した。

また、「大半の報道、民進党・共産党を中心とした追及のやり方の中に疑念を感じている部分がある。」と述べた。9億円の土地が1億円になっている、非常に安い、と野党が追求する際に比較として、(小学校予定地の)となりの豊中市の公園が用いられるという。ほぼ同じ面積のこの公園は14億円で売却されており、それなのに小学校のの土地は1億円か、という論理だ。

しかしながら、木下氏によるとこの(森友学園の)隣の(市有地にある)公園は、確かに額面は14億円だが、国庫補助金、特別交付金が14億円入っており、豊中市が実質負担したのは2千数百万円だという。木下氏は、「額面で言うと隣は14億円、当該の土地は9億円。ほとんど変わりがない形。」と述べた。報道はもちろん、民進党議員なども知っているにもかかわらず国会の場で、「隣の公園は14億円、こっち(森友学園)は1億円」と追及をしている。豊中市民もそれをほとんど知らない状態だという。

木下氏は「国庫補助金とか交付金が額面に対してそれくらい出るということ自体、その是非というのも、国会議員として解明していかなければならない。」と指摘した。

もう一つの、森友学園が購入した土地に埋設物があるという問題についても言及。先述の豊中市の公園にも埋設物が極めて高い確率であるといわれており、「用途が小学校と公園ということで、深さ、どこまで掘ってどこまで調査するのかという点に違いがあって、実際に隣の公園の方は埋設物の除去というのは、ほぼされていない状況。」と述べた。

「それでいて国は瑕疵担保責任をもうすでに負っていない」という。瑕疵担保責任とは、豊洲問題でもたびたび目にする言葉だが、売買の対象となった土地に瑕疵(欠陥など)があった場合、売主が買主に責任(損害賠償や補修費用負担など)をとることだ。国は瑕疵担保責任を放棄し、豊中市が買った状態にしているので、もしもこの公園の土地を民間に売る場合は、豊中市が埋設物の除去を行うリスクを背負っているということだ。木下氏は、その不安を覆い隠し、豊中市民の不満をあおるのが今の報道であり、野党の追及の仕方だという見方を示した。

以上の話を踏まえ、細川氏はこの問題の本質は何かを木下氏に問うた。木下議員は、「森友学園の理事長の資質の問題等々はある。」とした上で、「財務省、国交省を中心とした今回の異例な契約のやり方の中に政治的圧力か、忖度されたものがある」と述べた。

また、「大阪国際空港の延長線上にあるこの土地全体的に埋設物が今まで埋まってそのままにされている、もしくはそういう潜在的なリスクを広範囲に持っている可能性がある。」と指摘。木下議員によると、事実ほかのところにも同じような埋設物が見つかっているようで、森友学園と同じくらいの土地範囲を豊中市は新関西空港株式会社から7億円で購入したが、除去費が14億円の埋設物が出てきたという。

市と新関空会社がどう処理するか協議しているようだが、このことは「ほとんど報道にも出ないし、追及にも出ない。(野党は)センセーショナルなところだけをねらって、本質的に考える問題を追求しないという風に思っている。」と木下氏は他の野党の追及の姿勢を批判した。

又、木下議員は、「松井一郎府知事による教育審議会に対する圧力はほぼないだろうと思ってみていた。審議会を司っている大阪府に対し、財務省から相当な、言葉ではないプレッシャーがあったと聞いている。財務省を操る背景があるのではと感じている。」と述べ、何らかの政治的な力が働いた可能性があるとの認識を示した。

(この記事はラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2017年3月18日放送の要約です)

「細川珠生のモーニングトーク」

ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分

ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php
細川珠生公式HP http://hosokawatamao.com/
細川珠生ブログ  http://tamao-hosokawa.kireiblog.excite.co.jp/

トップ画像:©Japan In-depth編集部

Pocket

この記事を書いた人
細川珠生政治ジャーナリスト

1991年聖心女子大学卒。米・ペパーダイン大学政治学部留学。1995年「娘のいいぶん~ガンコ親父にうまく育てられる法」で第15回日本文芸大賞女流文学新人賞受賞。「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本、毎土7時5分)は現在放送20年目。2004年~2011年まで品川区教育委員。文部科学省、国土交通省、警察庁等の審議会等委員を歴任。星槎大学非常勤講師(現代政治論)。著書「自治体の挑戦」他多数。日本舞踊岩井流師範。熊本藩主・細川家の末裔。カトリック信者で洗礼名はガラシャ。政治評論家・故・細川隆一郎は父、故・細川隆元は大叔父。

細川珠生

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."