.政治  投稿日:2017/8/6

憲法改正で自民党と協力 松沢成文参議院議員

JB170806hosokawatop
Pocket

「細川珠生のモーニングトーク」2017年7月22日放送

細川珠生(政治ジャーナリスト)

Japan In-depth 編集部(井上紗希)

【まとめ】

・松沢氏、加計学園が運営する英数学館に自民党支部があると指摘。

・加計学園の収支報告書によると使途金は政治活動費であり、教育基本法違反の可能性。

・憲法改正を目指す第三極作りが必要。自民党と連携していく。

 

7月22日放送「細川珠生のモーニングトーク」では、政治ジャーナリスト細川珠生氏が、衆議院議員松沢成文氏をゲストに迎え、話を聞いた。

まず加計学園問題について。松沢氏は、加計学園が学園をあげて自民党の支部を運営している、と指摘した。松沢氏によると、加計学園が運営する学校法人英数学館に自民党の支部があり、そのスタッフも学園に近い人で、政治活動費を計上しているという。(写真1、2)

さらに松沢氏は、加計学園の収支報告書は虚偽報告の可能性があるとも指摘。「もしこの実態が事実ならば、教育基本法、政治資金規正法に違反している可能性がある。法律違反しているかもしれないところに、新学部を設置していいのか。」と懸念を示した。細川氏も、「法律を守れない教育者が子供を育てていていいのか」と述べた。

写真1:自由民主党岡山県自治進行本部「収支報告書」平成26年分

170806hosokawa01

提供)松沢成文氏

写真2:自由民主党岡山県自治進行本部「収支の状況」平成26年分

170806hosokawa02

提供)松沢成文氏

松沢氏は、加計学園の収支報告書を調べ、使途金は全て政治活動費だったことを明らかにした。また松沢氏は「状況証拠的に学校で政治活動を行なっているとしか見えない。これは教育基本法第14条に違反する。」と指摘した。教育基本法は学校で「特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない。」としている。(注1)

松沢氏は「教育基本法に違反するような加計理事長が獣医学部を作りたいと言って申請し、特区の審査を通って、いよいよ8月に大学設置・学校法人審議会で最終的な審議結果が出る。もし教育基本法に違反しているとしたら、そういう人が申請しているものを認めていいのか。」と述べ、審議会が慎重に審議することを求めた。

細川氏はこれを受け「教育機関にとって、教育基本法はとても大事な法律。一番基本となる法律に違反している可能性があるのなら、新しい学部が認められるかどうかより、学校として問題ではないか。」と述べた。

こうした一連の流れから、自民党の支持率が低下し、安倍首相の4年半にわたる政経運営がほころび始めた。結果として都議会での都民ファーストの大躍進につながった。また、野党第一党の民進党が崩壊状態になっている。そのことから第3極の設立が期待されている。

一方、日本で新党が結成され持続した例が未だないことから、松沢氏は中身のある新党を設立すべきだと主張した。大事なポイントとして、「政治理念とか政策と人材。強いて言えば自民党ではできない何かをやること。」だとした。

「国会の第3党に求められる政党像を議論して自分たちで政策理念・人材集めて、それが小池さんの新党と同じ方向を向いていたら協力しましょう、ということにしないと、小池さんがこけたらこっちもこける。僕らは小池さんの国会支部を作るわけではないという自負を持ってやらないと、強い政党にならない。」とした。

最後に細川氏がどのような政党を作りたいかあらためて聞くと、松沢氏は「憲法をきちんと議論し改正していこうということで(自民党と)協力できる。そういう動きのできる政党を作りたい。」との意向を示した。

 

(注1)教育基本法

第十四条  良識ある公民として必要な政治的教養は、教育上尊重されなければならない。

  法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない。

 

(この記事は、ラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2017年7月22日放送の内容を要約したものです)

「細川珠生のモーニングトーク」

ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分

ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php

細川珠生公式HP http://hosokawatamao.com/

細川珠生ブログ  http://tamao-hosokawa.kireiblog.excite.co.jp/

 

※文中写真が表示されない場合はhttp://japan-indepth.jp/?p=35386で記事をお読みください。

トップ写真:©Japan In-depth 編集部

Pocket

この記事を書いた人
細川珠生政治ジャーナリスト

1991年聖心女子大学卒。米・ペパーダイン大学政治学部留学。1995年「娘のいいぶん~ガンコ親父にうまく育てられる法」で第15回日本文芸大賞女流文学新人賞受賞。「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本、毎土7時5分)は現在放送20年目。2004年~2011年まで品川区教育委員。文部科学省、国土交通省、警察庁等の審議会等委員を歴任。星槎大学非常勤講師(現代政治論)。著書「自治体の挑戦」他多数。日本舞踊岩井流師範。熊本藩主・細川家の末裔。カトリック信者で洗礼名はガラシャ。政治評論家・故・細川隆一郎は父、故・細川隆元は大叔父。

細川珠生

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."