2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
社会  投稿日:2014/6/12

[石川和男]<「医療・福祉」増、「製造業」減>総務省「産業別就業者・雇用者の推移」から見る[

ishikawa_JID_bnr-08
Pocket

石川和男(NPO法人社会保障経済研究所理事長)

執筆記事プロフィールWebTwitter

◆「医療・福祉」は年20~30万人増、「製造業」は年10~20万人減

総務省が発表した「平成25年 労働力調査年報」では、主な産業別就業者・雇用者の推移として、別表を掲載している。

54ae118ab3bc1faf95240f389b3e3a23

2009~13年の直近5年間に限った推移であるが、就業者・雇用者が最も伸びているのは「医療・福祉」で、前年比20~30万人の増加となっている。これに対して、最も減ってきているのは「製造業」で、前年比10~20万人の減少となっている。その他の業種では、増えたり減ったりと、顕著な増減は殆ど見られない。

少子高齢化を反映した経済社会の動向が、ここでも顕著に示されている。高齢社会の進展は「医療・福祉」のニーズを増やしていくことに違いないので、そこに就業する者の数も同様の傾向で増えていくと見込まれる。

今後は、「医療・福祉」が「製造業」に進出するのか、「製造業」が「医療・福祉」に進出するのか、いずれにせよ両業種の相互参入の促進が求められていくであろう。後者の形態が増えていくと思われる。

「製造業」の活きる道が「医療・福祉」に敷かれれば、「医療・福祉」の人材不足が少しは緩和される方向に行く。「医療・福祉」技術が進歩する速度は、「製造業」の動きに依ることになるだろう。

 

【あわせて読みたい】

タグ石川和男
Pocket

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."