.政治  投稿日:2018/9/9

「集中投資で需要維持を」第一生命経済研究所永濱利廣氏

Pocket

「細川珠生のモーニングトーク」2018年8月25日放送

細川珠生(政治ジャーナリスト)

Japan In-depth編集部(石田桃子)

【まとめ】

・日銀、低金利政策は限界。持続可能な金融政策へ。

・政府はオリンピック後の需要維持、労働力確保、生産性向上に集中投資すべき。

・消費税増税判断は、景気と税収のバランスを考慮して行うべき。

 

2012年第2次安倍内閣が掲げ、スタートした経済政策「アベノミクス」。大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の「三本の矢」を推進してきた。安倍政権がGDPや雇用といった様々な指標に基づいて成果を強調する中で、家計レベルでは景気改善が実感できず、行き詰まりの感も見える。

今回は、第一生命経済研究所主席エコノミスト永濱利廣氏をゲストに迎え、政治ジャーナリスト細川珠生氏が日本経済の今後について話を聞いた。

まず細川氏は、先月31日、日銀が長期金利上昇を容認したが、これは、アベノミクスの変化を表すものではないか、と問題を提起した。

これに対して永濱氏は、「今回の政策転換は、日銀の金融政策が限界に達したことを表している」と述べた。従来、日銀は低金利に誘導し投資を促す金融緩和政策をとってきたが、思惑通りに所得や消費が大幅に改善することはなかった。永濱氏は、今回の金利上昇容認を、低金利政策の副作用で利ざやが減少した金融機関に配慮した修正だとし、「持続可能な政策へのシフトダウンである」と分析した。

アベノミクスの初期段階のように、金融政策主導で景気を上向かせることは今や難しくなっており、第二、第三の矢に力を入れざるを得ない状況であるという。

細川氏が、家計レベルでの景気改善の実感がないことを指摘すると、永濱氏は、従来のアベノミクスに成果がないわけではないとしながらも、「短期的なデフレ脱却・経済正常化に効果的な財政政策が、財政規律を重視する立場からの反対により実行しにくくなっている」と政府のおかれている立場を分析した。

「とはいえ、国が集中投資をすることで、成長戦略へ繫がる好循環を作り出すことは必要なことだ」と細川氏は述べ、それについて永濱氏の意見を聞いた。

永濱氏は国が力を入れるべき分野を3つ挙げた。

1.2020年東京オリンピック後の需要維持
 ・オリンピックの後も外国人観光客を積極的に誘致する事。
 ・社会インフラの更新投資により建設関連の需要を維持する事。

2.人手不足対策
 ・女性、高齢者、外国人ら未活用労働力の活躍の場を用意する事。

3.人口減少社会における労働者一人当たりの生産性向上
 ・AIやIoTを普及させること
 ・リカレント教育を含め、教育分野に投資すること

細川氏はさらに、2019年10月に予定されている消費税再増税について、政府は年内に結論を出さねばならないが、増税出来る経済状況かどうか尋ねた。

これに対し永濱氏は、「経済状況に応じて増税時期を延期できるような特例的な景気条項をつけて判断するのが良い」と提案したが、細川氏は、財政規律を重視する立場からは、そのような「逃げ道」を用意することに反発もあるだろうと指摘した。

永濱氏は、景気と税収を鶏と卵に例えて、「鶏(景気)を殺せば卵(自然増収)は見込めない」と述べた。つまり、消費税増税によって一時的に税収が増えても、その影響で景気が悪化すれば、自然増収は得られないということで、永濱氏は、見極めが大切であると強調した。

細川氏は、国民にも経済を長い目で冷静に見極める力が必要であり、まずは来月の総裁選で経済政策がどう変化するのか、2候補の論戦に注目したいと述べて、対談を締めくくった。

(この記事はラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2018年8月25日放送の要約です)

 

「細川珠生のモーニングトーク」

ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分

ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php

細川珠生公式HP http://hosokawatamao.com/

細川珠生ブログ  http://tamao-hosokawa.kireiblog.excite.co.jp/

トップ画像:©Japan In-depth編集部

Pocket

この記事を書いた人
細川珠生政治ジャーナリスト

1991年聖心女子大学卒。米・ペパーダイン大学政治学部留学。1995年「娘のいいぶん~ガンコ親父にうまく育てられる法」で第15回日本文芸大賞女流文学新人賞受賞。「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本、毎土7時5分)は現在放送20年目。2004年~2011年まで品川区教育委員。文部科学省、国土交通省、警察庁等の審議会等委員を歴任。星槎大学非常勤講師(現代政治論)。著書「自治体の挑戦」他多数。日本舞踊岩井流師範。熊本藩主・細川家の末裔。カトリック信者で洗礼名はガラシャ。政治評論家・故・細川隆一郎は父、故・細川隆元は大叔父。

細川珠生

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."