ゴーンと司法
.政治  投稿日:2019/9/23

「児童手当倍増を」国民民主党政調会長・泉健太衆議院議員


細川珠生(政治ジャーナリスト)

「細川珠生のモーニングトーク」2019年9月14日放送

Japan In-depth編集部(髙橋十詠)

【まとめ】

・第4次安倍第2次改造内閣、目先変えただけ。

・児童手当倍増等、消費増税による負担軽減が必要。

・野党は中道から穏健保守層の取り込みが重要。

 

第4次安倍第2次改造内閣が発足した。新しい顔ぶれで安倍内閣は何を目指すのか。今回、衆議院議員で国民民主党政調会長の泉健太氏をゲストに迎え、政治ジャーナリストの細川珠生が話を聞いた。

泉氏は、「新内閣には基本的に期待をしたいと思うが、この布陣をみてると、たらい回しをしていると感じる」と述べた。

細川氏が、北方領土問題、北朝鮮問題、日韓の問題、そして日米貿易交渉など、安倍政権は長引く課題に結果を出せていないことを指摘した。

これに対し泉氏は、「結果を出せていない時に内閣改造して、なんとなく目先が変わったように見えるだけで、成果は出ていない。アベノミクスも含め、このことはしっかりと検証してかなければいけない。」と述べた。

また細川氏は、10月の増税が日本経済に大きな影響を及ぼす可能性について、「このまま個人消費が停滞し続けていると、本当に経済に打撃となる」と指摘した上で、国民民主党が参議委員選挙の時に「増税すべきではない」と主張していたことについて触れ、どう減税を実現しようとしているのか聞いた。

これに対し泉氏はまず2つの問題点を挙げた。

(1) 平成の30年間で、消費税のウエイトは上がり、消費税収は増えた。しかし、法人税が下げられているので、社会保障に使える税収は全然増えてない。

(2) 子供を育てるには1人3000万円はかかるのに、日本では15歳までの支援手当額が年198万円しかもらえない。

こうしたことを踏まえ泉氏は、「少なくとも児童手当を倍増するようなことを行いたい。また、生活の苦しい方々や家賃生活者の方々もたくさんいるので、家賃補助や交通機関に対する補助など、他の形での負担軽減を訴えていきたい。」 と述べた。

加えて、「そもそもお金を持ってる方ほど消費をするわけだから、お金を持ってる方ほど軽減税率の恩恵をうけてしまう問題がある。消費税を引き上げる際の対策は、何が公平で、何が本当に低所得者の為になるのか、しっかり論戦していきたい」と述べた。

次に、細川氏は、野党2党・1会派の統一会派結成について、今の 役員とは別に、会派の会長をつくろうとしていることについて、どのように話を詰めているのか聞いた。

泉氏は、「よく安倍一強という言葉を聞くが、それは安倍さんのせいにしても仕方ないことで、野党がしっかり頑張らなくてはいけない。これまでの数年間の野党の状況をお詫びしたいし、だからこそ今改めて、安倍政権に対抗できる枠組みを作りたい」と語った。

また、国民からすれば「会派が一緒であろうがなかろうが、(安倍一強に対しては)野党も、それぞれ協力して共闘するのは当然だと思っていると思うので、次の衆議院選挙に向けて、どういう政権構想を国民の皆様に示すのかというとこまで、会派の話と別に同時進行で野党各党が取り組むべきだ。会派の誰が長になるかということに関しては、原則はできるだけ三党派公平に、お互いが尊重しあって布陣をひく形にしたい。」と意気込みを述べた。

細川氏は、参議院選や埼玉や岩手の知事選で は野党共闘候補が当選を果たしたが、統一会派とは別に大きな枠組みとして野党共闘を進めて行くのかどうか聞いた。

泉氏は、参議院選で各野党が協力して、勝利した選挙区を例にとり、「沖縄、岩手、埼玉の候補者は、保守性をしっかりもっている。そこに、おそらく過半数の票が生まれる構図がでてくるのではと思ってる。」と述べた。

そして「穏健保守層からリベラルまで、幅広く包括できるような枠組みをどれだけつくれるかが焦点ではないか。」と述べた。また、「どこかの党を阻害することなしに、真摯に野党も協力をして、次の総選挙の政策や枠組みを国民に事前に示していくということが必要。」と述べた。

細川氏は「両極端ではなく、その両方を程よく持っている人を候補者として立てていくことが重要になるのではないか」と述べた。

泉氏は同意した上で、「それぞれの政党がただ単に自分たちのスタンス・政策を伝えるだけでは、共闘もできないし、おそらく勝利もできない。広範な支持を得ようと思えば、どちらかというと、中道から穏健保守にかけてしっかりとる、というのが重要」と述べた。

最後に細川氏は、「やはり国民生活に関わる経済の問題は、1番関心が高いところだから、野党がどういう政策を出して国民の支持を得ようとしているのかが明確になることを期待している」と語った。

(この記事はラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2019年9月14日放送の要約です)

 

「細川珠生のモーニングトーク」

ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分

ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php

細川珠生公式HP http://hosokawatamao.com/

細川珠生ブログ http://tamao-hosokawa.kireiblog.excite.co.jp/

トップ画像:©Japan In-depth編集部


この記事を書いた人
細川珠生政治ジャーナリスト

1991年聖心女子大学卒。米・ペパーダイン大学政治学部留学。1995年「娘のいいぶん~ガンコ親父にうまく育てられる法」で第15回日本文芸大賞女流文学新人賞受賞。「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本、毎土7時5分)は現在放送20年目。2004年~2011年まで品川区教育委員。文部科学省、国土交通省、警察庁等の審議会等委員を歴任。星槎大学非常勤講師(現代政治論)。著書「自治体の挑戦」他多数。日本舞踊岩井流師範。熊本藩主・細川家の末裔。カトリック信者で洗礼名はガラシャ。政治評論家・故・細川隆一郎は父、故・細川隆元は大叔父。

細川珠生

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."