朝鮮半島情勢ー金正恩の真の狙いとはー
.国際  投稿日:2019/3/3

トランプの忠実な元弁護士 コーエン氏の反逆 トランプ政権「行く人来る人」列伝3


大原ケイ(英語版権エージェント)

「アメリカ本音通信」

【まとめ】

・トランプの元弁護士が、トランプの言い分と真っ向対立する証言。

・ただ、トランプとロシアとの癒着を裏付ける決定的な証言は出ず。

・「真実を伝えるべき」。証言の最後にコーエンがトランプに呼びかけたこと。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=44467でお読みください。】

 

マイケル・コーエン(元顧問弁護士)

 ロシア政府との癒着度:

 ドナルド・トランプとの親密度:★★★★★(ただし過去形)

 任務に対して有能か:★★★

 任期を全うできそうか:逮捕、有罪、3年の禁固刑

 

ドナルド・トランプ大統領がベトナムで北朝鮮の金正恩と2度目の首脳会談に臨んでいた頃、米下院の監視委員会が開いた一般公開の公聴会で、トランプの元顧問弁護士だったマイケル・コーエンが議員らの質問に答えた。

かつてトランプのためなら「銃弾の前に立ちはだかる(どんな非難も受ける)」と言い切った男が、下院監視委員会の公聴会でこう語った。「私は10年もトランプ氏を守ってきた。ここにいる議員のあなた方も、私のように盲目的にトランプ氏に追従する者は、いずれ私と同じ苦しみを味わうことになるだろう」と。どこにはどういった経緯があったのか。

元々コーエンは不動産投資として、トランプが所有するニューヨーク市内の物件を複数買い上げていたことがきっかけで彼と親しくなり、2006年からトランプの組織で働くようになった。元々は民主党員で、第1期目はバラク・オバマ大統領に投票した。だがトランプのことは不動産王時代から尊敬しており、2011年、最初にトランプに大統領選に出馬することを勧めたのは自分だったと証言した。

既にニューヨーク地方裁判所においてコーエンは、脱税、連邦選挙資金法違反、銀行詐欺罪で有罪の判決を受け、5月にも刑に服する予定だ。今週は3日連続で、米国議会の各委員会で証言し、引き続きロバート・マラー特別捜査官ロシア癒着疑惑捜査に協力する。

▲写真 ロバート・マラー特別検察官 出典:Public domain (Wikimedia Commons)

昨年11月の中間選挙で下院議席数の過半数を奪還した民主党は、ようやくこういった公聴会の主導権を握ることができるようになったので、どの議員もトランプの悪行を暴こうと、その質問は多岐にわたった。主にコーエンが関わったのは、「ナショナル・エンクワイヤラー」というゴシップ誌のオーナーであり、トランプの長年の友人でもあるデイビッド・ペッカーと結託して、大統領選挙中にトランプの不倫相手に金を握らせたり脅したりして、彼のために矢面に立つことだった。

ヤクザの親分に代わってこういった汚い仕事をするコーエンのような役割の人間を「フィクサー」と呼ぶのだが、直接命令せずに任務を匂わせ、自らの手を染めずに悪事を犯し、組織の人間には絶対忠誠を守らせ、それを裏切る証言をする者を「ラット(ねずみ)」と呼ぶなど、トランプのビジネスのやり方はまさにマフィアを彷彿とさせる。トランプ不動産から仕事を請け負った業者に正当な金額を支払わないといったことから、大統領選挙運動の際にはトランプの母校に接触して入学試験(SAT)の点数や大学時代の成績を公表しないよう、圧力をかけたことなどを認めた。そういった“脅し”の類は10年間に500回ぐらいはやっただろう、という証言も引き出された。

共和党議員によって自分の証言は信用性がないと言われるのをコーエンは重々承知しており、参考証人としては珍しく、物的証拠を持ち込んでの証言となった。その物証には、ポルノ女優への支払いを肩代わりしたコーエンのために、トランプが自身の銀行口座から振り込んだ時の署名入りの書類や、銀行小切手の写しなどが含まれていた。

今回の公聴会で、特にこれまでのトランプの言い分と真っ向から対立するのは、選挙戦中にウィキリークスが違法に入手したヒラリー・クリントン陣営のEメールを投下することを事前にトランプが知っていたと証言したこと、そして、ロシア側の代表者とトランプ選挙管理委員会のスタッフらが息子のドナルト・トランプ・ジュニアの計らいでトランプタワーで密談したことを、計画段階からトランプが知っていたと証言したことの2つだ。

▲写真 トランプ大統領とプーチン・ロシア大統領(2018年7月16日)出典:White House facebook

その一方で、コーエンの証言の中には、ロバート・マラー特別捜査官の調査範囲である、トランプとロシアとの癒着を裏付ける決定的なものは結局出てこなかった。民主党議員の質問とは裏腹に、共和党議員は誰もが声高にコーエンを嘘つき呼ばわりすることに終始した。だが、公聴会の冒頭で「真実のみを証言する」と宣誓したコーエンが、もしさらに偽証を重ねれば、マラー特別捜査官の指示によってさらに刑期が伸びる可能性があることが指摘されている。

どうやら、連邦政府のもとでマラー特別捜査官が調査しているロシア癒着や選挙戦介入については、議会で共謀の事実があったことを証明するのは難しそうな上に、現職の大統領は起訴できない、というのが今の憲法の理解だとされている。民主党もトランプを国家背信の罪で弾劾するのは無理だと察しているのか、公聴会で下院議員は誰も弾劾のことを口にしていない。

だが、ニューヨーク南部地区裁判所の検察局は別で、もしマラー特別捜査官の捜査委員会が大統領を起訴するに至らなければ、ここがそれを実行するだろうと推測されている。起訴内容は多岐に渡り、現在調査中とされているのは、大統領就任式運営委員会で通常の2倍の額が集められたとされる寄付金の行方、既に閉鎖命令が出されたトランプ基金での違法な金の流れ、ドイツ銀行からの不正な融資、トランプの子どもたちが経営を継いだことになっているトランプ・オーガナイゼーション(株式非公開の複合企業)の違法行為、ナショナル・インクワイヤラー紙の母体企業であるアメリカン・メディア社との協力による選挙法違反行為、さらには脱税などが挙がっているが、コーエンはこの公聴会中にまだ他にもあることを仄めかした

7時間半に及ぶ公聴会でコーエンは、「もうこれ以上失うものはない」と明言し、終始言葉を濁すことなく質問に答え続けた。言葉尻を捉え、事実を歪曲して責め立ててくるジム・ジョーダン議員に「恥を知れ!」と強い口調で応答したかと思えば、民主党議員に家族のことを心配され、涙ぐむ一面もあった。締めくくりのスピーチでコーエンはカメラを見据えてトランプに呼びかけた。「雨が降っても戦没兵を称え、自分を大きく見せるものでなくてとも真実を伝えるべき…卑しい行為は大統領の地位を汚すもので、それはあなたらしくない」と。

トップ写真:トランプ大統領の元弁護士 マイケル・コーエン氏 出典:flicr; IowaPolitics.com


この記事を書いた人
大原ケイ英語版権エージェント

日本の著書を欧米に売り込むべく孤軍奮闘する英語版権エージェント。ニューヨーク大学の学生だった時はタブロイド新聞の見出しを書くコピーライターを目指していた。

大原ケイ

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."