朝鮮半島情勢ー金正恩の真の狙いとはー
.国際  投稿日:2019/2/17

板挟み承知で新司法長官に ウィリアム・バーの勝算 トランプ政権「行く人来る人」列伝1


大原ケイ(英語版権エージェント)

「アメリカ本音通信」

【まとめ】

・トランプ氏は司法長官=自分の立場を守る専属弁護士と誤解。

・民主党上院議員も納得する人物として急遽バー氏が擁立された。

・しかし、バー氏がトランプ氏を擁護するかは未知数。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=44166でお読み下さい。】

 

ウィリアム・バー司法長官(前任者ジェフ・セッションズ)

 ロシア政府との癒着度:0

 ドナルド・トランプとの親密度:★

 任務に対して有能か:★★★★

 任期を全うできそうか: ★★★

 

214日に米議会上院によって5445で承認されたばかりの新司法長官、ウィリアム・バー。1991-93年にもジョージ(父)・ブッシュの元で司法長官を務めた経験を持つベテラン弁護士が米司法官としてトップの地位に返り咲いた格好となった。

 

ブッシュ政権後、民間の法務顧問を経て引退していたバーが再び政治の表舞台にカムバックするように指名されたのは、ドナルド・トランプ大統領のスタッフが用意した人材リストの中で唯一、民主党に大反対される理由がない人選だったからだろう。

 

トランプ大統領は、司法長官というものを自分の立場を守るための専属弁護士だと誤解している自らのロシア政府との接触を隠蔽していたことが明るみに出たため利害関係が発生し、そのためにロバート・マラー特別検察官率いるロシア疑惑捜査の監督役という任務を忌避せざるをえなかったジェフ・セッションズ前司法長官とトランプは度々対立し、結局201811月にセッションズは辞任となった。

  

写真)ジェフ・セッションズ氏

出典)Flickr; Gage Skidmore

その直後、トランプがロシア疑惑の捜査内容を探るために司法長官代理に任命したマシュー・ウィテカーという男があまりにも無能で、上院議会公聴会で偽証をした疑いで現在も何度も召喚しなおされており、早急に民主党の上院議員も納得する人物を擁立する必要があったため、トランプと面識のないバーを指名するに至った。

写真)マシュー・ウィテカー氏(2016)

出典)Flickr; Go to The Ray Center – CHARACTER COUNTS!’s photostream

法の専門家として華々しい経歴を残して引退し、自適悠々の暮らしをしていた68歳のバーがなぜ、政治的に難しい立場に立たされるとわかっているこの任務を今さら引き受けたのか? おそらく、たとえセッションズのようにトランプ大統領と衝突してクビになったとしても、その後にまた仕事を探す必要もなく、既に長年の司法キャリアというレガシーを持ち、司法長官としての経験のある自分なら、マラー特別検察官の捜査を継続させ、司法長官として正しい判断ができると考えていたからだろう。

 

バーの承認を決めるための上院公聴会でも、さんざん「ロシア疑惑の捜査が完了したら、その報告書を上院、あるいは国民に公表する意思はあるか?」と聞かれ、「報告書の内容如何で正しい判断をする」と答えるに留まり、明確にYesかNoと言うのを拒否している。これはYesと答えればトランプの信用を失い、Noと答えれば司法長官として承認されなくなってしまう恐れがあったためだ。民主党側は少なくとも、バーが捜査の妨害をすることなく、また捜査内容をトランプ陣営に漏らすことなく見届けることを期待しており、結果が発表されないとなれば憲法違反だと訴えるだろう。

 

バーは、司法省時代から懇意で、同じ共和党であるマラーをして、個人的に尊敬するに値する人物だと公言しているが、その一方で、捜査委員会にリベラルな民主党員が多いのはバランスを欠くとコメントしたり、また、マラー捜査官がロシア疑惑を捜査するのは任務の範囲以内だが、トランプ大統領の司法妨害行為を調査するのはおかしいと批判している。また、ジェームズ・コミーFBI長官がトランプ大統領によっていきなり解雇されたときも、大統領にはそうする権利があると言って、これを批判していない。

写真)ジェームズ・コミー元FBI長官

出典)Frickr; Rich Girard

 

要するに、バーは根っからの共和党エスタブリッシュメントの人間ではあるが、トランプ大統領をどこまで擁護するかどうかは未知数ということだ。昨年秋にホワイトハウス法律顧問である、ドン・マギャンが退任した際、直属の弁護士チームに加わるようトランプ大統領がアプローチした時はこれを断っている。

 

この後、取り上げる予定の人

 

ポール・マナフォート(元選挙管理対策委員長、逮捕・有罪判決、刑期待ち)

ロジャー・ストーン(ニクソン大統領を信奉するお騒がせ野郎、逮捕、起訴状待ち)

スティーブン・ミラー(トランプ政権移民対策担当)

アンドリュー・マケイブ(前FBI副長官、トランプによって辞職、最近曝露本を上梓)

トップ写真)William P. Barr Confirmed As 85th Attorney General of the United States

出典)アメリカ合衆国司法省


この記事を書いた人
大原ケイ英語版権エージェント

日本の著書を欧米に売り込むべく孤軍奮闘する英語版権エージェント。ニューヨーク大学の学生だった時はタブロイド新聞の見出しを書くコピーライターを目指していた。

大原ケイ

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."