朝鮮半島情勢ー金正恩の真の狙いとはー
.国際  投稿日:2019/7/10

トランプ、軍事パレードのお粗末


大原ケイ(英語版権エージェント)

「アメリカ本音通信」

【まとめ】

・トランプ念願の軍事パレードは盛り上がらず。違法性の指摘も。

・トランプは「まともではない」と評した駐米英国大使の本国への電文露見。

・モラー前特別検察官の議会証言控え、国民の目を逸らすことに躍起か。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=46785でお読みください。】

 

先日大阪で開催されたG20サミットで、ホスト国の首相をおざなりにする一方で、ロシア、中国、北朝鮮に好意的な態度を示し、同盟国のNATO(北大西洋条約機構)諸国のリーダーたちから呆れられてアメリカに舞い戻ったドナルド・トランプ大統領だったが、念願だった軍事パレードは思うように盛り上がらず、雨に祟られ、さらに歴史的誤認を含んだ失言スピーチで国内の失笑を買う事態となった。

7月4日の独立記念日といえば、アメリカでは夏の到来を告げる風物詩として、家族や友人とバーベキュー・パーティーを楽しみ、夜は地元の花火大会に繰り出す祝日なのだが、この日首都ワシントンでは、往来に戦車が並べられ、頭上をドローンが飛ぶ異様な光景が繰り広げられた。

トランプは就任後の2017年7月にマクロン大統領の招待でフランスを訪問した際にパリ祭(フランス革命期のバスティーユ監獄陥落記念日)を見ていたく感激し、アメリカでも軍事パレードを是非やりたいとなんどもゴネてきた。アメリカでこういったパレードが行われないのは、パレードなどしなくとも自他共に認める最強の軍事大国であることが知れ渡っているからであり、いつも戦場は国土の外で軍人以外の一般市民に軍備を見せてこなかったなどの諸々の事情をトランプはまったく解さないようだ。

▲写真 トランプ大統領訪仏中に行われたパリ祭の軍事パレード(2017年7月14日)出典: flickr; The White House

実際に今もアフガニスタンやシリアで戦闘中の軍に、展示用に軍機を差し出させ、各軍の司令官を呼びつけるなど言語道断だが、この催しに関しては違法な資金の流れも疑われている。つまり、大統領が自らの再選を視野に入れたスピーチをするために参加するのは、選挙運動とみなされ、その予算に税金を使うのは選挙法違反であるし、軍事パレードの予算を公園などの公共機関のための予算から250万ドルも回すのも前例がない。さらに、このイベントを見物するためのVIPチケットを、共和党への献金者に配ったりするなど、その汚職・癒着・不適切なやり口に開いた口が塞がらない。

結局、首都ワシントンの公共道路条例に阻まれて、戦車などは会場の周辺に停車するにとどまり、空軍機の参加も限定的で、軍事パレードとしてはかなりショボい内容となった。さらには当日は局地的な豪雨に見舞われ、(髪の薄さが露呈するので)雨が大の苦手なトランプが濡れながらスピーチをすることに。

▲写真 独立記念日のイベントには空軍による展示飛行も行われた。(2019年7月4日) 出典: flickr; The White House

7月4日以降ネットを賑わしたのは、スピーチの最中にトランプが、1775年の独立戦争時にアメリカ軍が「エアポートを占拠した」と失言(編集部注:1770年代に空港は存在せず、飛行機も1900年代までなかった。)をかましたところから、歴史的写真と空港をコラージュして面白おかしく加工した画像やツイートだった。しかも、ベトナム戦争中に徴兵番号を受け取りながらも骨棘(こつきょく)があると軍役から逃げた恥知らずな人間が、若者に米軍への入隊を勧める発言もあった。

国内のSNSにとどまらず、ロシアのメディアもトランプのパレードはお粗末なものだったとからかうような報道をしている。さらには、イギリスでは駐米大使がトランプを「uniquely dysfunctional(唯一無二的にまともではない)」と評し、「アメリカ・ファースト」と呼ばれる経済政策、外交政策は非常にまずいと本国に報告した電文がデイリー・メール紙にすっぱ抜かれる事件があった。キム・ダロック大使は、メイ内閣とともに交替になるだろうが、せっかくトランプ本人はバッキンガム宮殿に家族づれで歓待されたばかりだと思っているだけに、痛いしっぺ返しとなった。

▲写真 キム・ダロック駐米英国大使 出典:GOV.UK

そして来週は、17日にロバート・モラー前特別検察官が議会でロシアによる大統領選介入疑惑や、トランプの司法妨害に関して証言する予定なので、トランプはこの日に向けて国民の目を逸らすことに懸命になることだろう。まずはラリー(支持者の集会)が予定されているが、今度はどんな暴言がとびだすやら。

トップ写真:米首都ワシントンのリンカーン記念堂前で行われた独立記念日のイベントでスピーチするトランプ大統領(2019年7月4日)出典:flickr; The White House


この記事を書いた人
大原ケイ英語版権エージェント

日本の著書を欧米に売り込むべく孤軍奮闘する英語版権エージェント。ニューヨーク大学の学生だった時はタブロイド新聞の見出しを書くコピーライターを目指していた。

大原ケイ

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."