セミナー
.国際  投稿日:2019/12/25

日中韓首脳のバイ会談に注目


宮家邦彦(立命館大学 客員教授・外交政策研究所代表)

「宮家邦彦の外交・安保カレンダー 2019#52」

2019年12月23-31日

【まとめ】

・日中韓首脳会議は話す内容よりも、開催自体が重要。

・韓国の外交政策、米中日露など関係国間のバランス維持に重き。

・「文氏が習氏に来年早期の訪韓を改めて要請」との報道。

 

この原稿は早朝の秋田発新幹線「こまち」の車内で書いている。窓の外は雪景色、美しい雪国だ。早いもので今回が2019年最後の書き物となる。昨日は秋田銀行関連の会合で話す機会を頂き、夜には格別に美味しい秋田料理をご馳走になった。バルカン半島も良かったが、やっぱり日本の食べ物と飲み物は本当に旨いなあ。

ちなみに先週英語のコラムでコソボを取り上げたら、早速在京セルビア大使館から連絡を頂いた。前回も書いたが、ここの国際政治は基本的に「ゼロサム」で、過去2000年間誰かが必ず「ババ」を引いてきた。当然それは怨念となり、必ず次世代に受け継がれていく。コソボについては今週の産経新聞コラムに書いたのでご一読を・・。

今週のハイライトといえば、やはり、中国成都で行われる日中韓首脳会合ではなくて、その前後に開かれる日中、日韓、中韓の各首脳会議の行方だ。なせ三か国首脳会議に注目しないかって?日中韓首脳会議は話す内容よりも、そもそも開かれることが重要だと思うからだ。それでは、各二国間首脳会議はどうなるのだろう。

現時点では十分な情報がないので、仮説を立てて推測するしかない。その内容については今週のJapanTimesのコラムに書いたが、残念ながら日本語版はない。

一言で言えば「大きな動きはない」ということ。韓国の外交政策が韓米日の反共同盟から米中日露など関係国間のバランス維持に変化しつつあるからだ。もう一つ、韓国の例のタマネギ元法務大臣の逮捕状が請求される見込みだという。当然だろう。文在寅大統領にとっては「訪中して日中韓首脳会合」どころではないかもしれない。

過去一年間のご愛読に心から感謝申し上げたい。来年も続けるかって?正直なところ毎週一回書くのはかなりシンドイ。いつも月曜日の夜は遅くまでの執筆となり、火曜日は何となく元気がなくなる。それでも頑張っていこうと思う。引き続きのご愛読をお願い申し上げる。

 

〇 アジア

そうこうしている内に中韓首脳会談に関する報道が入ってきた。北京発時事によれば、「文氏は米朝対話が中断していることに言及し、『緊張が高まっている最近の状況は両国(中韓)にはもちろん、北朝鮮にとっても決して得にならない』と述べ、懸念を示すとともに、習氏に来年早期の訪韓を改めて要請した」という。

▲写真 文大統領 出典:ロシア大統領府

恐らく韓国政府の発表に基づくものなのだろうが、この種の報道では「報じられていない」ことが最も重要な場合が少なくない。これまで中韓関係は在韓米軍へのTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備問題などでぎくしゃくしていた。これに触れていないということは、恐らく話は平行線に終わったということだろう。別に驚かないが・・・。

いずれにせよ、年内にも北朝鮮は何かを仕掛けてくるはずだ。もし、ICBM開発と核弾頭小型化を再開する(というか、元々止めていないのだから、再開もないのだが)、となれば、来年以降北東アジアは戦争でも平和でもない時代に逆戻りすることになる。日本もそろそろ腹を決める時が来ているのでは・・・?

 

〇 欧州・ロシア

先週のモスクワでプーチン大統領の年末恒例記者会見があった。日本では、北方領土問題は「引き分け」、中露軍事同盟には否定的、2024年の退陣を示唆、などといった記事が多かったが、海外の関心は別のようだ。例えばトルコでの報道が面白い。

 ・アメリカ上院がノルド・ストリーム2天然ガスパイプラインに対する制裁を含む国防予算を可決したことについて、大統領は「これは間違いなくロシアに対する非友好的な姿勢である。これは必ず両国関係に影響する。相互主義に基づいて制裁には対応する」と話した。

 ・ウクライナについても、「天然ガスをウクライナ経由で欧州に輸送することがわれわれにとってコストがかかるとしても、このラインを維持する用意がある。トルコストリームやノルド・ストリーム2といった天然ガスパイプライン・プロジェクトがあるとしても、ロシアの天然ガスをウクライナ経由で他国に輸送し続ける」と述べた。(TRT報道)

▲写真 プーチン大統領の記者会見 出典:ロシア大統領府

これだけを見ても、ロシアの動きを見るには、日本人特派員の日本語による記事だけでは不十分で、プーチン記者会見の全体をしっかり読む必要があることが分かるだろう。やはり国際情勢のフォローには「正確な公開情報を丹念に読み込むこと」が不可欠、安易な「極秘情報」に頼るのは邪道ということである。

 

〇 中東

サウジアラビアで裁判があった。昨年10月在イスタンブール総領事館でジャマール・ハーシュクジー(正確にはカショギではない)記者が殺害された事件で起訴された11人のうち5人に死刑判決が下されたという。だが、最大の問題は事件の首謀者とも噂されたムハンマド皇太子の側近たちの量刑だ。

報道によれば、事件後解任された元王室顧問と元情報機関高官は「証拠不十分」で無罪放免となったそうだ。やっぱりね、としか言いようがない。「トカゲの尻尾切り」とは正にこのことだが、皇太子が事件についてどこまで知っていたかは不明だし、そもそも今回の判決も今のサウジアラビアでは仕方ないのだろう。困った人たちだ。

 

〇 南北アメリカ

米下院の大統領弾劾は正式に決まったが、下院から上院に事件を送付する手続きが今不透明になっている。ペローシ下院議長は、上院での公平な裁判(すなわち多くの証人に宣誓証言させること)が保証されるまで上院送付を遅らす意向とも報じられた。でも、こんなことをしていたら、米国民の「弾劾疲れ」が進むのではないか。

トランプ氏もそのことは十分承知しており、起死回生の機会を狙っているだろう。来年2月4日にはアイオワで党員集会が開かれ、大統領選挙が本格化する。その真っ最中に上院で弾劾裁判をやることのメリット・ディメリットを考えれば、民主党にとって必ずしも有利になるとは限らないということ。やはり、政治は古今東西、生き物だ。

 

〇 インド亜大陸

特記事項なし。今週はこのくらいにしておこう。いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

トップ写真:日中韓サミット出席等のため中華人民共和国の北京を訪問 出典:首相官邸HP


この記事を書いた人
宮家邦彦立命館大学 客員教授/外交政策研究所代表

1978年東大法卒、外務省入省。カイロ、バグダッド、ワシントン、北京にて大使館勤務。本省では、外務大臣秘書官、中東第二課長、中東第一課長、日米安保条約課長、中東局参事官などを歴任。

2005年退職。株式会社エー、オー、アイ代表取締役社長に就任。同時にAOI外交政策研究所(現・株式会社外交政策研究所)を設立。

2006年立命館大学客員教授。

2006-2007年安倍内閣「公邸連絡調整官」として首相夫人を補佐。

2009年4月よりキヤノングローバル戦略研究所研究主幹(外交安保)

言語:英語、中国語、アラビア語。

特技:サックス、ベースギター。

趣味:バンド活動。

各種メディアで評論活動。

宮家邦彦

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."